ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

CVてらそままさき
兵種アガスティア

概要

闇に蠢く者」の最高位の導師。クロニエソロンなどの部下や炎帝を放ち、フォドラ各地で暗躍する。

ある理由からセイロス聖教会を憎んでいるが、同じく教団に不満を持つ炎帝とは利害の一致のみによる連携関係にすぎず、炎帝からは警戒されている。

闇に蠢く者のネームドキャラに違わず、紫がかった肌を持ち、更に常に白目で不気味な印象を持つ。闇に蠢く者の文様をかたどったピアスをつけている。


1部では炎帝やクロニエとの会話シーンに姿を見せている。


関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月


バジーリオゼロット:FEの中の人繋がり



















その目的(以下、ネタバレ注意)

闇に蠢く者の一員である闇の魔道士ソロンがトマシュに、クロニエがモニカに化けていたように、タレスは普段術を使い帝国の摂政フォルクハルト=フォン=アランデルエーデルガルトディミトリの伯父(アランデル公の妹アンゼルマが、エーデルガルトの生母でディミトリの継母にあたる)の姿で動いていると推測される。


アランデル公は「毎年セイロス教団に寄進する敬虔な信徒だったが帝国暦1174年を境に寄進が途絶えている」「公明正大な人物であったが現在では領地で悪政をしている」と言ったかつての人物像からの変貌が語られており、ソロン、クロニエが化ける元を抹殺していることが本編中で示唆されているのと同様、本物のアランデル公が抹殺されタレスが成り代わっていると推測できる描写がある。

なお、エーデルガルトはアランデル公の死後に腹心と話している場面でも彼を伯父様と呼んでおり、成り代わりに気づいているかは定かではない。


闇に蠢く者と呼ばれる集団は、「神祖」ソティスとその眷属に知恵と力を与えられるも反旗を翻し、敗北した一族の末裔である。その経緯からかソティスの眷属が生み出したセイロス聖教会やソティスの力を引き継ぐ主人公を憎み、セイロス聖教会の生み出した秩序の破壊と自分たちの復権を目的とする(作中ではレア=セイロス聖教会側の言い分しか語られず、アガルタ側に対話の意思がないため真相は不明)。


地下に潜った闇に蠢く者は過去から現在(本編)に至るまで様々なところで暗躍していた。昔は盗賊ネメシスを唆しソティスの聖墓へ手引きしその亡骸を盗ませ、骨と心臓(紋章石)から天帝の剣を製造、血から炎の紋章を生み出した。更にネメシスはソティスの眷属を虐殺、ネメシスの奪ったその亡骸から英雄の遺産を製造した。だが、ネメシスを支援した暗躍は、英雄戦争でネメシスが聖者セイロスに討たれることにより失敗してしまった。


本編の数年前には同盟貴族コーデリア家に内政干渉しリシテアらコーデリア家の人間で紋章を2つ宿させる非人道的な実験を行い、その結果としてリシテア以外の人間は死亡しリシテアも力は得るが短命の身となってしまう。

更に帝国貴族のクーデター(七貴族の変)に加担し、皇帝イオニアス9世の11人の子どもたちで同じ実験を行い、10人の犠牲の果てに炎の紋章とセイロスの紋章を宿す最高傑作である「炎帝」エーデルガルトを生み出す。エーデルガルトはこの実験により、なぜか100年以上前から帝国と疎遠の教団を憎み始めたらしく、ヒューベルトの助言もあって渋々ながらも自分をこのようにしたタレスら闇に蠢く者と共謀してフォドラの秩序の破壊を目論むようになる。


だが実態はタレスらアガルタが己の目的のために利害の一致する帝国を利用していたにすぎず、エーデルガルトにとってタレスは他のきょうだいを失わせた張本人として憎むべき人物であり、戦争が終わり次第始末するつもりでいるらしい。実際、紅花の章では帝国側に寝返る算段だったコルネリアを帝国が討ち取ってしまったため、その報復として光の杭をアリアンロッドに打ち込んでおり、翠風の章と銀雪の章ではメリセウスに打ち込まれた光の杭からアガルタの本拠を突き止めたヒューベルトが、エーデルガルトが倒された場合でも、自分たちにかわってアガルタを始末するよう書簡を残していたことからも、帝国とアガルタの関係が分かる。


敵として

紅花ルートでは、アランデル公の姿でのみ登場し、本編の中では敵対しない。ラスボス戦後のナレーションでは他ルートと違って戦乱が終わったと語られず、裏の世界で闇に蠢く者とエーデルガルト政権が戦ったという。そしてごく一部の後日談では敗北しているが、彼の死を裏づける後日談はない。


翠風・銀雪ルートでは、闇に蠢く者の本拠地シャンバラの最深部でタレスとして待ち構える。このときのクラスは専用職である「アガスティア」。使用魔法はデスΓとタレス専用の「メガクエイクΣ」。このメガクエイクΣは前振りなしでプレイヤー軍全員にダメージを与えてくる典型的な初見殺しであり、弱った味方を容赦なく葬られる。前作の邪神ドーマと異なり使用回数が1回なのが幸いか。というより、何度も撃てるドーラΔのような魔法を持っていないにもかかわらず魔法使用回数×〇〇のスキルを持っていない、バックアップの武器も持っていないという大ボスらしからぬ致命的欠点があり、メガクエイクΣとデスΓ(4回)と計略を凌ぐと、最早友軍を傷つけられず、ボスチクによる経験値の餌と成り果ててしまう。


倒されると、最期の力で切り札である光の杭を発動し、自軍を道連れにしようとするも失敗に終わる。しかし、光の杭を迎撃したレアが重傷を負ってしまい、銀雪ルートではこの傷がもとでレアは紋章の力を制御できなくなり、暴走してしまった。

また、シャンバラにはかつてアガルタの者たちと協力関係にあった邪王ネメシスと十傑が封印されており、翠風の章ではこの時に彼らが復活することになる。


蒼月ルートでは、再起したディミトリが後顧の憂いを断つため王都フェルディアを奪還した直後に、表の顔であるアランデル公として同盟を滅ぼすべくデアドラに攻め込み、クロードからの救援要請を受けた王国軍と対峙する。このときのクラスは最上級職「ダークナイト」。ステータス以外に特別な側面は持たないエネミーである。倒されると、ディミトリの問いかけに対して何も語らず死んでしまう。ここで頭目が死んでしまったことにより、闇に蠢く者については何もわからないまま、弱体化してしまう。(そのため、蒼月ルートではDLCの追加テキストを除いて、闇に蠢く者たちの目的、正体は何も語られないまま、本編が終了してしまう)

ヒューベルトはアランデル公の死を「不幸中の幸い」と語るが、これにより闇に蠢く者の戦力をあてにできなくなったエーデルガルトは、帝都アンヴァルにおける最終決戦で自らを魔物化せざるを得なくなってしまった。


無双 風花雪月(こちらもネタバレ注意)

本作ではアランデル公に成り代わっていたこと、エーデルガルトにそれを気づかれていることが確定しており、「赤焔の章」と「青燐の章」で登場し、いずれもラスボスとして敵対する。


また、詳しい理由は不明のままだが本作の主人公であるシェズの姿を見て驚く様子を見せている。


赤焔の章

序章でアランデル公の姿で登場。クロニエがモニカへの擬態に失敗し、ソロンが正体を暴かれて逃走するなど幹部達の失態が続く中、自身もまた、闇に蠢く者と手を切る事を決意したエーデルガルト達の襲撃を受ける。

ベルグリーズ伯ヘヴリング伯がエーデルガルト側に付き、手を結んでいたエーギル公が捕縛された事で徐々に追い詰められていき、とうとうタレスとしての正体を明かした後、帝都から姿を消した。


その後、2部ではエーギル公にクロニエなどの部下を派遣、ヴィスカムも提供し、メリセウス要塞を占拠させた。

帝都を狙うと見せかけ、エーデルガルトらを包囲して倒そうという算段であったが、失敗。

そして、最終章で再登場し、ガルク=マクへ侵攻を始め、同時期にアリルの裏道から奇襲を試みたレアら中央教会や、それに気づきヴァーリ伯の救援に向かった帝国軍と対峙した。

ガルク=マクへ侵攻した詳しい目的は不明だが、引き連れていたミュソンの発言を要約するに聖墓に隠されている紋章石を強奪しに向かった可能性が高い。


一度は撤退されるも、レアが白きものの姿を保てなくなるほど追い詰められたタイミングで再び現れ、三つ巴の戦いに発展する。


「獣どもの巣窟、粉々に打ち砕いてくれる……!」


最終的に、大聖堂を魔道で帝国軍もろとも木っ端微塵にしようとするが、それを許さないレアの剣と相打ちになり、魔道が暴発。レア共々爆発に巻き込まれ生死不明となる。なお、二人とも常人ではないことは既に知られているが、なぜかエーデルガルトやシェズに死体の確認もせず死んだと判断されている。


青燐の章

「そう……おぬしはここで終わりだ」

1部終盤、皇帝直属軍と王国軍によるアリアンロッドでの戦闘において、ディミトリがエーデルガルトを追い詰めた時に突如として割って入る。

エーデルガルトは、タレスが王国に与していたと推測するが、「ディミトリが父親の仇と手を組むはずがない」といい、それを聞いたディミトリと一時共闘する。

しかし、ディミトリの隙を掻い潜り、エーデルガルトの背後に転移、紋章石に似た物体を彼女に放ち、彼女を強制的に覇骸化させてしまった。


「そうだ。これからは貴様が、皇帝に代わって帝国を差配するがよい。貴様が表舞台に舞い戻ることを阻む者は最早、誰もおらぬのだからな」

結果的にアリアンロッドは制圧できなかったものの、エーデルガルト本人の推測によると術で彼女を傀儡化させ、エーギル公に帝国を乗っ取らせて、実質的に帝国を支配することに成功した。(とはいえ、覇骸化については言及せず、「アリアンロッドでの戦闘で言葉が満足に話せない程の傷を負った(要約)」と誤魔化した。また、術の影響か、元の姿でも彼女に伯父様と呼ばれている)

表向きはエーギル公が帝国を支配しているとされているが、帝国の内情を知る貴族の一人であるフェニヤ子爵によると、実際はタレスとその一味が牛耳っているとのこと。

それ故か、帝国軍の兵士にはメトジェイを始めとした盗賊上がりの者達が多く増え、村を遊び感覚で焼き払ったりする者が増えてしまった。

それ故か、帝国軍から離反する兵も増えてしまっており、ランドルフに至っては離反者を見逃すなど、比較的良心的な行動を行っている人物もいる程。


「……幾千年と繋ぎ続けてきた我らの意思を、ここで途絶えさせるわけにはいかぬ」

そして最終章にてガルク=マクで王国軍と対峙。

エーデルガルトを覇骸化させずに戦わせそのまま盾にする戦法を用いて戦うも、徐々に追い詰められていき、最終的にディミトリのアラドヴァルに体を貫かれ絶命した。


ラルヴァ外伝では、英雄戦争の時代に活動しているのを確認できる。

関連記事

親記事

闇に蠢く者 やみにうごめくもの

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34947

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました