ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

漆黒の法衣と、禍々しい仮面に身を包んだ邪なる存在。別名「天使い」。

エオルゼアの各地に出没し、歴史の裏で暗躍してきた。

戒律王「ゾディアーク」を崇めている。


目的

彼らの目的は「霊災」によって引き起こされる「次元圧壊(アーダー)」によって原初世界に幾つもの鏡像世界を統合することであり、それによってゾディアークの封印を解こうとしている。


そのため人間や蛮族を唆して蛮神召喚に必要な「神降ろし」の儀式を授けるなど、霊災を引き起こすためなら手段を選ばない。


不滅なる者

彼らは肉体を持たない不死なる存在であり、普段は物質界とエーテル界の境界に存在する「次元の狭間」に存在するが、闇のクリスタルを触媒として人間が認識している現実世界へ現れ、それを手にした人間もしくは遺体に憑依して活動する。


肉体を持たないが故に普通の人間には見えず、光の戦士のような「超える力」の持ち主でなければ彼らの姿を正しく認識することができない。


なお憑依する際に肉体を再創造することで容姿を本来の自分の姿に変えることができるが、そうせずにそのままの姿で憑依することもできる。憑依先の肉体の姿を変えないままで使い続けていると記憶や魂が変質してしまうらしい。


闇のクリスタルや依代を破壊しても、それは物質界での活動限界を迎えたにすぎず、その本体は次元の狭間に退避するため意味はない。

完全に倒すには本体である魂そのものを滅するしか無いが、その手段は限られる。次元の狭間に退避する前に攻撃でき、実体を持たないエーテル体である魂に干渉でき、かつ一般の人間よりも遥かに膨大なエーテルの凝縮体であるアシエンの魂を滅する事ができるほどの威力を持つ攻撃をする必要がある。


サハギン族の長老はエリディブスによって不滅なる者へと昇華したが、闇のクリスタルを持っていなかったため水神リヴァイアサンに吸収されてしまった。


階級

アシエンには階級があり、上位のアシエンは「赤い仮面」、下位のアシエンは「黒い仮面」を着けている。

また、上位のアシエンにも階級があり、「オリジナル」と「転生組」に分かれている。


赤仮面

オリジナル

3体しか存在しない上位のアシエン。

「転生組」のアシエンを従えており、場合によっては彼らと行動を共にすることもある。


転生組

鏡像世界から原初世界に渡ってきた上位のアシエン。

複数存在するが、「オリジナル」のアシエンより力が劣っている。


黒仮面

黒き仮面のアシエン

各地で暗躍する下位のアシエン。

上位に比べて力が弱いのはもちろん、魂の無い肉体にしか憑依できない。


その他のアシエン

アシエン・プライム

アシエン・プライム(ラハブレア×イゲオルム)

2体のアシエンが超える力を用いて融合した形態。


トラヴァンシェー

トラヴァンシェー

旧FF14に登場したアシエン。

「神降ろし」に必要なシールロックの宝「角笛」をミーデに授けており、それが後に機工城アレキサンダーの召喚に繋がることになった。

「トラヴァンシェー」とはヤ・シュトラによると、アシエンの現身が使っていた名前らしいが、正体はアシエンの誰なのかは未だに不明。


関連イラスト

イシュガルド待ちの時のやつ

FF14 - AscianAscian


関連タグ

ファイナルファンタジー14 ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア 蒼天のイシュガルド 紅蓮のリベレーター 漆黒のヴィランズ 暁月のフィナーレ

ハイデリン エオルゼア イシュガルド ガレマール帝国 アラグ帝国 魔大陸 鏡像世界 第一世界 第十三世界 ゾディアーク(FF14) FF14種族一覧 蛮神

闇の異形者


































































ネタバレ







































































アシエンと呼ばれる者たちの正体はハイデリンによって分かたれる前の世界に生きていた人間「古代人である。

世界をかつて自分たちが生きていた頃の姿に戻すため、鏡像世界の統合およびゾディアークの復活を計画している。


アシエンとしての名前は本名ではなく、かつて古代人達を収めていた「十四人委員会」の職責を司る「座」の名前に過ぎない。本名は別にあるが、元々の古代人としての気質から「十四人委員会の座にあること自体を自身の誇り、人生の全うすべき職責」と位置付けているため、本名よりも「座」の名前を名乗る事が殆どである。


アシエンのうち、「オリジナル」と呼ばれる者は「ハイデリンによる世界の分割を免れ、分割される前の古代人そのままの魂の密度のまま現存している魂」である。

逆に言うと、オリジナルアシエン3体以外の全ての生物の魂はハイデリンによって14分割されているため、古代人の魂に比べて魂の規模がとても小さく力が劣るということになる。


それ以外の「転生組」と呼ばれるものは、ハイデリンによって魂が分割され新たな生物として各世界に生まれ変わっているものを、オリジナルのアシエンが引き上げてかつての使命の記憶と力を取り戻させたもの。

魂の14分割を経ているため、同じ「十四人委員会だった赤い仮面のアシエン」であっても魂の規模がオリジナルより小さく力が劣る。そのためオリジナルからは目的を共にする同胞ではあるが「できそこない」と見下されてもいる。


転生組のアシエンは魂を消滅させられても別の該当者を連れてきて再度座に就けることで補充ができる。

オリジナルにとって転生組は替えの効く幹部であるが、転生組をアシエンにできるのはオリジナルだけであり、オリジナルが全滅した場合はそれ以上アシエンを補充することができなくなる。


転生組のアシエンは基本的にアシエンとして引き上げられ使命と力を取り戻させられた時点でアシエンとしての人格の方が強くなるが、稀にアシエンになる前の人間の時の人格を失わず、使命よりも我欲を優先して活動する者もいる。


イシュガルドでの戦いでラハブレアが消滅、第一世界での戦いでエメトセルクやエリディブスが倒されたことでオリジナルが全滅し、残る上位のアシエンは転生組だけになった。

関連記事

親記事

FF14種族一覧 えふえふじゅうよんしゅぞくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222006

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました