ピクシブ百科事典

アシエン・エリディブス

あしえんえりでぃぶす

アシエン・エリディブスとは、ファイナルファンタジー14:新生エオルゼアに登場するアシエンの一人である。
目次[非表示]

「私は、アシエン・エリディブス。
 真なる神と人とを紡ぐ調停者……。」

cv:石田彰

概要

エオルゼアで暗躍する「アシエン」の一人。
他のアシエンとは異なり白い衣を纏っており、自らを「調停者」と名乗っている。
彼は「ゾディアーク」から人を「覚醒」させる命を課せられている。

彼は「オリジナル」と呼ばれる3人のアシエンの一人であり、アシエンの中でも強大な力を持つ。

関連タグ

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア エオルゼア アシエン
アシエン・ラハブレア エメトセルク


















紅蓮のリベレーター」以降のネタバレ注意!!

















「わざわざ手間を掛けてまで「調停者」たる私が、道化を演じているのだぞ?」

「お前に初めて、この顔を晒したときに誓ったろう?
 私が持つ力と知恵のすべてを、帝国のために振るおうと……。」




『漆黒の反逆者』トレーラーより ゼノス


ラハブレアやイゲオルムが消滅し闇の戦士が敗れた後は特に目立った行動は起こさなかったが、死亡した「ゼノス・イェー・ガルヴァス」の体を乗っ取り、「アラミゴ再侵攻」を企てるなどガレマール帝国で活動を再開した。

ゼノスの肉体を得たことで強大な力を手にしたが、ギムリトダークの戦場にて光の戦士と相対した時は苦戦を強いられており、ゼノス本来の強さには及ばないようである。
その後謎の声に苦しむ光の戦士に止めを刺そうとするが、エスティニアンの妨害を受け失敗。
本国に帰還するのであった。



















漆黒のヴィランズ」のネタバレ注意!!





















超越者となりガレマール帝国の百人隊長の体を乗っ取ったゼノスと対峙するが、ゼノスの肉体を捨て月へと撤退する。
その後、エメトセルク第一世界で消滅したことを感じ取り、最後の「オリジナル」として決意を固めるのだった……

関連記事

親記事

アシエン あしえん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アシエン・エリディブス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 625

コメント