ピクシブ百科事典

ユールモア

ゆーるもあ

「ユールモア」とは、『ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア』に登場する国家の一つである。

概要

第一世界のコルシア島に位置する都市国家。
原初世界ではリムサ・ロミンサに相当。

海上の岩礁上に作られた要塞都市であり、「光の氾濫」後も存続した。かつては罪喰いとの闘いの先頭に立ち、精強の軍隊を擁していた。
しかし20年前、先代元首の息子であるドン・ヴァウスリーが後を継いで以降、ユールモアは政策を転換。選ばれた市民のみを迎え入れ、門戸を閉ざし、享楽の日々を送りながら緩やかな滅びを待ち続行けている。
罪喰いとの闘いにも消極的となる一方、代わりに「罪喰いに襲われる事のない豪奢な生活」を保障するようになる。そのため、各地から富豪や貴人、安全を求める人々が集まっている。

闇の戦士は、合流したアルフィノと共にこの国家の調査に向かうが……

関連タグ

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア 漆黒のヴィランズ 第一世界 アルフィノ































































アルフィノ「これの何が楽園か……ッ!」

その実態は楽園ではなく、ヴァウスリーによる独裁国家だった。
罪喰いを制御できるヴァウスリーこそが法であり、道徳であり、絶対であると定められ、意に沿わぬ者は存在すら許されない。
財産を供出する事で地位を得て、享楽と安寧の内に滅びを待つ事を選んだ「自由市民」も、彼らへの奉仕で生きる事を許される「労役市民」も、そのことを何ら不思議に思っていない。

財を持たず、労役市民としてユールモア入りを希望する人々が形成するスラム「ゲートタウン」、上から落ちてくるモノを生活の糧とする「廃船街」など、煌びやかな楽園の足元には陰惨な現状が置かれている。
時折労役市民を募集しに来る道化師達による「メオル」なる食料の無料配給がたびたび行われているが、一度ユールモアに入った者が出てくる所を見た事がないと言われている。
それは不要になった人間が自由市民・労役市民を問わず罪喰い化され、更にはその肉が「メオル」として配給されている為である。

しかし、ヴァウスリーの正体が大罪喰いの一体「全能者イノセンス」であることが判明して以降、事態は急転。
漆黒本編終了後には都市再建の模索が始まり、紆余曲折の果てに、チャイ・ヌズが新たな元首に就任。
元市民や下層部の住民らによる合議により、前に進んでいく事となった。

関連記事

親記事

第一世界 だいいちせかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ユールモア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ユールモア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5956

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました