ピクシブ百科事典

ウォーリア・オブ・ライト(FF14)

はじまりのひかりのせんし

「ウォーリア・オブ・ライト(FF14)」とは、『ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア』の拡張ディスク『漆黒のヴィランズ』に登場する存在。
目次[非表示]

FF14以外のウォーリア・オブ・ライトについてはこちらを参照。

この記事にはパッチ5.3「クリスタルの残光」のネタバレがあるため注意!!




































































「我が役目 救うべき世界のために お前を討つ――」



























cv:石田彰

概要

漆黒のヴィランズ』のパッチ5.3『クリスタルの残光』のラスボス
最後のオリジナルアシエンであるアシエン・エリディブスが多くの世界に存在する光の戦士たちの幻体と融合したことで顕現した蛮神であり、その姿は第一世界最古の英雄譚で語り継がれた「始まりの光の戦士そのもの。

世界の救済を求めて創られたゾディアークから分離した存在たるエリディブスの奥の手である、
「自身を依り代とした世界の救済への情念を束ねた蛮神」を呼び降ろしたところ、始まりの光の戦士の姿を形作った存在。
そのため、ある意味彼という存在の究極の到達点ともいえる。

蛮神のモデルとなった人物は、予言で示され、海と空を渡り、世に蔓延らんとする混沌を打ち倒した英雄。
彼が己を「クリスタルに導かれし光の戦士」とし、後世にも同様に光の戦士を名乗る英雄が現れたことで、いつしかクリスタルの加護の有無すら問わず「英雄」と「光の戦士」が同義化していったという。

戦闘では

光の力を用いた攻撃や魔法剣、様々なジョブの光の戦士の幻体やバハムートに似た飛竜を召喚したりなど、多彩な攻撃でプレイヤーを追い詰めてくる。
更には後半戦にはリミットブレイクも使用してくる。特にムービー後に使ってくるリミットブレイクはこちら側もリミットブレイクで防御しなければ即死という、おなではあるがメインクエストでは初めて盛り込まれるギミックも存在する。

ギミック自体はシンプルだが、幻体と本体の連携による手数と威力の重さで押してくる、FF14の王道を行く強敵。
ノーマルはメインストーリーの中では神龍と並ぶ最難関とされる。

関連タグ

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア 漆黒のヴィランズ 第一世界 蛮神
アシエン・エリディブス ウォーリアオブライト 光の戦士 光の戦士(FF14)
ラスボス

アシエン・プライムハーデス(FF14)プロミス・オブ・エデン/闇の巫女:他のアシエンの決戦時の姿。

関連記事

親記事

蛮神 ばんしん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウォーリア・オブ・ライト(FF14)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23400

コメント