ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

十四人委員会

じゅうよにんいいんかい

十四人委員会とは、ファイナルファンタジー14:新生エオルゼアに登場する組織である。
目次 [非表示]

概要編集

古代人達の生活を維持・管理し、円滑な人生を送らせるための行政組織にしてその最高意思決定機関。

普段はアーモロートのカピトル議事堂に詰めている。


十四人委員会

委員会のメンバー達は赤い仮面を着けている。


世界の分断を生き延びたのは14人中3人だけであり、後に彼らは不滅なる者「アシエン」となった。


編集

委員会にはそれぞれの役割を持った14の「」があり、推薦によって就任した賢人達は就いた「座」の名前で呼ばれる。

しかし、ゾディアークが召喚される直前に第十四の座に就いていたメンバーが抜けてしまったことで第十四の座だけは空席になっていた。


ハイデリンによる分断によってオリジナルの3人以外は魂を14に分かたれてしまったためオリジナルによって13の星の並びと彼らの記憶が刻まれたソウルクリスタルが作られ、ソウルクリスタルは分かたれた魂を転生組として引き上げるための教材として使われていた。


第一の座:アログリフ
ゾディアークの巫女
<……空が燃え、恐るべき終末がやってきた。何故……どうして……生命は在ることさえ許されないの……?>
当代の真名はガイア。陸棲生物の創造を専門とする。ゾディアーク召喚における巫女の役割を担っていた。クリスタルの色は萌黄。刻まれた星は白羊宮
第二の座:ミトロン
十四人委員会
<それでも私たちは、この星に根差して生きる者。探そう、未来への希望を……。>
当代の真名はアルテミス。初代ミトロンは海の豊かさを説き、ミトロン院は水生生物の創造を専門としていた。アログリフとは恋仲だった。クリスタルの色は淡紫。刻まれた星は金牛宮
第三の座:エメトセルク
無題
<分かたれた命が、蠢いている。あの輝きに満ちた世界は、どこに消えた──?こんな結末が、星を愛し、そのために生きた我らの終着点か。いや──終わりになどするものか──>
当代の真名はハーデス。魂の管理など、死後の運行を司る。クリスタルの色は深紫。刻まれた星は双児宮
第四の座:パシュタロット
十四人委員会
<……終末は過ぎ去った。新たなる星の意志に、再生の祈りを捧げよう。愛しき人よ……優しき友よ……いつかまた、命咲く美しき世界で会おう……。>
規律の制定と秩序の維持を担う。クリスタルの色は深緋。刻まれた星は巨蟹宮
第五の座:ファダニエル
【FF14】ヘルメス
<ファダニエルの座を継ぐことになった 今日からよろしく──>
当代の真名はヘルメス。物質界を調べる役割を担っていた。クリスタルの色は深紅。刻まれた星は獅子宮。原初世界では異才のアモンに転生したが……
第六の座:ウルテマ
十四人委員会
<魂が染まっていく……私ははじめて、己の力を恐れている……。でも……ああ……それでも……。>
古代人たちの芸術を振興する役割を担う。クリスタルの色は薄紅。刻まれた星は処女宮
第七の座:ハルマルト
十四人委員会
<……見てごらん。地には青々と命が芽吹き、空は風をつれて巡っている。世界は今日も、満ち足りて美しい……。>
初代ハルマルトは造園家であり、食虫植物の概念を想像した。ハルマルト院は植物系の創造を専門としている。クリスタルの色は黄金。刻まれた星は天秤宮
第八の座:ナプリアレス
十四人委員会
<……崩れていく……燃えていく……腐り落ちては消えていく。ただ、悲鳴と慟哭だけが響いている……。>
クリスタルの色は青藍。刻まれた星は天蝎宮
第九の座:イゲオルム
<善き同胞たちのために、我らの叡智を使いましょう。それは大いなる喜び……かけがえのない誇り……。>
弁論や知識を充実させる役割を担う。クリスタルの色は深緑。刻まれた星は人馬宮
第十の座:デュダルフォン
十四人委員会
<ああ、皆に幸せがありますように……>
クリスタルの色は銀灰。刻まれた星は磨羯宮
第十一の座:エメロロアルス
十四人委員会
<人よ、星よ、どうか泣かないで……。終わりへと落ちる前に、私たちが救ってみせる……。>
医療を率引する。クリスタルの色は緑青。刻まれた星は宝瓶宮
第十二の座:ラハブレア
ラハブレア
<……滅びに抗うときがきた。星の理を、我らの意志で敷き直すのだ……。>
委員会の議長にしてパンデモニウムの現長官。当代の真名はヘファイストス。ラハブレア院では幻想生物の創造を専門としている。クリスタルの色は水縹。刻まれた星は双魚宮
第十三の座:エリディブス
無題
<この命から産み落とされる嬰児が、どうか……救いの希望とならんことを……。>
委員会の調停者にして監視者。当代の真名はテミス。委員会の主義から外れたものを矯正し、沿うものを支援する。蛮神ゾディアークの核に選ばれた。クリスタルの色は無彩。刻まれた星は蛇使いの星
第十四の座:アゼム
Shepherd To The Stars
先代の真名はヴェーネス。世界を観察し、問題が起こればそれを委員会に持ち帰る任務が与えられている。クリスタルの色は黄赤だが、彼(彼女)のクリスタルはエメトセルクが新たに作り上げたもの。なお、刻まれた星に相応するものは無く、太陽を思わせる図が刻まれている。

関連イラスト編集

古代人火山土産の山盛り葡萄

十四委员会欠け落ちたモノたち


関連タグ編集

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア FF14 漆黒のヴィランズ 暁月のフィナーレ

FF14種族一覧 古代人(FF14) アーモロート エルピス(FF14) 万魔殿パンデモニウム 終末の災厄 アシエン アシエン(オリジナル) アシエン(転生組) ヒュトロダエウス ヴェーネス(FF14) ヘルメス(FF14) テミス(FF14) ゾディアーク(FF14) ハイデリン

闇の異形者

関連記事

親記事

アーモロート あーもろーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25671

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました