ピクシブ百科事典

目次[非表示]

このページはファイナルファンタジー14漆黒のヴィランズおよび暁月のフィナーレの重大なネタバレが含まれています。












































「では、良い結末を。懐かしく、新しいキミ…」






































プロフィール

種族古代人
性別男性
出身地アーテリス
所属創造物管理局
役職局長
声優保志総一朗


概要

世界がハイデリンによって分かたれる前の古代の世界の人間漆黒のヴィランズ終盤で登場した。
本人はゾディアーク召喚に命を捧げた為、既に消滅している。

光の戦士と邂逅するヒュトロダエウスは、エメトセルクが作り出した幻想のアーモロートに住まう「幻」である。
しかし、あまりに忠実に作り過ぎてしまったためか「自分が幻である」という自覚を持っており、エメトセルクが開示を意図していなかった記憶も有している。

黒いローブと白い仮面で全身が隠されているため、容姿は殆ど不明だったが『暁月のフィナーレ』で判明。紫色の髪を三つ編みにし、不思議な光彩を持つ紫の目をした青年である(トップ画像)。
また生前の彼の様子に関しては、公式サイトの「漆黒秘話」にて語られている。

アーモロートの創造物管理局の局長を務めていた人物で、「エーテルを視る」力に長けている。
本来は古代の民を纏める組織である「十四人委員会」に「エメトセルク」として就任する予定だったのだが、ヒュトロダエウスはエーテルの操作が苦手だったためこれを辞退。代役としてハーデス(今のエメトセルク)が就任した。

非常に優秀な能力を持っているのとは裏腹に、マイペースでつかみどころのない性格。友人であるエメトセルクも彼の言動に度々呆れていた。
また、エメトセルクが気にかけていたあの人とも友人だった。そして、光の戦士とアルバートが「あの人」と同じ魂を持つ者である事を見抜き、それを指摘する。

故人ということもあって出番はわずかだが、アシエンの過去、そして光の戦士の魂について非常に重要な情報をもたらした人物であり、アシエンについての考察には欠かせない存在である。

余談

また、ヒュトロダエウスとは「ほら話の達人」という意味の言葉であり、そのあたりも含めた考察も多数存在する。
ちなみに、多く出回っていた考察の中に「ヒュトロダエウスが光の戦士(あの人)なのではないか」というものがあったが、それに関しては吉田Pが明確に否定している。
後に本編でも、多くの古代人と同様にゾディアークの生贄となったため星海に還っていないことが明かされているので、ヒュトロダエウスに転生者がいるという説は完全に否定された。

関連タグ

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア 漆黒のヴィランズ 暁月のフィナーレ アシエン エメトセルク ハーデス(FF14) あの人(FF14) 古代人(FF14) アーモロート




















































暁月のフィナーレ」のネタバレ




















































中盤に訪れる嘆きの海(月)で再登場。
ゾディアークの封印が破壊された後、ゾディアークに命を捧げた古代人の中にあって光の戦士の姿を認め、声をかけてくる。アーモロートで出会った自分が幻である為、ヒュトロダエウス本人としてはこれが初対面となった。
その奇妙な出会いを面白がり、またエメトセルクについて感慨深げに語ると、いずれ再会する予感を伝えてその場から姿を消した。














































そう、信じて前に進むんだ。
その魂は、それでこそ輝くというものさ。





キミが望んでくれた結末とは、違うのだろうけど……
これはこれで、ワタシたちに似合っているんじゃないかな。





キミも少し、そう思ったんじゃない?
ねえ、ハーデス……。
































































その後、ファダニエルによって再現された「終末の厄災」に関する手掛かりを求め、光の戦士は古代世界へと渡る。「エルピス」へと通じる施設を訪問するが、希薄な状態で物理的干渉はおろか、周囲から認識されない状況を持て余す。

















ねえキミ……それ、視えてるでしょ?

















その背後に「聞き覚えがある声の青年」と共に登場したのが、ヒュトロダエウスだった。

「エーテルを視る」ことに長けているため、光の戦士の存在をしっかりと知覚。面倒事を予測して「見えてない」と言い張る相手を巻き込んで対話を試みる。
希薄ながら魂の色が「アゼムとすごく似ている」為、当初は使い魔(ちなみに魂を持つ使い魔は珍しいらしい)だと考えていた。

その後光の戦士は存在を補強され、古代人に近い身長で再構成される。ちなみにララフェルの場合「同じ身長にすると(頭身的な意味で)圧が強すぎる」と言われる。
ともあれこれで意思疎通が可能となり、これから未来で起こる事などをうまく伝えられないまま、光の戦士はなりゆきで二人に同行する……

インスタンスダンジョン「ヒュペルボレア造物院」ではヴェーネス、エメトセルク共々フェイスメンバーとして編成できる
ジョブはソウルシーア(吟遊詩人)で、エーテルを視る能力で弱点を射抜く。ただし当人は戦闘は不得手と語っているため、他のメンバーがリミットブレイクを撃たずにいる(=ヒュトロダエウスが撃たざるを得なくなる)と「そこでワタシに任せる!?」と不満を漏らしながら発動する。

その後一行は未来で起こる終末の災厄の原因を突き止めるが、ヒュペルボレア造物院で起きた一悶着の末にエメトセルクと共に終末の原因に関する記憶を失ってしまう……





























































本当、喚んでもらえてよかったよ!


















創生魔法


ウルティマ・トゥーレにて、光の戦士がヴェーネスのかけた「姿なき者を喚び、形を与える」術式を発動させたことで、エメトセルクと共に喚び出された。

消された記憶も取り戻しており、二人で創造魔法を披露し、一面にエルピスの花を咲かせた。

その後は自ら術式を解除し、星海へと還った。































それじゃあ、またいつか会えることを願ってるよ。
お互い、違う形になってたとしてもさ。










そのときは、何度でも、一緒に楽しくやろう。

関連記事

親記事

アーモロート あーもろーと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒュトロダエウス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒュトロダエウス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1395333

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました