ピクシブ百科事典

このページはファイナルファンタジー14漆黒のヴィランズの重大なネタバレが含まれています。












































「では、良い結末を。懐かしく、新しいキミ…」

概要

漆黒のヴィランズ終盤で登場する人物。
世界がハイデリンによって分かたれる前の古代の世界の人間であり、本人は世界の分断と共に既に消滅している。
光の戦士と邂逅するヒュトロダエウスは、エメトセルクが作り出した幻想のアーモロートに住まう幻である。しかし、あまりに忠実に作り過ぎてしまったためか、他の幻と違い自分が幻であるという自覚を持っており、エメトセルクが開示を意図していなかった記憶も有している。
黒いローブと白い仮面で全身が隠されているため、容姿は殆ど不明。
生前の彼に関しては、公式サイトの「漆黒秘話」にて語られている。

アーモロートの創造物管理局の局長を務めていた人物で、「魂を視る」力に長けている。
本来は古代の民を纏める組織である「十四人委員会」に就任する予定だったのだが、ヒュトロダエウスが就任を拒否したため、代役としてハーデス(今のエメトセルク)が就任した。
非常に優秀な能力を持っているのとは裏腹にマイペースでつかみどころのない性格であり、友人であるエメトセルクも彼の言動に度々呆れていた。
また、エメトセルクが気にかけていたというあの人とも知り合いのようであり、光の戦士とアルバートが「あの人」と同じ魂を持つ者であると見抜いていた。

故人ということもあって出番はごくわずかだが、アシエンの過去、そして光の戦士の魂について非常に重要な情報をもたらした人物であり、アシエンについての考察には欠かせない存在である。
また、ヒュトロダエウスとは「ほら話の達人」という意味の言葉であり、そのあたりも含めた考察も存在する。
ちなみに、多く出回っていた考察の中に「ヒュトロダエウスが光の戦士(あの人)なのではないか」というものがあったが、それに関しては吉田Pが明確に否定している。

関連タグ

漆黒のヴィランズ アシエン エメトセルク

関連記事

親記事

漆黒のヴィランズ しっこくのゔぃらんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュトロダエウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61049

コメント