ピクシブ百科事典

FF14種族一覧

えふえふじゅうよんしゅぞくいちらん

この記事では、ファイナルファンタジー14に登場する種族について紹介する。
目次[非表示]

プレイヤー用種族

ヒューラン

ふたり


平均的な体躯を持つエオルゼアを代表する民族。

ミコッテ

いざ、新生!


猫耳と尻尾が特徴の種族。

ララフェル

ララフェル


他民族の目には子供のようにも見える小柄な民族。

エレゼン

FF14エレゼン


長い四肢が特徴的な、痩身長躯の民族。

ルガディン

ルガディンスラスト4 表紙


大柄で筋骨たくましい、がっしりとした体格の民族。

アウラ

センシティブな作品


東方のオサード小大陸にルーツを持つ民族で、外見的な特徴は、側頭部の角と肌の一部にある鱗。 拡張版「蒼天のイシュガルド」から実装。

ヴィエラ

ただ懐かしんで


漆黒のヴィランズ」から実装された新種族。
兎のような耳と高等身ですらりとした体格が特徴の民族。

ロスガル

大奶奶


「漆黒のヴィランズ」から実装された新種族。
獅子を思わせる姿をした獣人の民族。

NPC用種族

蛮族

ばんぞく


人族と大きく異なる容貌を持ち、独自の文化圏を築いている半人族に対する一般的な呼称(必ずしも蔑称とは限らず、便宜上そう呼ばれている面が大きい)。種族ごとに特定の信仰対象があり、その多くがストーリー上では蛮神として顕現、プレイヤーの障害として立ち塞がる。
人族の国家と衝突を繰り返している派閥はしばしば上述の蛮神が絡む問題を引き起こす一方で、人族に友好的な派閥も少なからず存在し、決して一枚岩でない事が窺える。

ガレアン

えめとぜのっぽいど


ガレマール帝国の主要構成種族。額に「第三の眼」という器官を持つ。
エーテル放出が不得手な身体構造をしており、魔法を扱うことが困難。
そのため魔法を中心に文明が発展した周辺諸国から取り残されるが、青燐水を燃料とする「魔導技術」を生み出したことで瞬く間に独自の文明を発達させ、領土の拡大を続けている。

アシエン

FF14 アシエン


戒律王「ゾディアーク」を真なる神と崇める、エオルゼアの動乱の裏で糸を引く存在。

古代人

創造魔法


アシエン達の起源に深く関わる者たち。

関連タグ

ファイナルファンタジー14 ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア ハイデリン エオルゼア

関連記事

親記事

ハイデリン はいでりん

子記事

兄弟記事

コメント