ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初の拡張版「蒼天のイシュガルド」から、プレイキャラクターの種族のひとつとして実装された新種族。

東方のオサード小大陸にルーツを持つ民族で、外見的な特徴は、側頭部のと肌の一部にある。蛇のような尻尾も備えている。
角は感覚器としての役割も果たしており、聴覚や空間認識を補助する役割を持っている。
また、愛情表現として互いの角を擦り寄せる事があるが、それは他種族で言うところの接吻にあたる行為だという。
体格は男性は大柄で逞しく、女性は小柄でしなやかな姿をしている。

鱗や角がドラゴンを想起させることから、イシュガルドでは一時期ドラゴン族の眷属として迫害の対象になっていた。

第一世界では「ドラン族」と呼ばれる。

蒼天から追加された種族であるため、蒼天のプレイ権利を持っていないとキャラクターメイクで使用できない。
そのためフリートライアルやスターターパックでは使用不可能だったが、パッチ5.3でフリートライアルとスターターパックに蒼天のプレイ権利も追加されるため、初期からキャラメイクで使用できるようになる。

ゲーム内には2種族存在しており特徴は以下に分類される。

黎明の民「アウラ・レン

白い鱗を持つアウラの一部族。静穏を好み、忍耐強い者が多い。
始祖「明けの父」の特徴を色濃く受け継いでいるとされる。
アウラ・レンはドマやひんがしの国に住まう者が多く、それらの国々の伝統に従った生き方をしている者が殆どである。
中には外界との接触を拒み、紅玉海の海底都市にひっそりと住まう一族も居るようである。
命名法則は東方文化(和風)を踏襲。ファミリーネームは武家・貴族の職掌に限るが、平民は生計が解るものを便宜上勝手に使っている。

薄暮の民「アウラ・ゼラ

黒い鱗を持つアウラの一部族。武勇を好み、猛々しい者が多い。
始祖「暮れの母」の特徴を色濃く受け継いでいるとされる。
アジムステップにて遊牧生活を行っている者が殆どで、一定の拠点を持たず、少数の家族単位で旅から旅の移動生活を続けている。
「戦の季節(ツサガン・サル)」と呼ばれる期間は部族単位で限られた牧草地の所有権を争う準備を整え、「終節の合戦(ナーダム)」と呼ばれる決戦にて王者を決める。
命名法則や文化はモンゴル風。ファミリーネームに当たる部族の設定は51種を数え、それぞれに独自の慣習を持つ。

関連キャラクター

アウラ・レン

ユウギリ(FF14) ミコト・ジンバ

アウラ・ゼラ

アドキラー マグナイ
サドゥ シリナ

関連イラスト

pixivimage:50274780]

関連タグ

アウラ FF14種族一覧
ファイナルファンタジー14 新生FF14 FF14

ヒューラン ミコッテ エレゼン ルガディン ララフェル

関連記事

親記事

FF14種族一覧 えふえふじゅうよんしゅぞくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アウラ(FF14)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アウラ(FF14)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4394592

コメント