2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2015年6月23日に発売された『ファイナルファンタジー14新生FF14)』の拡張データディスク第一弾。
Ver5.3パッチ導入と同時にフリートライアルに組み込まれるため、プレイ権を購入せずに遊ぶことができる。

新生エオルゼアでは部分的にしか行くことが出来なかった北の皇国「イシュガルド」が舞台となる。

その後2022年、「暁月のフィナーレ」パッチ6.1において、新生編に続いて大幅に改修。ソロプレイに対応する調整が行われ、いくつかのムービーには変更も入った。

ストーリー

ウルダハで行われたイシュガルド戦勝記念式典。
そこで仕組まれた謀略により、「暁の血盟」と冒険者(プレイヤーキャラクター)はウルダハの女王ナナモ・ウル・ナモ暗殺の濡れ衣を着せられてしまう。脱出を試みる一同は、追われる中で散り散りになってしまった。
命からがら逃げ延びた冒険者は、同じく危機を脱したアルフィノタタルと共に、協力者たちに助けられながら北を目指すこととなる。
エオルゼア北部、雪に覆われた皇都イシュガルドにたどり着いた冒険者たちを待っていたものは……。

特徴

新生メインクエストがどちらかといえば世界観の紹介を重視した内容だったのに対し、こちらは一転してストーリー重視のシナリオ展開。いかにもファンタジーRPGらしい王道なストーリーは今なお根強い人気を得ている。
新生ではあまり描かれなかったNPCの内面の掘り下げにも力を入れており、特にアルフィノは蒼天におけるもう一人の主人公とも呼べるほどの活躍を見せている。
また、クエストの進行もテンポアップが図られ、シナリオボリュームとは裏腹にかなりサクサク進むように設計されている。

新たな要素として「フライングマウント」が追加。エリア内に複数存在する「風脈の泉」と呼ばれるポイントを全て調べることで、そのエリアをマウント(乗り物)で自由に飛び回ることができる。
なお、新生エリアのマップはフライングマウントの実装を想定して作られていなかったため飛ぶことができなかったが、パッチ5.3のアップデートでフライングマウントに対応する改修が行われている。その後パッチ6.1で「風脈の泉」が半分に減り、かなり楽に開放できるようになった。

新たな蛮族として、甲虫のような姿をした「グナース族」、ずんぐりした鳥のような姿の「バヌバヌ族」が登場。これに加えて新生にも登場していた「モーグリ族」を合わせた3種の蛮族クエスト(パッチ6.25より「友好部族クエスト」に変更)が追加される。

新たな蛮神としてグナース族が信奉する「武神ラーヴァナ」、雲海を遊泳する「雲神ビスマルク」、そしてストーリーのラスボスとなるある蛮神が登場する(リンク先ネタバレ注意)。

サブクエスト関連ではクロニクルクエスト「機工城アレキサンダー」「三闘神」、アライアンスレイド「シャドウ・オブ・マハ」が追加。
三闘神クエストはのちに漆黒のヴィランズにおける、とあるクエストを開始するための条件となっている。

追加要素

【追加ジョブ】


【追加種族】

アウラ

主なNPC

イゼル アイメリク エスティニアン
オルシュファン アルフィノ タタル
グリノーグリノー・ド・ゼーメル) シャリベル
ニーズヘッグ

関連タグ

FF14 ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア FF14拡張ディスク一覧

関連記事

親記事

FF14拡張ディスク一覧 えふえふふぉーてぃーんかくちょうでーたでぃすくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367876

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました