ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:KENN

概要

暁の血盟の執務長を務める、シャーレアン出身のエレゼン族の男性。
フルネームは「ウリエンジェ・オギュレ(Urianger Augurelt)」。29歳。クラスは巴術士。

旧FF14より登場しており、第七霊災の到来を予言する謎の賢人として各地に出没しており、思わせぶりな台詞から当初は黒幕疑惑をかけられていた。
師であるルイゾワの孫、アルフィノアリゼーの後見役的な立ち位置にあり、つき合いは相当古い。

主にエーテル絡みの調査や歴史資料の検索といった裏方的な仕事に回ることが多く、他の暁のメンバーと比較してあまり光の戦士と会うことがない。
しかし、ここぞという時に重要なアイテムや情報を渡しに来る、ある意味おいしいポジションでもある。

なにかと詩的で迂遠な言い回しを好むため、ただでさえ難解な問題が余計難しく聞こえることもしばしば。
一方、余裕がない時には要点をさっさと言おうとする癖がある。

過程より結果を重視するタイプであり、最良の結果を得るためならば味方にも損失をもたらすこともある。
故に暁のメンバーからもとらえどころのない人物として扱われているが、幼馴染のムーンブリダにだけは弱く、彼女がいるとペースを乱されてしまう。

クロニクルクエスト「蛮神の脅威」(極蛮神シリーズ)および「古の神々」(三闘神シリーズ)では主要キャラをつとめる。





ネタバレ






新生編ラスト、追われる身となった「暁の血盟」メンバーにあって、唯一砂の家に滞在していた事から難を逃れる。
しかしその後、敵であるはずのアシエン・エリディブスに呼び出され、「星の運命」について明らかにすべく、これに応じている。

その後は砂の家に結界を張り、無人であるように見せかけていた。

蒼天のイシュガルド

アシエン・ラハブレアとアシエン・イゲオルムが教皇トールダン7世を操らんとするが、イゲオルムは光の戦士により討滅され、ラハブレアも「騎神トールダン」へと変貌したトールダン7世により斃される。
これを受けてエリディブスが闇と光の均衡を取るべく動き出し、グブラ図書館の禁書庫にてエリディブスから偽典「ゲルンの託宣」を提示され、世界の成り立ちについて知る事となる。
この現場をアリゼーに見られていたが、アリゼーはウリエンジェの人となりを知っており、あえて問いただす事はしなかった。

その後、第一世界から原初世界へとやってきた「闇の戦士」関連のクエストにて、初めて素顔が明らかとなる。

no title



覆面で顔を隠しているが、物言いからして大体バレバレだった。

アシエンと手を組み、光の戦士と敵対する闇の戦士との傍に立ち、闇の戦士の目的を手っ取り早く達成させる為、光の戦士を直接殺す事を持ちかける。
闇の戦士が光の戦士を襲撃した際、ようやく覆面を外し、全てはこの瞬間の為だったと宣言し、光の戦士の側に立った。

倒しても倒しても「超える力」で復活する闇の戦士との壮絶な戦いを経て、アリゼーの大技によって追い詰められた闇の戦士は、彼らが持っていた光のクリスタルを掲げる。
そのクリスタルをハイデリンに還元する事で、「星の代弁者」となっていたミンフィリアをハイデリンから切り離す事に成功。「光の氾濫」を止める為にミンフィリアと共に闇の戦士達は第一世界へと渡り、彼らの悲願である「第一世界の救済」へと繋がった。

紅蓮のリベレーター

サンクレッド、アルフィノと共に後方支援に回る。
終盤、人為的に「超える力」を得たフォルドラ対策として、かつてムーンブリダが開発した「エーテルジャマー」の改良版を光の戦士に渡す。
予知で攻撃を無効化するフォルドラに対し、一時的にではあるが「強制的なエーテル酔い」という絶大な効果を発揮し、彼女を生かしたまま捕らえる事に成功した。

その後、帝国との本格的な戦争を前にして、暁の賢人が次々と昏倒するという謎の現象が発生。
これは第一世界から光の戦士を召喚しようとした水晶公の召喚術に巻き込まれたものであり、サンクレッドに続き、ヤ・シュトラと同時に第一世界に魂だけが召喚された。

漆黒のヴィランズ

第一世界においてはヤ・シュトラと同じく3年という時間を過ごしている。
妖精郷イル・メグの「篤学者の荘園」を住居とし、第一世界の研究を進めていた。

ウリ



新たなジョブは占星術師
曰く「先行き不安な流れの中で、運命を読み、切り開くため」シャーレアンに伝わる占星術を研鑽したという。
衣装も大きく変わり、常に素顔の状態となっている。

暁の賢人の中では唯一水晶公の真意を伝えられており、その壮絶な重大さに苦悩しながらも彼の協力者となった。
これにより終盤、水晶公が取った予想外の行動に驚き止めようとする仲間を制止している。

またムーンブリダがアシエンの魂を捕らえる為に制作した「白聖石」をウリエンジェも開発。
最終決戦の切り札となったほか、水晶公とベーク・ラグの協力を受け、召喚された賢人達が原初世界に戻る為の「ソウル・サイフォン」の完成へと繋がった。

第一世界にミンフィリアを送り出した事について、彼女の名と魂を継承する少女に重責を背負わせた事に責任を感じていた。
自己と「ミンフィリア」の存在について悩み苦しむ彼女とサンクレッドに「謝る事しか出来ない」としつつも自分なりの助言を行い、優しく笑いかけるなど、思いがけない一面を見せた。
また「希望の園エデン」では光の戦士やサンクレッドと共に彼女の戦いに助力し、保護者としての顔を見せている。

実はアルフィノを上回るほどのカナヅチであることが判明。
「泳ぐくらいなら水の上を歩く魔法を開発した方がいい」と豪語するほどで、本当に開発してしまった。ただしある理由から来る不調により途中で水没し、後からサンクレッドに救出されている。
因みにどれぐらいカナヅチなのかというと、暁の血盟のメンバーが海に投げ出されてしまう場面で、アルフィノが辛うじて岸まで泳ぎ着いたのに対し、ウリエンジェは漂着と言っても過言ではない状態でたどり着いていた程である。

暁月のフィナーレ」フルトレイラーではサンクレッドと共にラザハンを訪問しており、「この地に束の間の平和はもたらされた……されど終焉は近づいています」と意味深な台詞を口にしている。





暁月のフィナーレ」(ネタバレ注意)

シャーレアン本国へ久しぶりの里帰りとなったが、「暁の血盟」の来訪が哲学者議会に警戒を抱かせると考えたクルルの発案により、「バルデシオン委員会再建の為の助っ人」として入国した。

賢人達は二手に分かれて行動を開始するが、ウリエンジェは光の戦士、サンクレッド、エスティニアンと共に依頼のあったサベネア島を目指す。エスティニアン以外は初めての来訪となるが、「転送魔法研究所」が設置した新型エーテライトによる「交感していない場所でも転送できる」という画期的システムを利用してサベネア島へと渡った。
が、副作用である「ちょっと(どころではない)キツいエーテル酔い」に見舞われてしまい、3人そろってダウン。ベンチに座って唸るサンクレッド、俯いてぐったりするヒカセン、そしてベンチ横で体育座りをするウリエンジェという、だいぶ面白い絵面となった。

ガレマルドの状況確認および人道支援を目的とした「イルサバード派遣団」と同行した際には、対寒冷地用に衣替え。
様々な出来事の後に、改造された魔導城改め「バブイルの塔」に突入する際にはいつもの装備に戻っていたが、流石に寒いらしく台詞からしてガチガチに震えていた。

塔最上階の転送機構によって月の「嘆きの海」へと飛んだ光の戦士を追い、サンクレッドとヤ・シュトラと共に月へと至り、ゾディアーク消滅に伴い覚醒したレポリットと出会う。
本での知識でしか惑星アーテリスを知らず、それ故に多くの失敗をしてしまったレポリット達に、途方もない年月の間ずっとハイデリンの指令を守り続けてくれた事を、幼い頃にムーンブリダに言われた事を踏まえ、言葉を選びながら感謝を述べる。
そして彼らと協力して「終末の厄災で滅びるアーテリスからの大撤収」という最終手段を完遂する為、一時パーティーを離脱。サンクレッド達なら「リーン達がいる第一世界を見捨てて逃げる」という道を選ぶ事はなく最後まで戦い抜くと信じ、万が一それが不可能となった時はどんな手段を使ってでも彼らを月まですくい上げる事を約束した。

古代世界の探訪の後、サベネア島、続いてガレマルドに広がる終末の地獄絵図と、各地へ飛び火してゆく「偽神獣」の出現。
未曽有の危機がアーテリスを覆いゆく中、レポリット達は学習および技術協力を行う為にアーテリスへと降り立ち、ウリエンジェもこれに同行する……が、例のごとく降り立った場所が極寒のガレマルドだった為、真顔でガチガチに震えていた。
なお会話におけるヒカセンの選択肢の一つが「月明輝いてるね、ウリエンジェ大先生」であり、それまで陰惨な展開が続いていた本編にちょっとした息抜きをもたらしてくれた。

レポリットが有する星間航行の技術、暁の血盟の協力者や過去に光の戦士とつながりをもった人々の協力により、遂に光の戦士たちは「天の果て」へと至る翼「魔導船ラグナロク」を得る。

その中でウリエンジェはムーンブリダの両親、ウィルフスンとブローウィダと再会。
心の痛手から彼女の死を伝えた手紙を寄越したきりだったウリエンジェをブローウィダは抱き締めて「私たちに怒ってることがあるとすれば、あんたと一緒に泣けなかったこと」「あんな震えた字の手紙だけよこして、おかげであんたの分まで泣く羽目になった」と涙を浮かべて告げる。
かつてムーンブリダに抱き着かれた時に宙に浮いたままだった両手を、ウリエンジェはゆっくりとブローウィダの背中に回し、自分の無力さを謝罪。
ウィルフスンは、かつて師ルイゾワに置いて行かれたのを嘆いていたムーンブリダが「暁の血盟」に呼ばれたのをとても喜んでいた事、ウリエンジェに自分を責めるのではなく、彼女を誇ってほしい事を告げ、彼が抱え続けていた後悔と慙愧はここにようやくひとつの決着を見た。

関連タグ

FF14 FFXIVエオルゼア NPC
暁の血盟 イダ・ヘクスト ヤ・シュトラ サンクレッド パパリモ ミンフィリア
ムーンブリダ

関連記事

親記事

暁の血盟 あかつきのけつめい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウリエンジェ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウリエンジェ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1322169

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました