ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:中村悠一

概要

ウルダハに降り立った冒険者(PC)が出会うことになる人物。
ヒューラン族(ミッドランダー)の色男
行く先々で女性にロマンを語り、愛の詩を捧げる吟遊詩人を標榜するが、短剣を使いこなして敵を翻弄するなど、ただ者ならぬ雰囲気を持つ。
フルネームは「サンクレッド・ウォータース(Thancred Waters)」。32歳。

その正体は暁の血盟に所属するシャーレアンの賢人。
元は盗賊。10代の頃にリムサ・ロミンサで軽犯罪を繰り返して生計を立てていたが、同地を訪れていた賢人ルイゾワの荷物にちょっかいを出して返り討ちにあってしまう。
官憲に引き渡されるのを覚悟するサンクレッドだったが、ルイゾワは彼の持つ「天性の身軽さ」に着目し、その才を人のために使うように諭すと、シャーレアン本国に連れ帰った。
恩師の元で更生したサンクレッドはサバイバル術と諜報活動のスペシャリストとなり、賢人位を取得。暁の前身である「救世詩盟」へ参加した。

第六星暦1562年、救世詩盟の活動の為にウルダハを訪れた時、催されたパレードでグゥーブーが制御を離れて暴走。この事故で父を失い孤児となったアシリア(後のミンフィリア)と出会う。
以後はフ・ラミンと共にアシリアを兄のように見守りながら、5年後にアシリアが17歳の時に発現した「超える力」について密かにルイゾワに相談。二人が手紙で交流を開始し、後の「十二跡調査会」の設立、および「暁の血盟」へと繋がっていく。

過去に学んだウルダハの剣術と盗賊時代の技が複合した独自の戦闘スタイルを持ち、戦い方の似ているユウギリとは度々共闘の機会がある。

関連タグ

FF14 FFXIV
エオルゼア ウルダハ NPC
暁の血盟 イダ ヤ・シュトラ パパリモ ミンフィリア

















「新生エオルゼア」後半以降のネタバレ











唯、皆を守りたかっただけ。


アシエンの調査の途中でアシエン・ラハブレアに意識を乗っ取られており、暁の動きは彼を通じてアシエンや帝国に筒抜けとなっていた。
プラエトリウムでの決戦において、光の戦士がラハブレアを破ったことで肉体を解放されたものの、憑依されていた影響で蛮神のテンパード化の影響を受けやすくなっている。

更にその後、戦勝祝賀会の騒動でヤ・シュトラ達とともに行方不明となるが、「蒼天のイシュガルド」メインクエスト終了後、ヤ・シュトラが発動した禁術「エンシェントテレポ」に巻き込まれ、高地ドラヴァニアに全裸で飛ばされていたことが判明。
まともな武器もなく、尖った石などを武器に必死のサバイバル生活を続け、グナース族の協力を仰いでようやく装備を新調。蒼天編終了後にようやく再登場した。
しかしエンシェントテレポの影響でエーテルの操作が不得手になり、テレポなどの魔法が使用不可になる、一時的に左目を負傷して黒い布で覆うなど、結構不憫な目に遭っている。

無題


また、この時の生活が影響しているのか無精髭を生やすなどワイルドな外見になり、軟派な面は鳴りを潜めている。
そのせいかおじさん呼ばわりされ、凹む場面も。

余談だが、ドラヴァニアに飛ばされたときの事を語る回想シーンでは、全裸ゆえに股間やら尻やらを隠す形でナッツイーターが絶妙のタイミングで登場。
この事からプレイヤーからは「ナッツイーターさん」と呼ばれたりもしている。
それが公式にも認知されたのか、公式の設定本にもナッツイーターが相棒と書かれている。もう許してやれよ。

その後、闇の戦士との戦いを経て、星の海にてハイデリンの「星の代弁者」となったミンフィリアに再会。
闇の戦士が持っていた光のクリスタルによって役割から解放されたミンフィリアは、光の氾濫を止める為、闇の戦士達と共に第一世界へ渡る決意を固める。
「サンクレッドに貰った溢れるほどの愛情を、誰かに分けに行く」と語ったミンフィリアに対し、彼は別れの言葉を告げ、妹のように愛していた彼女の旅立ちを見送った。

「まったく、すっかり見違えたもんだ。
 あんなに小さなレディだったってのに……な。」

紅蓮のリベレーター」では対帝国の諜報活動に回り、大幅に出番が減少。
しかし帝国属州に潜伏している間に盾役としての戦い方を学ぶなど、独自の成長を遂げている。
またクルルが帝国軍に捕らえられた時はその行方を探し回り、「超越技術研究所」にて実験台にされているのを把握。光の戦士らと協力し、彼女の救出に貢献した。













漆黒のヴィランズ」のネタバレ





















ShadowBringers


第一世界ではミンフィリアの名を持つ少女と共に行動しており、新ジョブ「ガンブレイカー」に転職している。
ガンブレイカーは「ソイル」という魔力を込めた弾丸を扱うが、前述の通りサンクレッドは魔法が扱えなくなっているため、ソイルへの魔力充填はミンフィリアにまかせている。
ちなみにガンブレイカーの技術と知識は、帝国属州に潜入していた時に「ある人物」から教わったとの事。

水晶公の召喚術によって他の暁のメンバーと共に第一世界に魂のみが召喚されたが、召喚時の時空の歪みによって光の戦士より5年早く第一世界に呼ばれている。
ちなみにその時の場面ではまたもや全裸になっていた

第一世界を調べているうちにこの世界のミンフィリアに出会い、彼女の中に眠る本来のミンフィリアの意識と再会。
彼女が光の巫女としての力を解放するには、今の少女の人格を塗りつぶすか、逆にミンフィリアが消えるかのどちらかを選ぶ必要があるという事実を知り、思い悩む。
この事もあって、ミンフィリアにはどこか距離を置くような微妙な態度を取り続けていた。
しかし、最終的にはミンフィリア達の意志を尊重し、「家族」として彼女らを守るため、ユールモア最強の将軍であるランジートを、文字通り命を削る技「パーフェクトインビジブル」「ソウルレスインビジブル」を駆使し、食い止める。
そして、ミンフィリアの意識を吸収して光の巫女となった少女に、妖精語で「祝福」を意味するリーンの名を与えた。

ラケティカ大森林ではヤ・シュトラがある理由からエンシェント・テレポを発動させて再度地脈を彷徨うが、思いがけない人物の助けにより無事生還。
その際「万一に備えてヤ・シュトラの身を隠す為」何処からか相棒を呼び寄せていた。ほんともう許してやれよ。

余談

パッチ5.4にて実装された「希望の園エデン:再生編」3層にて、「リーンが思う最強の存在」として「フェイトブレイカー」が召喚される。
かつてミンフィリアだったリーンが想起したその顔は紛れもなくサンクレッドであり、声も中村氏が担当している。
なおサンクレッド以外にも、幼少期からリーンを監視し、脱走に際して何度も立ちはだかったランジート将軍の要素も含まれており、彼女の「憧れ」と「恐れ」を同時に体現した造型となっている。

関連記事

親記事

暁の血盟 あかつきのけつめい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンクレッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 812393

コメント