ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

北秋田郡、仙北郡でマタギ(狩人)の間に伝わる妖怪。
禁忌を犯して山の神の怒りに触れた「小玉派」と言うマタギ集団のなれの果てと伝えられている。

見かけは少々膨れたネズミそのものだが、山中で人に出会うと自らの身体を風船の如く破裂させて死ぬと言う奇妙な習性がある。
小玉鼠の出現は一般に山の神が機嫌を損ねている時だとされ、狩人はこれに遭遇すると即座に下山するのが習わしだった。

創作での扱い

伝承では凶兆として破裂するとされるが、創作では爆弾のような殺傷力を持つ。

三位一体の単眼の鼠の妖怪。
生まれ変わって人間と暮らすようになった雪女のゆきめを粛正し、さらにぬ~べ~と5年3組の生徒までも大爆発で亡き者にしようとした山の神の刺客である。

センシティブな作品


関連イラスト

小玉鼠
小玉鼠
【ケモノ妖怪四十七士】秋田県:小玉鼠/こだまねずみ
小玉鼠



関連タグ

妖怪 ネズミ 自爆

ニホンヤマネ

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小玉鼠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18439

コメント