ピクシブ百科事典

小玉鼠

こだまねずみ

秋田県の伝承に登場するネズミの妖怪。

北秋田郡、仙北郡でマタギ(狩人)の間に伝わる妖怪。
禁忌を犯して山の神の怒りに触れた「小玉派」と言うマタギ集団のなれの果てと伝えられている。

見かけは少々膨れたネズミそのものだが、山中で人に出会うと自らの身体を風船の如く破裂させて死ぬと言う奇妙な習性がある。
小玉鼠の出現は一般に山の神が機嫌を損ねている時だとされ、狩人はこれに遭遇すると即座に下山するのが習わしだった。

関連タグ

妖怪 ネズミ

pixivに投稿された作品 pixivで「小玉鼠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12300

コメント