ピクシブ百科事典

羽衣狐

はごろもぎつね

羽衣狐とは、『ぬらりひょんの孫』の登場人物。
目次[非表示]

「この世を我らの望む漆黒の楽園へ…
 ひとつ…またひとつ 闇に沈めてまいろうぞ」

プロフィール

現代編過去編
性別
年齢1000歳以上※
誕生日11月16日
身長162cm158cm
体重49kg51kg
声優能登麻美子根谷美智子(羽衣狐本体も担当)

※ただし肉体の年齢と寿命は依り代に依存する。

概要

人間に憑依して転生を重ねる妖狐京妖怪を統べる大妖怪。かつて魑魅魍魎の主とまで呼ばれており、牛鬼からは「妖怪でありながら人間世界を支配する唯一の存在」とも評されていた。
一人称は「妾」で、古風な言葉遣いで話す。
取り憑いた人間(依り代)の寿命分しか生きられない代わりに、本体が健在ならば、別の依り代に憑依することで転生・復活を繰り返すことが可能。転生するたびに尻尾の数が増え、妖力もより強大になっていく。羽衣狐の名は「乱世に現れ、人間という名の衣を纏い、いつの時代でも都を乱す強力な妖怪」というのが所以である。
人間社会に潜伏し、時には女性権力者に憑依することで政への介入を行い、世の怨念を吸収しながら力を蓄えていた。彼女の目的は、闇の世界(妖怪上位世界)の樹立と、その象徴となる「子」を産み出すことにある。

余興を好むサディスティックな自信家であり、自ら戦場に立ることも多い。敵対する者は容赦なく排除し、人間についても蔑視している。現代で複数の男にナンパされた際には、「畏れが見えぬ下卑た人間は散れ」と惨殺していた。その反面、配下の妖怪には笑顔で接するなど、寛容で情のある面も持つ。特に狂骨のことは特別可愛がっている。また、我が子である鵺には現代も過去も変わらず、深い愛情を注ぐ。

奴良組とは四百年に及ぶ因縁を持つ存在であり、ぬらりひょん奴良鯉伴奴良リクオは三代続けて羽衣狐と関わることとなる。モデルは、安倍晴明の母とされる妖狐・葛の葉。羽衣狐は悪の葛の葉と言うべきキャラクターである。

過去編と現代編で容姿が異なり、本編でも二次創作でも後者が「羽衣狐」という印象が強い。pixivにおいても九割以上が現代編の姿で描かれている。

過去編

平安時代

当時は実体はあったが、普通の弱い妖怪で、尾の数も一本だけだった。この時代に安倍保名という人間の男性との間に子・晴明をもうける。晴明の反魂の術への協力を快諾するが、その直後に彼女の生肝を不死の薬にしようとした人間に打たれ死亡。晴明の死の40年後に初めて転生を果たし、以来晴明の配下の妖怪たちと共に晴明復活のために行動するようになる。

江戸時代・慶長年間

豊臣秀吉の側室・淀殿に憑依し、七度目の転生を果たす(この時の声優は根谷美智子)。当時の尾の数は八。豊臣家の支配者となるが、豊臣家滅亡と、妖怪が活動しにくくなる徳川の時代が来ることを危惧していた。その前に鵺を出産するため、大量の生き肝を喰らって妖力の増幅を図り、更に特殊な能力を持つ若く美しい姫達を配下に命じて集めさせる。
珱姫の救出に現れた奴良組総大将・ぬらりひょんと交戦。八尾による圧倒的な猛攻でぬらりひょんを苦しめるが、一瞬の隙を突かれ妖刀「祢々切丸」の斬撃を受けてしまい、蓄えていた妖力が流出。十三代目花開院秀元の介入もあり、最終的にぬらりひょんに敗北する。その際にはぬらりひょんと秀元に血筋を絶やす呪いをかけて逃亡した。
淀殿死亡のタイミングが史実と異なるが、上記の出来事は歴史上から隠蔽されたという設定。その後は何回か復活のチャンスはあったが、その度に奴良鯉伴に阻止されていたようである。

現代編

約四百年の時を経た現代では、美しい女子高生に憑依。普段は有名なお嬢様学校に通い、大企業会長の孫娘として生活している。尾の数は九、つまり九尾の狐に成長している。
漆黒のセーラー服ストッキングに身を包み、黒髪ロングにハイライトのない瞳と、徹底的に「黒」のイメージカラーで描かれている。一見するとスレンダーだが、着痩せするタイプらしく実は巨乳

しょうけらには「闇の聖母(マリア)」、狂骨には「お姉様」と呼ばれている。女性同士でのキスシーン(キスをした生贄の生き肝を喰らうという猟奇的な行為であるが…)など、百合を匂わす描写が多々ある。
長年の宿願を果たすべく、強力な百鬼夜行を率いて現代の京都を蹂躙してゆく。
小説版では、ある家庭崩壊した女学生と交流するが、その女学生の友人の神主一家を襲撃し一家を惨殺し友人の娘の生き肝を喰らう、さらに女学生の願いを叶えるように女学生の母親とその愛人を惨殺、血だらけの部屋の中で女学生の生き肝を喰らい、面白い余興だったと言い放つなど冷酷さが目立った。
その後、京都内の少女1万人の生き胆を喰らい清明復活には成功するが、清明が山ン本五郎左衛門と手を組んでいたため復活後に羽衣狐本体は地獄へ落とされた。

また依り代としていた女性はリクオの父鯉伴の最初の妻山吹乙女が転生したものであった。鏖地蔵(山ン本の目玉)の策謀で鯉伴の娘であるという偽の記憶を植え付けられて鯉伴、リクオ親子と接触、魔王の小槌で殺害し絶望したところに羽衣狐が寄生したというのが真相であった。

しかし晴明を首領とする御門院一門の大攻勢の終盤にぬらりひょんの手により、羽衣狐と乙女の魂が融合した状態で「母性」の妖怪として半妖の里で乙女の体を依り代とし再び蘇った(この転生で尻尾は十尾に増えた)。葵螺旋城で晴明と再会するも、考え方の違いから対立。リクオに力を貸した。晴明戦後は、晴明によって埋め込まれた転生の念と乙女の魂が消え、リクオを半妖の里へと連れていく。そして晴明を倒したのち、リクオ復活後はその様子を見守りながら狂骨と何処にか去っていった。

ゲーム『百鬼繚乱大戦』ではIfシナリオで弐条城を落としたあとに、鵺ヶ池に落ち着いたはずの彼女が各地に出没、弐条城にもどったあとに羽衣狐が二人いるという状況だった。
各地に出没していたのは、京妖怪の怨念の塊が具現化した影であり、その後本物の羽衣狐が勝利して日本を武力で掌握するというBAD ENDのシナリオであった。


能力・武器

強靭な尾による攻防一体の戦闘スタイル。尾には敵意に反応するという特性が備わっており、反応速度が高い。黒田坊鬼纏したリクオを上回る攻防力で、圧倒的な強さを見せつけた。但し、憑依が解かれ、本体のみの状態になると無力になる弱点もある。
四百年前に計画を邪魔された怨みから、花開院家と奴良家に呪いをかけていたり、戦闘中に宙に浮かんだりしているため、妖術の類も複数行使可能と思われる。

また、下記の専用装備を華麗に使いこなす。

「 二尾の鉄扇 」
質量を無視して瞬時に伸縮する鉄。平家にいた頃に入手したもの。痛烈な打撃武器にも強固な盾にもなる攻防兼用の装備であり、鬼纏をも叩き落した。

「 三尾の太刀 」
煌びやかな装飾が施された。二尾の鉄扇と併用する。

「 四尾の槍 "虎退治" 」
リクオの動きを封じるために使用された十字。名称は加藤清正がモチーフか。

一尾・五尾・六尾・七尾・八尾・九尾に対応する装備は本編未使用につき詳細不明。

関連イラスト

羽衣狐
はごろもさま


羽衣狐様ぁ
センシティブな作品



関連タグ

ぬらりひょんの孫 ぬら孫 京妖怪 妖狐 九尾の狐 妾の武器は108尾まであるぞ はごろもっぱい
キャラクター
狂骨(ぬら孫) がしゃどくろ 土蜘蛛(ぬら孫) 鬼童丸 茨木童子(ぬら孫) しょうけら(ぬら孫) 鏖地蔵
安倍晴明 奴良リクオ 奴良鯉伴 山吹乙女 ぬらりひょん 花開院秀元

関連記事

親記事

京妖怪 きょうようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「羽衣狐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5057435

コメント