ピクシブ百科事典

サモンナイト2

さもんないとつー

『サモンナイト2』とは、バンプレストから発売されているPS用シミュレーションRPG、「サモンナイト」シリーズの第2弾である。
目次[非表示]

概要

本作はサモンナイトシリーズの2作目として2001年8月2日に発売されたプレイステーション用のシミュレーションRPGで、作品のバックストーリーを描いた小説ドラマCDも発売されている。
後に2008年8月7日ニンテンドーDSでリメイク版も発売された。

前作と同じく、都月狩(都月景)氏によるシナリオ、飯塚武史黒星紅白)氏によるキャラクターデザインで前作の空気を継承し、
また前作とは違う「リィンバウム」の住人から見た視点を描くことにより、「サモンナイト」の世界をより深くまで描いている。
システム面でも「誓約の儀式」周りのシステムの整備、クリアデータを保存し周回プレイが出来る、やり込み用ダンジョン「無限回廊」の追加など格段に進歩している。

「番外編」

また、その性質上前作にはなかった要素として、「番外編」があげられる。
「番外編」とは、本編中で特定条件を満たしてクリアするとプレイできる隠しシナリオで、
本作のキャラクターと前作のキャラクターが出会い、共に戦うというファンサービス的なシナリオであり、2に始まり3、4と定番の要素となる。

「サモンナイト2」のあらすじ

主人公は真理を追い求める召喚師達の集まりである「蒼の派閥」に所属する見習い召喚師。
その日は主人公が見習いから一人前の召喚師として認められるための試験の日であり、その試験の一環として誓約を結ぶことになった「護衛獣」とともになんとか試験を合格するものの、
派閥から下されたのは「諸国視察」という事実上の追放処分であった。
こうして、主人公は監視役として同行することとなった兄弟子のネスティ、護衛獣とともに、自分の隠された過去にまつわる大きな戦いへ続く道へと足を踏み入れることになる。

キャラクター

主人公

「名もなき世界」から召喚された前作主人公とは違い、今作の主人公は「リィンバウム」の人間である。
また選択できるキャラクターも男女各1人づつとなり、戦闘型か召喚型かは冒頭の選択肢より決定される。これは以降の作品にも引き継がれている。

幼少時、偶然サモナイト石に触れたことで暴発を引き起こし、蒼の派閥によって保護された。
以降は「蒼の派閥」師範ラウル・バスクに師事して、見習い召喚師となったが、その出自ゆえ召喚師としての「家名」を持たない。
家系を重んじる召喚師社会では「家名」を持たない召喚師は「なりあがり」と呼ばれ、蔑まされることも多く、主人公も例外ではない。

マグナ
 男性主人公。楽天家でのんき者であるが、やるときはちゃんとやるタイプ。
トリス
 女性主人公。活発なお調子者だが、明るい性格で皆を引っ張っていく芯の強い少女。

護衛獣

主人公が試験の課題として誓約を結んだ護衛獣
試験の中で4つのサモナイト石から一つを選び、選んだものに対応した世界から召喚されることになる。
また、この時選んだ属性が主人公の「得意属性」となる。

レオルド
 機界・ロレイラルから召喚される機械兵士
 型は古いものの有能で、忠実。太陽光で充電も可能。
ハサハ
 鬼妖界・シルターンから召喚される幼い妖狐の化身。
 無口な性質だが純粋で、好奇心旺盛な一面もある。まだ力をうまく扱えないため、胸に抱えた水晶で変化するための妖力を制御している。
バルレル
 霊界・サプレスから召喚される生意気な悪魔
 人間嫌いで、口が悪い。サプレスでは名のある悪魔だったらしい。
レシィ
 幻獣界・メイトルパより召喚される亜人、メトラル族の少年。
 幼いころに理由あって雄々しさの象徴である角を切られてしまったためか、気弱で泣き虫。また、肉体労働より家事が得意。

パートナー

主人公と共にストーリーに深くかかわるキャラクター。

ネスティ
 師範、ラウル・バスクの養子で主人公の兄弟子。
 性格は極めて冷静かつ理知的で、毒舌家。機属性召喚術が得意。監視役として主人公とともに旅をすることになる。
アメル
 癒しの力を持つと巷で噂となっているレルム村の「聖女」。
 「聖女」と呼ばれる半面、本人は気さくでおてんば、ややおっちょこちょいな性格。

旅の仲間

旅の途中で出会い、それぞれの目的のために道を共にする仲間。

フォルテ
 相棒のケイナと共に旅をする大柄な冒険者の剣士。
 陽気で面倒見がいい性格だが、調子に乗ってはケイナの鉄拳をくらっている。
ケイナ
 冒険者で、シルターン出身らしい記憶喪失の女性。
 普段は優しく気配りが出来る大人の女性だが、フォルテへのツッコミ(裏拳)は鋭く容赦がない。
ロッカ
 レルム村の自警団リーダー。
 リューグとは双子で、兄にあたる。基本的に真面目で、よく問題を起こすリューグのブレーキ役になっている。
リューグ
 ロッカの双子の弟で、レルム村自警団員。
 ロッカとは対照的に気性が荒く、口下手で愛想が悪いと思われがちだが、芯が通った性格。
ミニス
 「金の派閥」の議長、ファミィ・マーンの一人娘で、見習い召喚師。
 非常に負けず嫌いな性格で、獣属性の召喚術が得意。友達である召喚獣「シルヴァーナ」と共に初出は前作「サモンナイト」の外伝小説。
モーリン
 港街ファナンで下町の用心棒をしている女格闘家で、ストラ(気功)の使い手。
 きっぷのいい性格だが、女性として自分の身長や力の強さにコンプレックスを持っている。身にまとうコートは叔父からもらったもの。
カザミネ
 前作に続いて登場。シルターン出身の流浪のサムライ
 剣の道を究める事に生涯を捧げるが、その道は険しいようである。
レナード
 前作主人公と同じ「名も無き世界」の出身だが、「ステイツ」という国の「ロス」という街から召喚された中年刑事。
 妻子持ちであり、なんとか元の世界に帰る術を探している。まだ若い主人公に年長者の貫禄と視点から、いろいろとアドバイスをしてくれる。ヘビースモーカーで、好きなものはホットドッグとコーラ。
カイナ
 前作に続いて登場。シルターンのエルゴの守護者を務める鬼道の巫女。
 鬼属性召喚術を得意としている。過去のケイナを知る数少ない人物。また、カザミネとは浅からぬ仲のよう。
ルウ
 派閥に属さなかった召喚師の一族・アフラーン家の末裔で、霊属性の使い手。
 深い森の奥で暮らしていたため、見かけによらずかなりそそっかしくて子供っぽい。世相に疎く、特に甘いお菓子に興味深々。
シャムロック
 「蒼の派閥」の本部がある「聖王都」の「ローウェン砦」守備隊長。
フォルテとは旧知の間柄で、正義感が強く生真面目な性格。

蒼の派閥

主人公の所属する組織。

ギブソン
 前作に続いて登場。主人公とネスティの先輩にあたる蒼の派閥召喚師。
 普段はミモザと共に行動し、ギブソンはデスクワークタイプで、根っからの甘党。霊属性の使い手。家名は「ジラール」。
ミモザ
 前作に続いて登場。ギブソンの相棒である蒼の派閥召喚師。
 ギブソンとは対照的にフィールドワークタイプで、辛いもの好き。獣属性の使い手。家名は「ロランジュ」。

黒の旅団

主人公の行く手で対立することになる謎の組織。

ルヴァイド
 「黒の旅団」総指揮官。
 黒い仮面と甲冑を身にまとっていることから「黒騎士」と呼ばれている。
イオス
 ルヴァイドの腹心の部下で特務隊隊長。
 旅団きっての槍術の使い手。過去の出来事からルヴァイドに執着している。
ゼルフィルド
 ルヴァイドの部下で「ロレイラル」の機械兵士。
 後方支援型で、銃撃や索敵などに優れている。

旅の途中で出会う人々


アグラバイン
 アメルの祖父であり、両親を亡くしたロッカとリューグの双子を引き取って育ててきたきこりの老人。
パッフェル
 神出鬼没の鉄腕アルバイター。陽気でつかみどころのない女性。
ユエル
 幻獣界メイトルパ出身のオルフル族の少女。
シオン
 前作に続いて登場。聖王都を中心に開いている屋台「蕎麦処あかなべ」の大将。

メイメイ
 主人公の行く先々で店を開いている占い師の女性。
 無類の酒好きで常に酒に酔っている。店を利用する際の料金も現金ではなく酒でやり取りするほど。何かと謎が多い。
エルジン
 前作に続いて登場。機属性召喚術を研究する召喚師一族の末裔。
 エスガルドと行動を共にしている。家名は「ノイラーム」。
エスガルド
 前作に続いて登場。過去「ロレイラル」で勃発した「機界大戦」の決戦兵器として開発された機械兵士。
 ロレイラルのエルゴの守護者であるが、彼と行動を共にするエルジンが守護者として扱われることが多い。

レイム
 真実の歌を求めて大陸をさすらう白皙の吟遊詩人。

その他のキャラクター


ファミィ
ケルマ
エクス
ガレアノ
ビーニャ
キュラー
ジャキーニ

主題歌

オープニングテーマ「光の都」(第2話-第12話)
作詞・作曲:藤田千章/歌:加藤いづみ
エンディングテーマ「ぼくらはうまれた〜Find A Way〜」
作詞・作曲:藤田千章/歌:加藤いづみ

関連タグ

サモンナイト サモンナイト2 サモナイ2 サモン2 SN2
召喚師 召喚獣 ロレイラル シルターン サプレス メイトルパ

pixivに投稿された作品 pixivで「サモンナイト2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3471725

コメント