ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クラフトソード物語

くらふとそーどものがたり

クラフトソード物語とはバンプレスト(現在のバンダイナムコエンターテインメント)が発売しているサモンナイトシリーズから派生したアクションRPG、及びそのシリーズ作品である。
目次 [非表示]

武器は鋼の硬さに非ず

武器は剣の腕に非ず

武器は友の助けに非ず


シリーズ概要

クラフトソード物語(無印)、クラフトソード物語2、はじまりの石の三種類があるが、主人公がパートナーと協力して一流の鍛冶師を目指すという目的があり、その過程で起こる事件を解決していくという流れはシリーズ全てで共通している。

主人公のパートナーは4種類の護衛獣から1人を選ぶことになり、この辺りはサモンナイト2の影響を強く受けている。


シリーズの特徴となる鍛冶のシステムは1と2・はじまりの石では大きく異なる。

1では拾ったアイテムを5種類の鉱石に変換し、それを必要な量だけ消費して武器を作成する。

一方、2及びはじまりの石ではマテルと呼ばれる素材に特定の鉱石を組み合わせることで武器を作成する。


また、1では初代サモンナイトの主人公(ハヤトトウヤナツミアヤのうち1人)が、

2ではサモンナイト2の主人公(マグナトリスのどちらか)とそのパートナー(レオルドハサハバルレルレシィのうちの1人)とネスティアメルがゲスト出演する。



本項では初代作について記述する。

続編については「クラフトソード物語2」及び「はじまりの石」を参照の事。

ストーリー

大海に突き出すように築かれた「剣の都」ワイスタァンで、都市の騎士団にして最高評議会である「七鍛聖」の欠員を埋めるべく、武闘大会が開催されることになった。新しい鍛聖を選出する大会の参加資格を得た新米鍛冶師である主人公は、英雄とうたわれた亡き父親シンテツの名に恥じない鍛冶師となるべく勝ち抜くことを目指す。

登場キャラクター

主人公


パートナー


主人公の親族と関係者

主人公の母。36歳。おっとりとしており少々悪戯好きなお茶目な一面もあるが、夫のシンテツ亡き後から女手一つで主人公を育てているだけあって意外としっかり者。そして終盤のとあるルートでは・・・

(中央の無精ひげの男性)

銀の匠合の頭領で主人公の師匠。無精ひげと筋骨隆々な肉体が特徴の豪快で爽快な人物。主人公の父シンテツとは親友の仲で、その妻のアマリエには現在もなおぞっこんなのだが、全く相手にされていない。

(上の男性)

主人公の父親で七鍛聖のうちの一つ『黒鉄の鍛聖』の元保有者。物語の3年前に他界しており、死亡時39歳。自分の命と引き換えにパリスタパリスを地下迷宮の奥深くに封印した英雄で、今もなおその伝説は語り継がれている。


銀の匠合の関係者

昔ながらの職人が集う鍛冶場。良い武器を作ろうと日々努力する者たちがほとんどで、主人公が属するのもココ。もう一つの匠合である『金の匠合』とは因縁浅からぬ関係を持つ。

(左端の赤髪の少女)

主人公の女ライバルポジションに位置する真紅のポニーテールの15歳。勝気で強気な少女で何かと男(特に男主人公)に対して嫌味ったらしいセリフを吐くが、その裏には女性でも男性よりも素晴らしい鍛冶師になれることを証明したいという涙ぐましい努力が隠されている。

主人公をアニキ(アネキ)と呼び慕う11歳の少女。ブロンの姪っ子で彼からは溺愛されている。英雄物語に憧れて男子のフリをしており、小麦色の肌と栗色のショートヘアに頭に巻いた黄色いバンダナ、チラリと覗く八重歯が特徴。

(中央上の眼鏡をかけた青と緑の帽子を被った少女たち)

色違いのセーラー服らしき服装に身を包んだ双子の眼鏡姉妹。自分たちの力にかなりの自信を持っており、サナレに負けず劣らずの嫌味を口にする。因みに姉のハリオが攻撃担当、妹のヘリオは魔法でサポートを行う。また、何故かハリオだけ関西弁で喋る。


金の匠合の関係者

金儲けを第一に考える者たちの溜まり場。売れるものなら鍛冶師見習いの武器でも平然と売りさばくなど手段を選ばない。

(左寄りの中央最下段にいる金髪カールヘアの人物)

商売人気質の金の匠合の設立者。ヴァリラの父親だが、息子とは折り合いが悪い。また、金儲けを第一に動くものの、鍛冶師としての腕前は高いらしい。因みに妻は既に他界している。

金の匠合の設立者リボディの一人息子。15歳。生まれつき優れた才能を有する神童だが、それを鼻にかけて他人(特に銀の匠合)を見下す鼻持ちならない人物。だが主人公との対決での敗北をきっかけに少しずつ心境に変化が生じていく。

  • ナシュメント
    クラフトソード物語!【合作】

(リボディの左の男性)

リボディの執事にして腹心の部下。44歳。昔、彼に拾われて以来、忠誠を尽くしている。主の息子であるヴァリラのことは「ヴァリラ様」「お坊ちゃま」と呼んでその身を案じている。

(ハリオ&ヘリオの左の男子)

金の匠合に属する鍛冶師の少年。鋭く尖ったリーゼントにゴーグル、立て襟で鼻まで隠した姿が特徴。召喚獣を子分扱いしており、そのことがトーナメントで敗北するきっかけとなる。

金の匠合に属する鍛冶師の少年。額に巻いた独特な模様のバンダナが特徴の斧使い。考え方はどちらかと言えば銀の匠合よりだったりする。


七鍛聖

鍛冶師・剣士そのどちらにおいても高い能力を持つ者のみに授けられる称号。ワイスタァンで政治を司る最高の評議会。パリスタパリスの守護者としての面も持ち合わせる。ワイスタァンの人々にとって憧れと尊敬の対象であり、全ての鍛冶師の目標。七鍛聖ということもあって7人の鍛冶師に各々の称号が配られる。

鍛冶師の頂点に立ち全ての鍛聖をまとめ上げる『金剛の鍛聖』。たっぷりと蓄えた髭が頭髪と一体化した荘厳さを漂わせる人物。だが当の本人はとても人懐っこく豪快で、それでいてロマンティストな一面も持ち合わせる好々爺。

眼鏡をかけたクールな印象を見せる『青玉の鍛聖』。22歳。主人公の父シンテツの弟子でもあり、彼を目標に今もなお鍛錬を欠かさない努力家。師匠の子供である主人公のことを気にかけており、助言を与えるなど頼れる先生として活躍してくれる。

頭頂部から中間までが黒(深緑?)、そこから先端までが金という特徴的な頭髪の『翡翠の鍛聖』を務める25歳の青年。実姉ルマリが不治の病に侵され、鍛聖の座から引退を余儀なくされたのに代わって鍛聖となった経緯を持つ。真面目で悩みやすく、(表には出さないが)かなりのお姉ちゃん大好きっ子。それ故か姉の恋人であるテュラムに敵意を向けている

(左の女性)

ウレクサの姉にして前『翡翠の鍛聖』。金髪ストレートの美女で、か弱い見た目をしているが、全盛期には『魔迅槍のルマリ』と呼ばれ、ひとたび名前を出せば現在でもザコ如きなら悲鳴を上げて逃げ出すほどの実力者。今はパリスタパリスによって不治の病に侵されてしまい、ワイスタァンよりも空気がきれいなヴァンスの街に住んでいる。また、首にはウレクサ、テュラムとお揃いのペンダントをかけている。

糸目でとことん影が薄い『水晶の鍛聖』の青年。ルマリの恋人で彼女のことを誰よりも深く思っている心優しい人物。彼が突如失踪したことで欠員補充として今回のトーナメントが開かれることとなった。

(サクロの下の男性)

某戦闘民族よろしく頭髪を後ろに向けたオールバックと細いカイゼル髭が特徴の『琥珀の鍛聖』。鍛冶師としての腕は超一流だが、(金の匠合の出なのか)すさまじいまでの野心家。自分こそが金剛の鍛聖に相応しいと考える自惚れ屋でもある。

藍色のストレートヘアとアンニュイな眼差しが目を引く26歳の美女にして『紅玉の鍛聖』。サナレの姉であり、主人公の前に突然現れては意味深な発言をして去っていくなど謎多き行動を取る。元鍛聖であったルマリとは親友の仲。


軍事都市デグレア

シンテツが作った東西南北の剣を利用してパリスタパリスを意のままに操り、世界征服を企む主人公たちの敵。劇中で登場するのは専らその兵士ばかりで謎が多い。

  • デグレア兵

全身を鎧で包み込んだデグレアの兵士たち。主人公の行く先々で様々な悪事に絡んでいるが、そのほとんどは自分たちより強い相手が現れたと知るや否や一目散に逃げだすヘタレばかり。戦闘力はさほど高くないが、武器の耐久値を減らし切れば高額なアイテム「救急セット」が手に入るため、戦う分にはなかなかに美味しい相手だったりする。


ルギスタ島

シンテツが作った剣の一つ「東宝の剣」を隠している村がある島。その剣を狙ってデグレアに襲われることとなってしまう。

  • バードンレル
    クラフトソード物語!【合作】

(右寄りの中央最下段の男性)

小さな村の村長。娘のエクレーヌを溺愛しているが、村の若い女性たちに(中には娘と同年代と思われる女性にも)食事に誘うなどのナンパを行っているダメ親父。だがその一方で昔シンテツに弟子入りしていた過去を持ち、日々隠れて鍛錬を行っていたりもする努力家(村人の一人もそのことに気付いている)。因みに劇中では「村長」としてか表記されておらず、名前が分かるのは攻略本などによる記載から。

バードンレルの一人娘。金髪のポニーテールにたいそう立派なものを持った煽情的な服装の女性。デグレア兵の攻撃で負傷したヴァリラを介抱し、その一件で彼に好意を抱くようになる。


地下迷宮

パリスタパリスの聖殿に続くダンジョンにして鍛冶師にとっては素材の宝庫。内部には様々なはぐれ召喚獣やパリスタパリスを守る召喚獣が跋扈している。

炎の精霊であり、剣の精霊王とも呼ばれる存在。地下迷宮の奥深くで鍛聖たちに守られているらしいが・・・?

ストーリー終盤に登場する謎の存在。どうやらシンテツに深く関わっている様子・・・


余談

スタッフに重度の百合愛好家がいるらしく、主人公が女性の場合、女性キャラに恋愛感情を持たれていると受け取れるような表現がしばしば登場する。特に露骨なのが1の護衛獣の1人シュガレットであり詳しくは以下の動画を参照。


クリュウ(主人公が男)の場合

プラティ(主人公が女)の場合


同じ場面のはずなのにこの違いである。台詞の流用ってレベルじゃねーぞ!

今リメイクされたら確実にR-12、下手したらR-15まで行くだろう。これを百合愛好家だけを対象とするゲームでやるならともかく、幅広いプレイヤーを対象とするゲームでやる辺りが「重度」たるゆえんである。

いいぞもっとやれ


更に余談だが、ワイスタァンの人々は過去の大戦で召喚されたシルターン人の末裔らしく、主人公やアマリエがザンテックと意思疎通が出来たり、ワイスタァンに住む人々の名前がシルターン風なのはこのためである。


海外版について

海外版は「Summon Night: Swordcraft Story」というタイトルでアトラスから発売されている。

しかし、何故か海外発売年が日本よりも3年も遅れている。


  • 日本発売、2003年
  • 海外発売、2006年

なぜ、海外発売程度でこんなにかかったのか、謎を解く鍵を探す決心をする・・・


関連サイト


関連タグ

サモンナイトシリーズ

クラフトソード物語2 はじまりの石

百合 ザンテック ラショウ シュガレット クッティ

関連記事

親記事

サモンナイトシリーズ さもんないとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1294586

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました