ピクシブ百科事典

大鯰

おおなまず

ここでは、地中深くに生息し、大地震を起こすとされる伝説上の巨大な鯰の化け物について解説する。
目次[非表示]

概要

地下深くに潜み体をゆする事で大地震を引き起こすとされる巨大なの姿をした伝説の化け物。地震鯰とも呼ばれる。

大鯰に限らず地震を起こす魚の伝説は中東からアジアによく見られ、その由来はバハムートベヒモスであるという説もある。

湖や沼の主ともされており、鯰に関する伝承は各地に伝わっているが、有名どころでは鹿島神宮の祭神武甕槌大神と香取神宮の祭神経津主神の二柱が要石で押さえつけているというものであろうか。

ちなみに地震が起こるのは鯰の仕業という考え方が主流になったのは江戸時代になってからの考えで、元々は鯰ではなく日本列島の下に横たわった、或いは列島を取り囲む地震虫という名の生き物の仕業だと考えられていたらしい。

ちなみに、他の地域にも地震を起こす怪物たちの話が残っており、北海道には大アメマス、ヨーロッパにも街の下に眠るドラゴン、などがある。

ゲゲゲの鬼太郎

???「えっ、今期は俺の出番ないの!?」


大なまずを参照。

関連項目

妖怪 鯰神 地震 要石

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大鯰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337

コメント