ピクシブ百科事典

フツヌシ

ふつぬしのかみ

日本の神の一柱。剣の神。 イザナギ命がカグツチ命を切り殺した際、その血が岩に付着して生まれた神々の孫にあたる。 タケミカヅチ命ととも関連が深く、一説には布都御魂剣はこの神の分御霊ともされる。
目次[非表示]

フツヌシとは、日本々の一柱である。

表記揺れ

  1. 『日本書紀』などの神話に登場する武神。本稿で紹介。
  2. ノベライズ『勇者王ガオガイガー外伝-獅子の女王-』に登場する幻のディビジョンフリート『物質瞬間創世艦フツヌシ』
  3. 一血卍傑』に登場するキャラクター。⇒フツヌシ(一血卍傑)


概説

『日本書紀』などに登場する武神、特にの神」と崇められる天津神の一柱。
漢字では【経津主神】と書き、経津は剣が物体を切る音を意味する【韴(フツ)】に通じるとされる。

同じく武神/剣神の職能を有する雷神建御雷神とは、神話上での役割やその性格から混同ないし同一として扱われることもあるが、前者は中臣氏の奉斎神であり、実際には全く関係のない神である。
神道の神典『先代旧事本記』では布都御魂剣はこの神の御魂であるとされ、『古事記』では両者を混同、もしくは建御雷神を上書きして扱っている箇所がいくつも存在すると指摘されるが、物部氏と鳥に関する習俗などから、天鳥船神の別名が経津主神ではないかとする説があり(物部氏祖の邇芸速日命は天鳥船に乗って降臨したとする伝承がある)、それに従えば古事記、日本書紀の伝承はどちらが主か従かの違いだけとなる。

香取神宮の主祭神であり、武運長久・必勝祈願・武芸上達などの神徳と御利益がある。また物部氏の祖神の可能性もあり、石上神宮などその関係も深い。


神話

伊弉諾命迦具土神を斬り殺した際、十束剣(天尾羽張)の切っ先から滴る迦具土命の血が岩となり、この岩と天の安川に流れた迦具土神の血が交わって「岩裂神(イワサクカミ)」と「根裂神(ネサクカミ)」の夫婦神を生み出した。
さらに夫婦神から「磐筒男神(イワツツオカミ)」「磐筒女神(いわつつめがみ)」が生まれて夫婦となり、生まれたのがフツヌシ神とされる。

国譲りではタケミカヅチ命に随身してオオクニヌシ命と交渉にあたり、神武東征においては自らの御魂から「布都御魂剣」を生み出している。
出雲風土記』や、出雲国の国造が新任の折に読み上げる「出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)」では、フツヌシが国譲り事業を成功させたことになっている。

女神転生シリーズのフツヌシ

ソウルハッカーズで初登場した仲魔、種族は鬼神。それからしばらく出番がなかったがライドウシリーズで復活。漫画作品コドクノマレビトでは古の剣の神としてダークサマナーに悪用されていたが葛葉ライドウとの一騎打ちの末に浄化。それ以降はライドウの仲魔としてヨシツネと共に活躍した。貫禄のある武人のようなキャラクターとなっている。


関連タグ

日本神話 天津神
武神
タケミカヅチ 布都御魂剣

関連記事

親記事

天津神 あまつかみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フツヌシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186114

コメント