ピクシブ百科事典

国譲り

くにゆずり

古事記・日本書紀に描かれた神話。国つ神と天津神による葦原の中つ国を治める利権をめぐる物語が記される。
目次[非表示]

概要

(一般に流布している古事記準拠で解説)
大国主命の指導で繁栄と平和を謳歌する葦原の中つ国(日本列島)を見た天照大神は、
「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国は、我が御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命知らす国ぞ(この葦原の中つ国は大国主ではなく、我が子の治める国である)」
と宣言して配下の神々を集めて献策させ、使者の派遣や策略による支配を推し進める。

だが、長男の天忍穂耳尊とその弟である天菩比神は失敗してしまい、臣下の天若彦は督促しに来た雉の鳴女といさかいを起こして彼女を殺害した罰として死んでしまう。対策に悩んだ大神は知恵袋でもある智の神・思兼神の提案で、武神・建御雷神を送りこんで、
「汝が宇志波祁流葦原中国は、我が御子の知らす国ぞと言依さし賜ひき。故、汝が心は奈何に(天照大神は、貴公が不法占有している葦原の中つ国を我が子がお治めになる国であるとワシに言付けられた。譲るかどうか承ろう!)」
と圧力をかけた。自分一人で勝手には決められないため、大国主命は自身の二人の息子のも意見を求め、そのうち長男の事代主神は「畏まりました」と快諾したが、納得がいかない弟のタケミナカタは「こそこそ話をするんじゃない!アンタとオレと力比べして決めようぜ」と語り、建御雷と格闘の末に諏訪まで追い込まれたのちに降参、父や兄と同じく快諾した。ちなみに、この力比べ(と言うか大喧嘩?)を相撲の起源とする説もある。
こうして国譲りを承諾した大国主は、その条件として
「唯僕が住所をば、天つ神の御子の天津日継知らしめす登陀流天の御巣如して、底津石根に宮柱布斗斯理、高天の原に氷木多迦斯理て治め賜はば、僕は百足らず八十くま手に隠りて侍ひなむ(ワシの宮殿を天津神の皇子がお住まいになる宮殿のように、地底へ届く太い柱と天まで届く城にして下されば幽界の王として引き下がりましょうぞ)。」
と申し出、そうすれば自身の子供たちも事代主神に習い背くことはないと語り、建御雷は大国主の条件を承諾する。

そうした経緯から大国主は幽界へと隠居し、彼を祀る神殿も建てられた。こうして、新たな神々の時代が始まったのである。

日本書紀では

書紀は「一書に曰く」と様々な異説が書かれており、国譲りのメンバーや方法もさまざまである。

  • 死んでしまう雉の神が死なず、むしろ大国主が植えたに興味津々で帰って来なかったり、天菩比に子供がいて彼も大国主懐柔作戦に従事するが帰らず組に入る。
  • 葦原の中つ国を与えられるのがニニギノミコトで、勅令を出したのが高皇産霊尊(日本書紀ではこちらがメインで皇祖扱い)。また、最初は經津主(ふつぬしと読む。物部氏の元祖)が平定軍指揮官だったのが「自分も勇者である」と宣言した建御雷(中臣氏の祖先)をも加えた逸話が挿入されており、書紀成立当初に権勢をふるった藤原氏の影響を匂わせる内容でもある。
  • 古事記では恫喝されて出雲大社ひとつで誤魔化された弱者のようにも見える大国主だが、日本書紀の一節では国譲りを迫った建御雷らに怖気付くどころか、「お前たちこそワシの土地に来たのではないか!」と彼らを厳しく叱り飛ばし、彼らは退却して天界の代表者である高皇産霊尊に相談する。尊も、「貴男の仰ることは尤もです」と譲歩して、国を譲る条件として神殿ばかりかはしごなど様々な代価を払って解決する事となった説話が存在する。おそらく、出雲王権の巨大さを示しているのだろう。
  • 平和解決(?)扱いをされている古事記とは逆に、「モノをいう草木や土石」「邪神鬼神」を斬り殺し、ないしは降伏せしめたなど小規模ながらも戦いが各地で起きたことを思わせる箇所が存在する。

余談

  • 大国主命が治めるのを「うしはく」とし、天津神側の統治を「しらす」と言う表現について「うしはくは我が物とする事、不法占拠」とし、「しらすは君民一体、天皇が民のことをお知りになる統治、ないしはそれによって体現される国体」のことであるとの解釈が存在する(井上毅など)。
  • そうした経緯から「大国主命=国賊」で、退治されて当然の独裁者呼ばわりをする解釈もある。だが、そうした敗者への思慕すなわち判官贔屓や、仏教との融合皇室(大国主命の孫娘と婚姻した神武天皇は彼の縁戚とされる)を始めとして多くの人からの尊崇が強いため、一部の信者を除いては悪人扱いされることはない。敗者を悪として裁く傾向が少ないのも、日本的な特徴といえる。
  • 無論、負けた側からすれば侵略の言い訳&正当化と見られても仕方がない。実際、天照大神の振る舞いは他者のものを私物化する横暴モード全開である。
  • また、大国主命には『国譲り』の前日談として「海を渡るために鰐(現在ではサメと考えられている)をだましたウサギが、その報復を受けて鰐に皮をはがれて泣いているところを大国主命とに助けられた」という神話(『ウサギと鰐』)があり、暴虐な神というよりもむしろ慈悲深い神というイメージのほうが強い。


関連タグ


日本神話 古事記 日本書紀 風土記 神話
 大国主命 天照大御神 ニニギノミコト 建御雷神 出雲大社 戦争 
結城友奈は勇者である 相撲 侵略 紛争 談合

pixivに投稿された作品 pixivで「国譲り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2623

コメント