ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

東方剛欲異聞

とうほうごうよくいぶん

東方剛欲異聞 ~ 水没した沈愁地獄とは、『東方Project』の第17.5弾となる公式作品。黄昏フロンティア制作による弾幕アクションゲームの一つ。
目次 [非表示]

概要

東方Project第17.5弾となる公式作品。正式名称は「東方剛欲異聞 ~ 水没した沈愁地獄」だが、基本的には「剛欲異聞」と略される。フランドール・スカーレットの初プレイアブル化作品


黄昏フロンティアが開発したゲーム作品で、ゲームジャンルは「横画面弾幕水アクション」。従来の弾幕ACT(格ゲー)ではなく横スクロールACTとなっている。ZUN曰く「レトロでストイックなゲーム」であるらしい。


2019年10月6日の第6回博麗神社秋季例大祭の2日前に情報が公開され、同イベントにてβ体験版のダウンロードコードが記載されたDLカードが頒布。翌年の2020年10月18日の第7回博麗神社秋季例大祭に秋例verの体験版が頒布。


当初は2020年11月のリリースを目指していたが制作の都合で一旦リリース時期を未定としていた。翌年の2021年3月21日の第18回博麗神社例大祭で完成品を頒布予定だったが、同月15日に急な頒布中止(無期延期)が発表された。

2021年8月にSteamでリリース予定だったが、調整や審査諸々を踏まえ9月に延期する事となった。だが結局9月中にリリースされず、翌月1日になって無期延期が発表された(その辺りの事情は下記の「備考」にて解説)。


しかし、ついに2021年10月24日の第8回博麗神社秋季例大祭で製品版(手焼き版)が頒布。

その5日後の29日にはSteam版が配信され、同年11月28日開催の第17回東方紅楼夢にてパッケージ版およびサウンドトラックが頒布された。


更に、2022年5月2日の東方ステーション内にて、インディーズゲームパブリッシャーであるPhoenixxからSwitch版の配信が発表された。同年10/20にSwitch版が発売。PC版およびSteam版も順次対応するとのことである。


ストーリー

地上に黒い水が吹き出していた。 その水は異臭を放ち、身体に付くと簡単には落とせなかった。 とても生活用水として使える代物では無かった。


その湧き出る黒い水を凶と見るもの、吉と見るもの、 神聖なものと見るもの、邪悪なものと見るもの、 天災と見るもの、経済的暁光だと見るもの、 様々な憶測が飛び交い、一部ではお祭り騒ぎにもなった。


しかしある出来事を境に、浮かれていたものの背筋を凍らせる事となる。 飲料用の湧き水に、美しい清流に、憩いの場である温泉に…… 黒い水は場所を選ばず、湧き出し始めたのである


(黄昏フロンティアホームページ 東方剛欲異聞 公式ページより引用)


登場キャラクター

プレイヤーキャラクター

剛欲異聞の霊夢rkgk

剛欲まりちゃん

神さびた古戦場

㊗剛欲異聞参戦

今夜はおだいじ~ん

剛欲異聞フランちゃん!

饕餮尤魔

*饕餮尤魔はNintendo Switch版及びアップデート版で追加プレイヤーになった。


ボスキャラクター

剛欲異聞小傘ちゃん

Yuugi

多脚ヤマメさん

剛欲異聞霊烏路空

庭渡さま

甘ったれるな


楽曲

ZUN氏作曲のみ紹介。

曲名備考
強欲な獣のメメント饕餮尤魔のテーマ1
有機体全てのメメント ~ Memory of Fossil Energy饕餮尤魔のテーマ2

備考

◆制作の遅延と発売延期

既に述べた通り、本作は何度も発売を延期する程の難産体質である。


海原海豚によると、体調不良と環境の変化により開発に遅延が生じたのが主な原因。加えて開発が済んでいた部分に構造的な問題が発覚して大幅修正が必要となった結果、制作スケジュールがずれ込んでしまったとのこと。

今作も発売後のアップデートを前提とした作りであるらしく、初頒布が極少数の持ち込み(手焼き)分のみだった事からも制作の難航が窺える。



◆リリース前情報

東方我楽多叢誌」掲載の海原海豚インタビューによれば、本作は『東方憑依華』完成後から企画が練られはじめた。また本作が上海アリス幻樂団との共作にして従来の弾幕アクションのような「 格闘ゲーム 」と異なるゲーム性であることについては「 ストーリーモードでのバトルに集中した、じっくり一人で遊ぶ物をやろう、と必要な部分に特化していった 」ためであるともしている。


海原は、2018年のZUNとの対談(『東方外來韋編』2018 spring!掲載)において、『憑依華』制作を終えて次回の上海アリス幻樂団との共作作品はどのようなものにするかという問いについて「 やるとしたら次はまた別のゲームにしたい 」と新しい可能性の開拓への意欲を語っており、実際に『憑依華』に続く『剛欲異聞』ではこれまでの弾幕アクションとはまた異なる作品となっている。


対戦ゲームに慣れたプレイヤーの方には意外に思う作品かもしれませんが、 これもまた東方だねと納得していただけるような作品にしていけるよう、頑張リます。

(海原、「我楽多叢誌」インタビュー、2019年10月11日付頁)


◆登場キャラクターの共通点

地底が舞台である為か、今作に登場する既存のキャラクターには「地底」や「地獄」と縁のある者が多い。またいずれのキャラクターも、「水を始めとした液体」との関連性を見出すことができる。

博麗霊夢:酒(神事や宴会)

霧雨魔理沙五行において水属性に該当

多々良小傘:雨、傘の妖怪

黒谷ヤマメ:汚水や毒を生む、地底(旧地獄)の住人

星熊勇儀:温泉街の元締め、地底(旧地獄)の住人

八坂神奈子:風雨の神、東方地霊殿の異変の元凶

村紗水蜜:舟幽霊、地底(旧地獄)に封印されていた

霊烏路空:水素(核融合の主な源)、地底(旧地獄)の住人

庭渡久侘歌:ニワタリ神(治水や川渡を担う)、地獄などの異界の関所務め

依神姉妹:石油王

フランドール・スカーレット:吸血鬼、流水が弱点

摩多羅隠岐奈:柄杓(北斗七星の喩えの一つ)


関連タグ

東方Project

黄昏フロンティア 上海アリス幻樂団


東方鬼形獣→本作→東方虹龍洞 (東方Project全般での発表作品順。発売順では鬼形獣→虹龍洞→剛欲異聞。)

東方憑依華→本作 (黄昏フロンティアとの共作の発表順)


外部リンク

黄昏フロンティア公式ホームページ

関連記事

親記事

東方Project とうほうぷろじぇくと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3163095

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました