ピクシブ百科事典

孫文

そんぶん

孫文は、中国大陸の革命家および政治家であり、中華民国臨時大総統などを歴任した。また、中国国民党を設立した。
目次[非表示]

この人物は中国においてはその号をとり孫中山(Sūn Zhōngshān)と呼ばれることが多く、海外においてはSun Yat-sen(孫逸仙)として知られる。
 革命家としてはに対する革命の資金を諸外国から集めたことがあげられる。
 この人物は実際には中国の革命運動における具体的な実績はそれほどなく、中国国内よりも外国での活動のほうが長いものの、対外的に有名であるため中国における革命のシンボルとして扱われている節がある。

生い立ち等

 広東省の農家に同治5年(1866年)に生まれ、その後光緒3年(1878年)にハワイに移住するも、親族が海外思想にかぶれることを気にして帰国させられる。その後、香港医学を学び、マカオで開業する。

革命家への道

 しかし清仏戦争(ベトナム領有を巡るフランスとの間の戦争、フランスは勝利したものの、損害大きく植民地の獲得にブレーキがかかった)を契機として政治に興味を持ち、再びハワイにわたり興中会(清朝打倒を目指す革命団体)を設立し、光緒20年(1895年)広州で反乱を起こそうとするも失敗し、日本亡命。この時日本の政治団体の人物などと知り合いになった。
 また光緒24年(1899年)からその翌年に義和団の乱(義和団を称する秘密結社による排外運動に西太后が乗っかる形で列強諸国に宣戦布告したものの、あっさり敗北し、多額の賠償金を課せられた)のさい、恵州で反乱をもくろむも失敗している。
 その後、アメリカ経由でイギリスにわたるも清の公使館に抑留されたりしている(この件に関しては1904年に倫敦被難記としてまとめている、また、同年にはアメリカ国籍を取得)。
 革命の資金を各国にて集めていたらしい(ただこの際所有すらしていない国家財産を抵当にして外国からの借款に頼ろうとしたりしていたらしい)。
 また、日露戦争勝利後の日本に行き、日本亡命時代のコネを生かして中国革命同盟会(後の中国同盟会、清朝打倒を目指す革命運動の指導的役割を担った団体)を設立する。
 宣統2年(1910年)に武昌起義が発生、これは辛亥革命(宣統3年より民国元年にかけ発生した革命、これにより中華民国が成立)につながり、そのさなか彼は中国に帰国、中華民国臨時大総統に就任。

革命は続く

 国民党(中国同盟会を母体として宋教仁らが作成した政党中国国民党とは別)は中国国内での選挙により第一党となったものの、宣統帝と入れ替わりに実力者となった袁世凱(1859-1916,軍人政治家、北洋軍閥の総帥、のちに皇帝を自称する)の弾圧により活動が妨げられたため、引き続き第二革命が発生するも孫文は日本に再度亡命することになる。孫文は中華革命党(彼の支持者を集めて作られた政党)を成立させ対抗、袁世凱が皇帝の座に就くと、第三革命が発生した。
 袁世凱の死後、彼は広州の軍閥の力を借りて対抗しようとするものの、失策や裏切りもあり失敗し、上海に逃れる。
 ロシア革命第一次世界大戦の講和会議により日本が中国本土の権益を得ると、中国では反日愛国運動が発生(五四運動)するようになった。
 それに伴い、かれもまた「維新による自力革命」から「連ソ容共・労農扶助」へと舵を切ったとされ、ボリシェヴィキを参考に自らの政党を中国国民党と改め、政党の軍隊である国民革命軍などを設立。
 さらに中国共産党との連立を深め、国共合作を深めることとなった(この路線は蒋介石などにより、死後覆されることとなる)。
 なお、中国の革命が成立したのは彼の死後、1927年のことであった。

死亡とその後

 革命のさなかである1925年にガンにより北京にて死亡。世辞は革命尚未成功、同志仍須努力。死後、南京中山陵に葬られる。

そのほか

  • 彼の主張を単なる冗談・大言壮語ととらえ、孫大砲と呼ぶ者もいたとされる。
  • 彼は非常に短気で激昂しやすい性格であったと伝わっている。
  • 彼は3回結婚している。一度目は盧慕貞と(男子あり)、二度目は日本人大月薫(女子あり)と、三度目は宋慶齢(なお妹は蒋介石婦人)と結婚しており、一度目と二度目は重婚ではないかといわれている。また、愛人も存在したとされる。
  • 中国国民党においては現在においても「党総理」であるとされる。
  • 中華民国においては国父と呼ばれ、中華人民共和国でも「近代革命先行者」として近年「国父」と呼ばれることがある。
  • 革命家としては芯がぶれている点があり、短絡的で主義主張に反する手法にでることがあった(逆にこれが彼の柔軟さのあかしであるとの反論も存在する)。
  • また外国への病的な依存体質があったのではないかという指摘も存在する。
  • 実際に政治を行う機会は少なかったため政治家としての手腕はよくわからないが、おそらく独裁により崩壊していたのではないかと編集者は考える。
  • 台湾などにおいて二次創作鉄拳無敵孫中山(彼をはじめとして中国近現代の歴史上の人物を武闘家として武侠漫画や武侠小説に仕立て上げたという、神をも恐れぬ行為!)が存在している。
  • 南方熊楠とも親しかったことで知られる。

関連項目

中国 中華民国 中国国民党
政治家 革命家 蒋介石 犬養毅

参照

wikipedia同項目およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「孫文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5867

コメント