ピクシブ百科事典

宣統帝

せんとうてい

清朝第十二代の皇帝で清朝と中華文明での最期の正統な皇帝。

概要

清朝第十二代の皇帝で清朝と中華文明での最期の正統な皇帝。
元号〈宣統〉の皇帝なので宣統帝と称される。
名前は愛新覚羅溥儀西太后の指名で1908年に3歳で即位する。
しかし3年後辛亥革命が起こり、事実上の退位状態となったが、1924年の民国軍のクーデターで追われるまで紫禁城内の体制は清朝のまま(溥儀は皇帝のまま)の生活をした。
その後は「溥儀」項目を参照。

コメント