ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
王異(真・三國無双)
8
『真・三國無双』シリーズのキャラクター。

概要

プロフィール

登場ナンバリング『6猛将伝』〜
勢力
所属軍曹操軍
CV桑島法子
武器筆架叉(6猛将伝〜7猛将伝)、峨嵋刺(7Empires)
一人称
呼び方あなた、〇〇殿、馬超→お前、貴様、西涼の死神

漢中地方の豪族、王氏の娘。一族を西涼地方の軍閥に滅ぼされたため、西涼の有力武将である馬超への復讐を誓う。その実現のため、馬超と敵対する魏の参謀となった。


人物像

容姿

ウェーブのある髪を片側に垂らしているショートカットの髪型。唇が厚めで、グロスを塗ったかのような光沢があり、きりりとした凛々しい大人の女性でありながらも、エロティックな印象がある。物語はシリアス系の人物なのだが、“妖花”の二つ名が示す通り勇ましくも色気も結構多いという女武将である。

衣装

星彩などと同じく立派な鎧を身につけた重装備の女武将の1人。

『6猛将伝』銀色のの鎧をしっかりと身につけており、左右に伸びている青いマントを着用。重装備だが、谷間をだしていたり、左耳に雫状のピヤスをつけていたりと女性らしい部分も押し出されている。2Pカラーは黄金色の鎧。


『7』前作よりも魏カラーである青色が基調になり、流れるような服装になった。前作よりも女性らしさがでており、左耳のピヤスもデザインは変わっているが健在。


『8』

『6猛将伝』特別衣装は貴婦人のような印象。鎧姿のスカートは前掛け程度しかなく、太腿が大胆に露出。

『6猛将伝』の童話衣装では物語「雪の女王」の雪の女王の服装。胸元は隠されたが、肩が露出。ドレスを着ているもののその下は鎧で覆われている。

『7』職業衣装ではガーマンの服装。色の基調は黒で胸が大胆に露出。


性格

自身の一族を滅ぼした馬超に対して異常に執着心を燃やしており、その感覚は「恋にも似た気分」と言うほどになっている。馬超を殺すために魏に加入したため、他のものとは距離をとっている。

一言で言うと「ヤンデレ」。

細身の体から想像も出来ない極度の酒豪で、司馬懿から「城中の酒を空にする気か」と呆れさせたほど。

活躍

史実通りの武勇と知略を持ち合わせた女傑で、その才能は蜀の天才軍師である諸葛亮すらをも戦慄させるほど。馬超に対しての執念はあるものの戦闘においては冷静沈着。


バトルスタイル

『6猛将伝』〜『7猛将伝』筆架叉を使用。素早く、スタイリッシュな攻撃が多い。

『7Empires』峨嵋刺を使用。攻撃スピードがかなり速い。敵の後ろに回って首を掻き切る、目にも留まらぬ速さで敵を刺す、など暗殺を意識した攻撃が多い。

固有モーションでは主に敵1人に対しての攻撃が多い。特に7猛将伝までの空中無双乱舞では敵に急落下し、「いい気持ち…」と快楽を味わいながらその敵を思いっきりぶっ刺すというなかなかえぐい乱舞だった(ちなみに6Empiresまではこの乱舞を喰らった敵将はかなりの悲鳴をあげる)

7Empiresでの無双乱舞2に置いては敵将の腹を刺して動きを封じ、その敵将の首を掻き切るというさらにえぐいモーションが登場。

馬超に使った人は多い…だろう


シリーズでの動向

『6猛将伝』初登場。OPでは馬超、馬岱の二人相手に互角に渡り合う。個人の推奨ステージ「西平関の戦い」では馬超らを撃退し、勝利を収める。


『7』ストーリーモードでの出番はまあまあ多い。潼関の戦いで馬超と会えたことに喜びを隠せずにいた。また、呉のIFストーリーでは偽の書簡で呉と蜀の同盟関係を崩そうと暗躍。結果的には陸遜に見破られたもののその後の戦闘で陸遜らを苦しめるなど活躍。


『8』曹丕IFシナリオでは一族の仇を討つという宿願を果たし、曹魏の覇道を切り開く姿が見られる。


『真・三國無双(スマートフォン版)』サービス開始初期からの実装。

曹操・郭嘉と共に開幕のガチャピックアップの座を獲得した。DLC武器が実装されているのでこちらでは峨嵋刺のみ使用可能。

登場する将星の記憶はR「深淵の花園」、SSR「秘めた想い」。

ストーリーモードでは魏7章「三国鼎立へ・魏」の中盤、潼関の戦いから登場。離間の計を成功させるための陽動役として満身創痍になりながら戦うも、その傷の深さからプレイヤーと荀彧より撤退を進言され戦場を離脱。後の魏8章「三国鳴動・魏」では李典と共にメインに抜擢、主に後半戦となる漢中の戦いで行動を共にする。

かつて潼関の戦いにて自分に言葉をかけてくれたプレイヤーに少なからず恩義を感じているものの、馬超に奪われた大切な家族とプレイヤーを重ねてしまい「次に大切なものを失った時、どうしたらいいか分からない」として付き合いをやんわり拒否してくる。

その後漢中の戦いにて父・夏侯淵を失った夏侯覇に対しては、潼関の戦いにて荀彧たちから言われた「生きていれば復讐は叶う」という助言をするなど多少は冷静になっている様子。

「冷静でない時の自分はあんな感じなのね」と復讐で向こう見ずになる夏侯覇と自分を重ねたりしつつ、場をまとめ冷静さを取り戻させるよう尽力する。

漢中終了後、李典の一件を聞いたらしく夜中にプレイヤーの部屋へ酒器を片手に訪れる。「(プレイヤーに)会うのに素面ではいられなかった」としながらも、「これ(酒)が必要だと思って」とプレイヤーを慮っており、プレイヤーの精神的状況の深刻さから「今夜ばかりは一人にさせたくない」と夜の時間を一緒に過ごしてくれる。


余談

誰が呼んだか、戦闘のスタイリッシュさから「無双のライトニング」なんて呼ばれ方もされている。


馬超を一族の仇とする設定は三國無双オリジナルの設定。

史実で王異とその夫の趙昂は計略により馬超の妻・楊氏を含む馬超の一族をことごとく捕らえて処刑した。これにより馬超は残された一族のほとんどを失い漢中郡に追いやられている。

関連タグ

真・三國無双シリーズ

概要

プロフィール

登場ナンバリング『6猛将伝』〜
勢力
所属軍曹操軍
CV桑島法子
武器筆架叉(6猛将伝〜7猛将伝)、峨嵋刺(7Empires)
一人称
呼び方あなた、〇〇殿、馬超→お前、貴様、西涼の死神

漢中地方の豪族、王氏の娘。一族を西涼地方の軍閥に滅ぼされたため、西涼の有力武将である馬超への復讐を誓う。その実現のため、馬超と敵対する魏の参謀となった。


人物像

容姿

ウェーブのある髪を片側に垂らしているショートカットの髪型。唇が厚めで、グロスを塗ったかのような光沢があり、きりりとした凛々しい大人の女性でありながらも、エロティックな印象がある。物語はシリアス系の人物なのだが、“妖花”の二つ名が示す通り勇ましくも色気も結構多いという女武将である。

衣装

星彩などと同じく立派な鎧を身につけた重装備の女武将の1人。

『6猛将伝』銀色のの鎧をしっかりと身につけており、左右に伸びている青いマントを着用。重装備だが、谷間をだしていたり、左耳に雫状のピヤスをつけていたりと女性らしい部分も押し出されている。2Pカラーは黄金色の鎧。


『7』前作よりも魏カラーである青色が基調になり、流れるような服装になった。前作よりも女性らしさがでており、左耳のピヤスもデザインは変わっているが健在。


『8』

『6猛将伝』特別衣装は貴婦人のような印象。鎧姿のスカートは前掛け程度しかなく、太腿が大胆に露出。

『6猛将伝』の童話衣装では物語「雪の女王」の雪の女王の服装。胸元は隠されたが、肩が露出。ドレスを着ているもののその下は鎧で覆われている。

『7』職業衣装ではガーマンの服装。色の基調は黒で胸が大胆に露出。


性格

自身の一族を滅ぼした馬超に対して異常に執着心を燃やしており、その感覚は「恋にも似た気分」と言うほどになっている。馬超を殺すために魏に加入したため、他のものとは距離をとっている。

一言で言うと「ヤンデレ」。

細身の体から想像も出来ない極度の酒豪で、司馬懿から「城中の酒を空にする気か」と呆れさせたほど。

活躍

史実通りの武勇と知略を持ち合わせた女傑で、その才能は蜀の天才軍師である諸葛亮すらをも戦慄させるほど。馬超に対しての執念はあるものの戦闘においては冷静沈着。


バトルスタイル

『6猛将伝』〜『7猛将伝』筆架叉を使用。素早く、スタイリッシュな攻撃が多い。

『7Empires』峨嵋刺を使用。攻撃スピードがかなり速い。敵の後ろに回って首を掻き切る、目にも留まらぬ速さで敵を刺す、など暗殺を意識した攻撃が多い。

固有モーションでは主に敵1人に対しての攻撃が多い。特に7猛将伝までの空中無双乱舞では敵に急落下し、「いい気持ち…」と快楽を味わいながらその敵を思いっきりぶっ刺すというなかなかえぐい乱舞だった(ちなみに6Empiresまではこの乱舞を喰らった敵将はかなりの悲鳴をあげる)

7Empiresでの無双乱舞2に置いては敵将の腹を刺して動きを封じ、その敵将の首を掻き切るというさらにえぐいモーションが登場。

馬超に使った人は多い…だろう


シリーズでの動向

『6猛将伝』初登場。OPでは馬超、馬岱の二人相手に互角に渡り合う。個人の推奨ステージ「西平関の戦い」では馬超らを撃退し、勝利を収める。


『7』ストーリーモードでの出番はまあまあ多い。潼関の戦いで馬超と会えたことに喜びを隠せずにいた。また、呉のIFストーリーでは偽の書簡で呉と蜀の同盟関係を崩そうと暗躍。結果的には陸遜に見破られたもののその後の戦闘で陸遜らを苦しめるなど活躍。


『8』曹丕IFシナリオでは一族の仇を討つという宿願を果たし、曹魏の覇道を切り開く姿が見られる。


『真・三國無双(スマートフォン版)』サービス開始初期からの実装。

曹操・郭嘉と共に開幕のガチャピックアップの座を獲得した。DLC武器が実装されているのでこちらでは峨嵋刺のみ使用可能。

登場する将星の記憶はR「深淵の花園」、SSR「秘めた想い」。

ストーリーモードでは魏7章「三国鼎立へ・魏」の中盤、潼関の戦いから登場。離間の計を成功させるための陽動役として満身創痍になりながら戦うも、その傷の深さからプレイヤーと荀彧より撤退を進言され戦場を離脱。後の魏8章「三国鳴動・魏」では李典と共にメインに抜擢、主に後半戦となる漢中の戦いで行動を共にする。

かつて潼関の戦いにて自分に言葉をかけてくれたプレイヤーに少なからず恩義を感じているものの、馬超に奪われた大切な家族とプレイヤーを重ねてしまい「次に大切なものを失った時、どうしたらいいか分からない」として付き合いをやんわり拒否してくる。

その後漢中の戦いにて父・夏侯淵を失った夏侯覇に対しては、潼関の戦いにて荀彧たちから言われた「生きていれば復讐は叶う」という助言をするなど多少は冷静になっている様子。

「冷静でない時の自分はあんな感じなのね」と復讐で向こう見ずになる夏侯覇と自分を重ねたりしつつ、場をまとめ冷静さを取り戻させるよう尽力する。

漢中終了後、李典の一件を聞いたらしく夜中にプレイヤーの部屋へ酒器を片手に訪れる。「(プレイヤーに)会うのに素面ではいられなかった」としながらも、「これ(酒)が必要だと思って」とプレイヤーを慮っており、プレイヤーの精神的状況の深刻さから「今夜ばかりは一人にさせたくない」と夜の時間を一緒に過ごしてくれる。


余談

誰が呼んだか、戦闘のスタイリッシュさから「無双のライトニング」なんて呼ばれ方もされている。


馬超を一族の仇とする設定は三國無双オリジナルの設定。

史実で王異とその夫の趙昂は計略により馬超の妻・楊氏を含む馬超の一族をことごとく捕らえて処刑した。これにより馬超は残された一族のほとんどを失い漢中郡に追いやられている。

関連タグ

真・三國無双シリーズ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー