ピクシブ百科事典

本部以蔵

もとべいぞう

バキシリーズに登場する柔術家。
目次[非表示]

「刃牙も……独歩も……渋川先輩も… 否――― 勇次郎でさえも――俺が守護らねばならぬ」

概要

CV:小室正幸

 人呼んで解説王公園最強の生物。
 グラップラー刃牙の序盤から登場する実践型柔術「本部流柔術」の師範。伸ばし放題のザンバラ髪とひげが特徴的な中年男性。
 かつて(物語開始から8年前、刃牙が7歳だった頃)範馬勇次郎敗北したことから、修練を重ねて再戦に挑もうとする。
 その後は戦績は振るわなかったのだが、解説役として活躍。特に愚地独歩VS天内悠戦の流れるような解説は、ただの解説に過ぎないのに物凄い強者オーラが出ていて必見。アニメ版では他のキャラが行っていた解説を彼が解説したりネタキャラ扱いが甚だしく、最凶死刑囚編以降は出番がなかったが、第3部「範馬刃牙」終盤での刃牙と勇次郎との対決に感化され、第4部「刃牙道」ではにこもって修行をしていることが徳川光成の口から語られた。
 プロレスラー花田純一や、最強自衛官ガイアは弟子にあたる。

能力

 勇次郎にはアッサリ2度目の敗北を期し、最大トーナメントにおいては最初期から登場したキャラにもかかわらず1回戦で金竜山に負けるなどあまりいいイメージがないが、愚地独歩に「ヤツに壊された空手家は数知れない」と言わせている通り実力は高い。
 合気道も使えるようだが、後に渋川剛気が登場したためあまり使っている印象は無い。
 しかし本部流柔術の真骨頂は「格闘」ではなく「実戦」であり、一流の暗殺者である柳龍光を完全に手玉に取り、あまつさえ「貴様は武器に頼りすぎている」と言い放ち柳から奪った鎌の一振りで手首を切断するなどの活躍を見せた。
 この際、公園遊具を利用する戦法なども披露され、対勇次郎戦も公園でされていた事から、作中でのパワーバランスのつじつま合わせでどこかのファンが「公園で戦う本部は凄く強い」理論を打ち出したことから公園最強の生物などと言われる事になった。
 ちなみにこのことに対し、作者板垣恵介「本部が強くて何が悪い」とコメントしている。
 早い話が、本作のパワーバランスは(勇次郎以外は)ジャンケンのようなものなのだろう。

 「刃牙道」ではクローン武蔵への対決に挑む烈海王を止めるために立ちはだかり、最終的に敗北(烈が無傷で済まないと判断した郭海皇の介入によりKO)するもかなりの善戦を見せ、愚地克巳(及び読者)を驚愕せしめた。ちなみに両者とも素手であり、公園ではなく道場で戦っている。
 刃牙に対しては「君は120点の実力で自分は甘く見積もっても80点に満たないが、武器術等も含めれば300点は下らない」と言って挑発。刃牙が襲うも煙幕を使って背後をとり、首筋にを当てて実質の勝利。「勇次郎も含めて現代格闘士はこの流儀(武器等何でもあり)に慣れておらず、自分だけが精通している」と言い放つ。上記の公園最強の生物理論があながち間違いでないことを証明した。
 勇次郎も現代の格闘(例えそれが地下闘技場であっても)では本部の戦いは実戦的過ぎて日の目が当たらないだけと高く評価している。実際、武蔵戦を認めた徳川翁に対し不満をあらわにしたジャック・ハンマー相手にも公園で持ち回り、本来ならば格上であるはずのジャックの動きを封じ、勝ち星を取っている。

関連項目

柔道 格闘家 範馬刃牙 加藤清澄 公園 噛ませ犬

pixivに投稿された作品 pixivで「本部以蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 382674

コメント