ピクシブ百科事典

天内悠

あまないゆう

『グラップラー刃牙』に登場する格闘家。
目次[非表示]

概要

 『グラップラー刃牙最大トーナメント編で登場した格闘家
 身長188㎝、体重89㎏。かなりの優男で、愚地独歩からは「オカマヤロー」と陰口を叩かれていた。
 珍しく勇次郎が推薦した格闘家の一人で、元はアメリカ大統領ボディーガードだった。地下トーナメントに勝手に表れた勇次郎が、自分が出れないのならという極めて身勝手なワガママのために出場を推薦させた。
 礼儀正しく心優しいが、少し狡猾な一面もある。何にせよバキ世界ではかなり珍しい人物と言える。

戦闘スタイル

 を踏み抜くほど脚力に優れており、を曲げたりする準備動作なしにかなりの高度までジャンプをすることが可能。
 また、非常に優れたバランス感覚を有しており、不安定な足場からでも問題なくジャンプしたり、空中で難なく体勢を変える、通常の人間が同じ高さを跳ぶよりも長く滞空する、着地時の衝撃をコントロールする、などと言った芸当もやってのける。
 これらを活かし、高空からの長いリーチを生かした空中殺法を得意とする。
 主な攻撃は頭上からの連続ストンピングであり、相手の身体を足場代わりにすることで、地面に着地することなく空中から一方的に蹴り続け、捕まりそうになると再び高空へジャンプする。

また、地上戦においても侮れない力を持ち、脚力を活かした蹴りはむしろ大地に立った状態では威力が格段に増し、長い手足を活かした関節技も空中殺法に劣らない切り札となっている。

活躍

 1回戦ではシュートレスラー山本稔を一方的にボコボコにし難なく勝利
 2回戦では武神・愚地独歩との一戦になり、得意の空中殺法を封殺されるも関節技で優位に立ち回るが、どれだけ締め上げても一行にダウンしない独歩のタフネスと諦めの悪さに精神面で徐々に追い詰められ、「これ以上戦っても無駄だから降参してくれ」と懇願したことで勇次郎の怒りを買い、客席から上がり込んできた勇次郎のチョップで倒された。
 ちなみに別に死んではいなかった模様。

関連項目

刃牙

pixivに投稿された作品 pixivで「天内悠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4880

コメント