ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:中田雅之


 『グラップラー刃牙最強トーナメントに登場した用心棒バウンサー)。

 身長181cm、体重129kgのふてぶてしい顔の巨漢で、シカゴクラブ警備員をやっている。

 全選手入場で「ルールの無い喧嘩がしたいからバウンサーになった」と称されている通り好戦的な性格であり、後述したタフネスぶりを活かしたバトルを得意としている。試合にはタキシード姿で臨んだ。

常に葉巻を咥えており、試合前にはかなりの量のカクテルを適量と称して飲み干すなど、愛煙家にして酒豪

 一回戦で愚地独歩相手に豪快に殴り合う(独歩曰く「オレの大好きなジョン・ウェイン西部劇映画のよう」)が、フィジカルはともかく技量に差がありすぎたために敗れた。

 その後、他の闘士たちと共に乱入した範馬勇次郎迎撃に向かうがあっさりを砕かれ、金的で倒されてしまった。


アニメ版では天内悠らと共に飛行機でアメリカへと帰国する姿が描かれている。


ファイトスタイル

 リチャードは全くといっていいほど格闘に関してはセンスが無く(加藤清澄曰く「ただのテレフォンパンチ」)、技量はお世辞にも高いとは言えない。

 その真価は鍛え抜かれた筋肉その物にあり、木製バット三本で殴られても逆にバットがへし折れるほどの頑健なを持つ。これにより相手の攻撃に耐え、逆に殴り返すという豪快な戦法を得意とする。そのタフさと来たら、人生で一度も攻撃を避けたことが無く、ヘビー級プロボクサーのパンチすら真っ向から受け絶え凌いだとされている。

 パワーもなかなかのもので、(その拳を避けずに真っ向から受けた)独歩相手に鼻血を出させてふらつかせ、観客席に辿り着くまで一苦労させたことからもその剛力ぶりは窺える。

 他のキャラだと花山薫柴千春に近いタイプといえるだろう。


余談

 モデルとなっているのはプロレスラーディック・ザ・ブルーザー(本名ウィリアム・リチャード・フィルス)。漫画『タイガーマスク』にも登場したことでも有名。元アメフト選手で、電話帳を引き裂くほどの怪力で知られる。ちなみに酒場でガードマンをしていたというのはギミック(プロレスラーとしてのキャラ付けのための設定)である。


関連項目

刃牙 葉巻 タバコ 愛煙家 酒豪

関連記事

親記事

最大トーナメント さいだいとーなめんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1534

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました