ピクシブ百科事典

ローランド・イスタス

かんせつぜったいはずすまん

『グラップラー刃牙』最大トーナメントに出場したレスラー。

「今の師範でわたしが倒せるとでも思っているのですか」

概要

CV:柳沢栄治

 身長189cm、体重112kg。キャッチレスリングの全欧チャンピオン
 師はかつて地下闘技場愚地独歩と鎬を削ったビル・ライレー

 幼い頃より嵌っている物・繋がっている物を見ると外さずにはいられないジョイントアレルギーを持っており、恋人同士の手ですら外して歩くという変わり者だった。
 レスリングを志してからは関節技を極め、遂には師をも超える。やがて人間相手に飽き足らず、アフリカに行って野生のライオンを襲撃して関節技をかけたことすらあった(ライレーが放った凶弾にライオンが即死してしまったため「なんてことを!」と嘆いていたが、見立てによればあと10秒ホールドしていればライオンは昏倒していたらしい)。

 最大トーナメント一回戦で、独歩の養子・愚地克巳とのⅡ世対決を行う。
 開始と同時にタックルを決めて関節を外そうとするも100m10秒台の克巳のスピードに翻弄され、を土台にして放った頭突きを喰らってしまう。直撃した刹那、克己の右腕を取りの関節をプラモデルでも壊すかのように引き離すが、克巳はある方法で一瞬にして回復
 驚く隙も与えられずに克巳の猛攻を受け大ダメージを追い、意識を失いながらも虎王(に酷似したホールド)をかけるも、腕力で押し切られて外され、右目を潰されるほどボコり倒されて敗北した。

 その後範馬勇次郎の迎撃に向かったが、あっさり関節技を返されている。

関連項目

グラップラー刃牙 レスラー
ロジャー・ローハン 山本稔 アレクサンダー・ガーレン

pixivに投稿された作品 pixivで「ローランド・イスタス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1870

コメント