ピクシブ百科事典

アレクサンダー・ガーレン

あれくさんだーがーれん

アレクサンダー・ガーレンとは、『グラップラー刃牙』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:柳沢栄治

グラップラー刃牙』に登場するファイター。
ロシア(連載時にはソビエト連邦ロシア共和国)という「国家」に対して絶対的な忠誠心を持っており「ロシアに服従したい。己がロシアの支配下にあるという証が欲しい」という理由で手に枷を付けるのを大統領に要求する程の愛国者シベリアウラン鉱山永久凍土トラック2000台分の大きさのクレーターをわずか2年で掘り上げた
体格、身体能力共に作中トップクラスであり「只の一度もレスリングの練習をした事が無い」、つまり持って生まれた身体能力だけで世界最強のレスリング選手として君臨している(この辺は同じパワータイプの花山に通じる所がある)。

なお、空想科学読本で知られる柳田理科雄氏によると、彼が採掘していたウラン鉱石はトロッコ1個あたり60t分らしい。

活躍

最大トーナメントにはロシア民族の最強を示す為に徳川光成の主催者推薦として参戦(アニメでは「最後のリザーバー」と呼ばれている)。国辱と称し、烈海王に1回戦負けした同じロシア出身のセルゲイ・タクタロフに控室で鉄拳制裁を加えた。
柴千春を一撃で天井に突き刺しプロボクサーを10mほどぶっ飛ばす怪力花山薫パンチを意に介さず逆に投げ一発で沈め、スペシャルマッチで行われた体長25m以上の巨大アナコンダを相手にレスリングで圧勝。そのままジャック・ハンマーとの怪物対決に突入し、互角の戦いを繰り広げた。
しかし「ロシアの明日のために」戦うガーレンと、「今日の最強のために」戦うジャックとの差がでてしまったのか、途中からドーピングの効果が開放され始めたジャックに完敗。ロシア民族の最強を示す事は叶わなかった。
ジャックとの戦いの最中、左手小指と薬指を噛み切られ欠損。続編でも治療はしていない模様。

最凶死刑囚編でも序盤に登場するが、天井から襲ってきたシコルスキーに倒され、車椅子生活となって療養中(ロシア軍曰く「これは格闘試合ではないのだ! シコルスに(ガーレンが)闘争で勝てるわけがない!」とのことなので正々堂々戦えば善戦くらいは出来たのかもしれない。花山でもスペックに勝ったわけだしね)。今でもトラウマらしい。

関連項目

グラップラー刃牙 レスラー 巨漢 パワーファイター

pixivに投稿された作品 pixivで「アレクサンダー・ガーレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124116

コメント