ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ピース(たばこ)

ぴーす

ピース(Peace)。日本たばこ産業(JT)から製造・販売されている、日本の紙巻き煙草の銘柄の一つ。
目次 [非表示]

解説

日本たばこ産業JT)が製造・販売している日本の紙巻き煙草の銘柄の一つで、1946年の発売から現在に至るまで愛喫されている傑作。

米国産バージニア葉を主体に国産優良葉をブレンドした国産初の本格的バージニアブレンドタイプで、バニラ香料が添加され、ほのかに甘く柔らかな香りと深みのある味わいを持つ。


品名は平和を意味する『PEACE』から。

第二次世界大戦直後の混乱期に発売されこともあり、夢や希望、平和な未来への願いが込められている。


現行のパッケージデザイン(1952年~)は世界的に著名な工業デザイナーでラッキー・ストライクのパッケージも手がけたレイモンド・ローウィ。

彼が1951年に来日し、日本の産業界にデザインへの提言を与えた際に刺激された専売公社総裁が直々に依頼、日本の総理大臣の月給が11万円だった当時に150万円のデザイン料が物議を醸したが(これでもローウィとしては大サービスだった)上品で高級感のあるデザインが人気を呼んで売り上げが激増する大ヒットを記録。

このパッケージのために調合された紺色のベースカラーは「ピース紺」と呼ばれるようになったほど。


10本入り両切りタバコの「ショートピース」が元祖だが、フィルター付きの「ロングピース」の他、様々なバリエーションがあり、2016年6月1日にはピース発売70周年記念商品の「ピース・クラシック」(フィルター付き20本、平型缶入り)が発売された。

「缶ピース」(両切り50本、缶入り)は密閉され風味を長く保てるため、根強い人気がある。この缶をズボンの尻ポケットや鞄のサイドポケットに挿し込むのが流行ったこともあった。


喫味

「ショートピース」、「缶ピース」はタール28mg、ニコチン2.3mgと、現代的な煙草と比べて強いため、煙を肺に吸い込む肺喫煙だとキツイことがある。

口の中の動きだけで優しく煙を取り込んでゆったりと燻らせる口腔喫煙(いわゆる「ふかし」)で味わうと良い。上手く吸うことができれば、甘くまろやかな香りを楽しむことができる。

フィルター付きの「ロングピース」もタール21mg、ニコチン1.9mgあり、口腔喫煙が推奨される。


戦前のPEACE

1920年大正時代の日本で同じく『PEACE』という銘柄の煙草が販売されていた時期がある。

こちらは欧州大戦(第一次世界大戦)の終結後、平和を記念したものと思われる。


有名な愛煙家

ピースは他のタバコと違って特徴のあるバージニアの香りが非常に強いタバコである。故にその味に惚れこんだ有名人も多いという。

実在の人物

内田百閒

三島由紀夫

坂口安吾

柴田錬三郎

山本周五郎

小津安二郎

森繁久弥

久世光彦

丸谷才一(一日95本吸ったという超超ヘビースモーカーで知られる。)

中江真司(ロングピースを愛煙)


フィクション

  • 本部以蔵:(缶ピースを愛用)。
  • 水木:ショートピースを肺喫煙で愛飲するヘビースモーカー。


関連タグ

煙草 JT ピース

健康を害する恐れがあります

関連記事

親記事

紙巻き煙草 かみまきたばこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112602

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました