ピクシブ百科事典

紙巻き煙草

かみまきたばこ

タバコの吸い方の一つ。シガレット(英: cigarette)とも。
目次[非表示]

概要

刻んだタバコの葉を、一度の喫煙で吸う分だけ紙で筒状に巻いたもの。
パイプ煙管などと違い他の喫煙器具が要らず、ライターのような着火する道具さえあれば単体でそのまま喫煙可能なのが最大の特徴である。
その手軽さから最も広く普及している煙草の形式であり、特に日本で単に「たばこ」と言えばこれを指す事が殆ど。

予め紙に巻かれて売られている物が多いが、購入者が自分でタバコの葉を紙で巻く所謂「手巻き煙草」もあり、専用の作成キットが売られている。

構造

収穫後、貯蔵され熟成された様々な種類や産地の葉タバコを刻んでブレンド、専用の紙で巻いて製造される。一つの銘柄につき、平均して40種類前後の葉がブレンドされる。
また、匂いをよくするために他のタバコ同様に香料が加えられることも多く、よく使われる香料にはココアメンソールラム酒バニラ等がある。これらの香料はタバコの葉に直接染みこませたり、フィルターもしくは巻紙に染み込ませたりされる。

現在はフィルターが付いているものが殆どだが、フィルターの付いていないものは「両切りタバコ」と呼ばれる。
両切りタバコはフィルターを介さずに煙を吸うことになるため、フィルター付きタバコと同じように吸うと非常にキツい煙を吸うことになり、口の中に葉タバコの小片や入り込んでしまったりする。
上手く味わうには相応のコツが必要になるが、タバコ本来の味を楽しむことができるとして愛用する人は現在でも少なくない。
また、現在の日本では製造されていないが、厚紙で作られたストロー状の吸口を喫煙時に潰して使う「口付」(カズベック・チューブ)という物もある。

構造上、どうしても吸口やフィルターを中心として捨てる部分が生じてしまうのが困りもの。
外で吸う際はきちんと公共の喫煙スペースを利用するか、携帯灰皿を携行するなどしてマナーを守ろう。
ポイ捨ては絶対にダメ!

歴史

その発祥については諸説あり、1853年のクリミア戦争の際、戦場でパイプを失くした兵士が、その場しのぎに薬包紙で刻みたばこ葉を巻いて吸ったのが始まりだの、1832年のエジプト・トルコ戦争においてシリアのアッコを占領したエジプト軍が輸送中の大量のパイプを敵に取られて兵士達が仕方なく刻みたばこを紙で巻いて吸ったのが始まりだの、実際にはそれ以前から世界各地で紙巻き煙草は吸われていただの、はっきりはしていないが、とにかくクリミア戦争以降に紙巻き煙草がヨーロッパを中心に普及していったことだけは確かである。
19世紀後半にはすでに手工業的に生産されていたが、当時は手作業ということもあり、どちらかといえば高級品として扱われていた。やがて19世紀末に自動巻き上げ機が発明されると大量生産が可能になり、安価な煙草として市場を席捲するようになる。

とはいえ、紙巻き煙草が現在のようにたばこの中で主流となったのはヨーロッパや日本中国では第一次世界大戦後、アメリカでは第二次世界大戦後のことであり、さらに日本と中国を除くアジア諸国の多くでは1980年代からである。
日本では古くよりキセルが用いられ、1920年代になって紙巻き煙草が主流になっていった。

吸い方

火を着けて煙を吸い込む。これだけ。
タバコの葉は比較的低温の火で燃えるほうがしっかりと味が出るため、ゆっくり優しく息を吸い口内のみに煙を入れ、じっくり味わう「ふかし」と言われるやり方が本来の喫煙方法と言われている。
しかし現実には、紙巻き煙草の使用者は一気に吸い込んで肺にまで煙を入れてしまう人(肺喫煙)の方が多い。

銘柄

アメリカンスピリット
ガラム
キャスター
キャビン
ゴールデンバット
わかば
しんせい
マルボロ
メビウスマイルドセブン
セブンスター
ラッキーストライク
ハイライト
チェリー(煙草)
バージニア・スリムバージニア・エス
ラーク
エコー
ピース
ホープ

関連タグ

煙草 タバコ
シガレット
葉巻シガー) 煙管 パイプ 水タバコ
健康を害する恐れがあります

関連記事

親記事

煙草 たばこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紙巻き煙草」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104

コメント