ピクシブ百科事典

キャメル(たばこ)

きゃめる

アメリカでR.J.レイノルズ社、それ以外地域で日本たばこ産業が製造・販売する煙草のブランドである。
目次[非表示]

概要

アメリカR.J.レイノルズ社が製造・販売する煙草のブランドだが、2002年に日本たばこ産業がアメリカ以外での販売権を取得し、製造・販売している。

来歴

1913年、独占企業だったアメリカン・タバコ社が4分割されてR.J.レイノルズ社が発足し、当時トルコ葉オリエント葉)を使った煙草に人気があったため、トルコ葉・バーレー葉バージニア葉をブレンドし、香料で着香した最初のアメリカン・ブレンドの両切り煙草としてキャメルを発売する。
パッケージには「TURKISH & AMERICAN BLEND CIGARETTES」と記され、中近東をイメージしたラクダの絵(モデルはバーナム&ベイリー・サーカスの「オールド・ジョー」)が描かれた。

1921年、「キャメルのためなら1マイルでも歩く」というキャッチフレーズが生まれた。キャメルは売上を伸ばし、ワールド・ブランドへと成長し、米軍支給品にも採用される。

1980年から2000年まで開催された過酷なクロスカントリーラリーキャメルトロフィー」のスポンサーを務めた。

1987年よりF1ロータスベネトンウィリアムズのスポンサーを務めたが、煙草会社への広告規制が厳しくなり1993年をもって撤退した。

2002年、日本たばこ産業がアメリカ以外での販売権を取得。日本国内向けに癖のないブレンドに変更されたが人気が低迷。

2011年5月、東日本大震災で日本たばこ産業の工場も被害を受け、キャメル・ブランドも整理銘柄に入れられ販売終了。

2013年1月より、国外から輸入する形でキャメル・ブランドの日本での販売が再開された。

喫味

R.J.レイノルズ社のオリジナルは、トルコ葉独特の乾いた甘さ、香り(日本では臭いと評された)と着香したバーレー葉の辛さが特徴で、大味で豪快と言われる。

関連タグ

煙草 紙巻き煙草 アメリカ 日本たばこ産業

駱駝(小説家):ペンネームの由来が、吸っていた煙草の銘柄がキャメルだったためにペンネームを駱駝にしたと書いた作品のアニメラジオにゲスト出演時に語った

関連記事

親記事

紙巻き煙草 かみまきたばこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャメル(たばこ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 411

コメント