ピクシブ百科事典

ガイア(バキ)

がいあ

『グラップラー刃牙』に登場する衛生兵・ノムラ(メイン画像右)の人格の一つ。
目次[非表示]

本項目は『グラップラー刃牙 幼年編』のネタバレを含みます

概要

CV:遊佐浩二

 『グラップラー刃牙』に登場する自衛隊最高戦力の5人組の一角。通称「超軍人ガイア」。世界中の軍人から「オーガ」と並ぶビッグネームとされ伝説となっている。

 その正体は衛生兵ノムラの持つもう一人の人格であり、気弱なノムラの表人格とは異なり慇懃無礼残虐サディスト。体格的にはかなり小柄である。(幼年期の刃牙と殆ど変わらない程)
 ノムラが傭兵だった頃にアフリカの内戦で捕らえられ、危うく処刑されかけたことで覚醒した「気配」を察知する能力のおかげで、敵の攻撃を先読みすることができる。主なファイトスタイルは環境利用闘法で、周囲にあるモノや敵の心理を利用し相手を痛めつける。本人は「慈愛に満ちた」とうそぶいている。
 アドレナリンの分泌を操作することができ、10mはあるを飛び越える、刃牙を時速80kmで地面や水面に叩きつけるなど、人間が持っている潜在能力を引き出すことで人外の身体能力を誇る。本人曰く「その気になれば全ての競技の世界記録を塗り替えることだって可能」らしい。
 また肺活量も常人の数倍であり、大声だけで並大抵の相手なら戦闘不能にすることができる。

次期大統領暗殺対策係


 スピンオフ作品『バキ外伝 GaiA』では主人公を務める。

活躍

第1部『グラップラー刃牙』

 花山薫に勝利した範馬刃牙勇次郎の友人・ストライダム少佐の仲介で「日本戦場」に赴くために戦うこととなった。自衛隊最高戦力の5人(ノムラ含む)が刃牙にやられた後に覚醒し、刃牙を環境利用闘法と巧みな話術で追い詰め、仮死状態にまで追いやる。しかし息を吹き返した刃牙に指先で頸動脈を絞められ気絶してしまった。
 刃牙が勇次郎との決戦に向かった際には先に勇次郎に挑戦するも、勝てるわけもなくあっさり返り討ちにされた。

第2部『バキ』

 最凶死刑囚編で再登場。地下闘技場にてシコルスキーを環境利用闘法で追い詰め、逮捕に貢献した。

第3部『範馬刃牙』

 ピクル編で久々に登場。烈海王愚地独歩克己親子、鎬昂昇ジャック・ハンマー渋川剛気寂海王等と共にピクルに挑戦しようとするが、彼だけは木のに偽装してずっと隠れており、前述の7人+勇次郎が米軍基地から引き揚げた際に自分も正体を現し撤収した。

第4部『刃牙道

 まさかの本部流柔術経験者であったことが発覚。勝つためなら如何なる道具・暗器をも利用する戦い方は、確かに本部(in公園)に似ている。

バキ外伝GaiA

ガイアの名を騙る偽者をインタビュー中に惨殺処刑している。
また、就任前のオズマ大統領(※3部で勇次郎と不可侵条約を結んだ大統領)の護衛を務めている。
自衛隊のイラク派遣において一人の犠牲者も出なかった裏には、彼の貢献があったという。

関連項目

軍人 スキンヘッド バンダナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイア(バキ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2456

コメント