ピクシブ百科事典

郭海皇

かくかいおう

郭海皇とは、漫画『グラップラー刃牙』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

齢146を数える中国武術界の頂点。
海王の中の海王であり、全ての海王を統べる「海皇」の称号を持つ。烈海王の師のひとり。普段は車椅子に乗っており、骨に皮がへばりついただけという印象の老人。
息子に郭春成がいる。

人物像

普段の様子とは異なり、いざ戦闘となると俊敏かつ無駄のない戦いをする。なお且つ146年という人間の寿命を超える人生を生きている為か、知識は豊富。
普段は人格者を装っているが、目的の為には手段を選ばない苛烈で冷酷な性格。中国大擂台賽での海王たちの惨敗に憤り選出にあたった武術省の重鎮3人の利き手を切り落としている。たとえ実の息子であっても、敗者に対しては目を向けない。一方で、機嫌が良かったり認めた相手には自身が会得しているレアな技を伝授するところもある。

ピクル編ではマッハ突きを武器にピクルに挑もうとする愚地克己に真マッハ突きを会得するヒントを与えたり、刃牙道では宮本武蔵に挑む烈に対して、修練に付き合ったりもしていた。

戦闘スタイル

長く生きた年月の大半を費やす鍛錬によって会得した、ありとあらゆる中国武術の集大成とも言える『究極の理合』をその身に体現し、完璧に使いこなす神懸かり的な『技』の持ち主。
肉体そのものはそのヨボヨボの見た目通り非常に脆弱であり、腕力・頑強さ共に一般人レベルにすら遠く及ばず、平時では最早普通に立って歩くことも適わない。
しかし、郭の『技』に掛かれば常人を超越した俊敏な動きを実現し、筋肉達磨の巨漢の体が意図も容易く宙を舞い、手刀で人間の手首を鋭い刃物で切ったかのように綺麗にすっぱり切り落とし、ただのパンチがコンクリートの壁を粉砕する威力にもなるなど、恐るべき力を発揮する。
また、岩をも砕く一撃をその身に受けても、威力と衝撃を完全に受け流して無効化し、無傷でケロリとしているなど、守りも鉄壁である。

その極意は究極・極限とも言えるほどのリラックス状態となることで、肉体を軸に周囲の力の流れをコントロールする『消力(シャオリー)』にある。
郭ほどの実力者ともなれば応用の幅は最早魔法の如き変幻自在振りであり、己の体重を完全に消し去って一時的に飛翔することすら可能なレベルとなる。
…しかし、範馬勇次郎には、これに劣らないレベルの『消力』を見ただけで真似されてしまう…。

来歴

若い頃は純粋に『力』を信奉しており、現在とは真逆の武道を歩んでいた。
当時は鋼のように鍛え上げた重厚極まる筋肉の鎧に身を包まれた巨漢であり、その腕力は『亜細亜一』とまで謳われたほどだったという。
『理合』の理論を嘘っぱちと断じて信用せず、そんなものは圧倒的な『力』の前には無意味であるということを証明すべく、多数の武術家を捩じ伏せてきたが、ある時『理合』を実践した本物の武術家に出会い、それまで負け無しだったにも関わらず、完膚なきまでに打ち負かされてしまう。
以降、真なる強さを求めて独自に『理合』の鍛錬を重ね、気の遠くなるような月日の中、己の鋼の肉体が衰えていく絶望に耐えながら、ひたすら研鑽を重ねるという人生を歩み、現在に至る。

関連タグ

グラップラー刃牙 範馬勇次郎

pixivに投稿された作品 pixivで「郭海皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18644

コメント