ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール編集

格闘スタイルボクシング(マホメド・アライ流拳法)


概要編集

生きながらにして「神」と呼ばれる伝説のボクサー。

その強さと生き方から20世紀最高のスポーツマンとして世界的な人気を誇り、猪狩完至との異種格闘技戦で来日した時は国家さえも恐れず己の生き様を貫き通すその姿を、「強さとは我儘を貫く事」を信条とする勇次郎も敬意を表している。

元よりスポーツマンとしてのボクサーで終わるつもりなどなかったアライは、自身のボクシングスタイルをより実践的なものに構築していたのだが、猪狩との対決で彼の寝技に翻弄されかけた経験からボクシングそのものの限界を痛感し、ボクシングの型を超えた全局面闘法「モハメド・アライ流拳法」を創ることを悲願とするようになった。

しかし、ベトナム戦争への兵役拒否での長い投獄生活によるブランクでマホメド・アライ流拳法は未完成に終わり、その夢は息子に託された。


引退後は年齢とブランクによる衰えに加え、それ以上に肉体に深刻な『故障』を抱えてしまっており、当初はパーキンソン病を患っているかのように推測されていたが、実はそのダメージは息子のアライJr.とのスパーリングによって受けたものであった。

それにより格闘家としては終わったと思われていたが、実は再起を諦めていたわけではなかったことが判明。2年近いリハビリとトレーニングにより、1分間だけなら現役時代と同じ動きが出来る程に回復していた(それでも本人曰く「まだ完全ではない」との事)。

ジャック・ハンマー渋川剛気愚地独歩と3連敗を喫していた息子の前に現れ、言葉巧みに挑発してリベンジを果たす。

なお、この時Jr.が挑発に乗った際に見せた満面の笑みは読者の間では非常に有名(メイン画像参照)。



モデルは伝説的ボクサー、モハメド・アリ


余談編集

マホメド・アライの『アライ』は作中での英語表記では『ALAI』となっている。

完全版表紙ではJrの方だが『MOHAMMAD ARAI』になっており、この場合の発音はアラビア語は『モハド・アリ』で、英語では『モハド・アライ』になる。

作中にて、一部のキャラからは『マホメッド』と呼ばれている。

見事にバラバラである。


海外翻訳版では名前が『MOHAMMED ALI』(モハメド・アリ)に変えられている。

ちなみに、原作日本語版ではモハメド・アリはマホメド・アライとは別に存在しており、全くの別人である。

その割には本人と偉業が被っていたりする


関連動画編集

モハメド・アリ(マホメド・アライのモチーフとなった伝説的ボクサー:享年74歳)

※Boxing Hall of Fame 公式YouTubeチャンネル『ElTerribleProduction』より転載



関連タグ編集

刃牙シリーズ グラップラー刃牙 バキ マホメド・アライJr.

愚地独歩:同じく刃牙シリーズに登場する実在の人物がモデルの格闘家。こちらも同じく刃牙シリーズの世界ではモデルとなった大山倍達が別に存在していた。

関連記事

親記事

バキ ばき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429497

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました