ピクシブ百科事典

氷室涼

ひむろりょう

裏サンデー「ケンガンアシュラ」の登場人物。

概要


通称"氷帝"(4巻裏表紙では"王馬を追う者" 表記)
所属企業義伊國屋書店(企業序列19位)
身長181cm
体重82kg
拳願仕合戦績4勝0敗
年齢25歳
誕生日3月17日
好きな映画『カクテル』
CV水中雅章

普段は義伊國屋グループ出資のバーでバーテンダーをしている褐色の美青年。4勝無敗の少ないキャリアながら、すでに強豪闘技者と並び称されるに至り、義伊國屋歴代闘技者最強と見込まれる程の実力を持つ。十鬼蛇王馬桐生刹那と同じく無法地帯の「中」の出身者で、15歳頃「外」に出て今の名前を得た。
截拳道(ジークンドー)の達人であり、直突きを基点とした高速のコンビネーションが最大の強みである。最速と言われるミドル級プロボクサーの平均パンチスピードが秒速10mに対し、氷室涼の直突きによる拳速は驚異の秒速15mに達する。
またその出自ゆえに武器の扱いにも長じており、原作ではヌンチャクでひとかどに闘うところを見ることができる。

女にモテモテであり、口説いたりチョコをもらったりするたびに理人や大久保に妬まれている。また氷室は氷室で積極的で、茂吉・ロビンソンが鬼の形相で守っているはずの妹・エレナの連絡先を難なく手に入れている。そして女の子を呼ぶ時は息を吐くように「ちゃん」付けである。
なお同じく女性にモテる桐生刹那二階堂蓮には同族嫌悪的な反応をしている。特に二階堂とはお互い「男のクセにチャラチャラしやがって(しおって)」と思っている(ちなみに2人ともキザ男の自覚は無い)。大久保曰く「声までナルシスト」(15巻四コマ参照)。

また男に対しても壁を作らないため、交友関係は広い。闘技者同士は友達じゃないが敵でもないよな、という話題になった時「え?俺はダチのつもりだったけど?」と言ってのけて、「恥ずかしいことさらっと言うなお前は」と大久保にツッコまれている。
ただし格下(と思っている)相手に舐められた態度を取られると一瞬で頭に血が上る悪い癖があり、金田と戦う前「ケガはさせません」と言った直後に血が口から滲むほどの一撃を見舞ったり、成島光我が一言舐めた発言をした次の瞬間顔面に思い切りパンチを食らわせていたりする。

拳願絶命トーナメントの闘技者としてエントリーするが、開幕直前の船で金田末吉に出場権をかけた勝負を挑まれる。実績・体躯・形勢などあらゆる面で氷室が明らかに勝ちそうに見えたが、金田の捨て身の受けで動きを読まれた末に腕を折られ、自慢の顔を踏んづけられて敗北、闘技者の座を奪われてしまった。
この敗北が理由で公式・非公式ともにネタキャラと化してしまっている部分が大きい(骨折ネタや、トーナメント非出場による「お前だれだっけ?」ネタ)が、腕の回復した後継作『ケンガンオメガ』では元トーナメント出場者の二階堂蓮があっさり敗北するほどの実力を持つ臥王龍鬼の必殺技を止め動きを制するなど、本来の実力は本物。なお金田戦の敗北は公式な仕合ではなかったため、オメガ登場時の公式戦績では21戦全勝まで連勝記録を伸ばしている。
また単行本収録の外伝では、奇襲のような形で闘技者の座を奪ったことに後ろめたさを感じていた金田に、「俺に勝ったことを誇れ」と本来恨んで当然の相手に励ましの言葉をかけてやるなど、キザな雰囲気に見合うだけの男らしい精神を持っているのも事実である。

その後も金田と共に交遊しており、単行本のおまけ漫画では風呂で背中を流してもらったり、後継作ケンガンオメガでの初登場でも金田と一緒に登場するほどの良好な関係を築いている。
また理人大久保ともよくつるんでいるところが描写されており、串田凛からは4バカと呼ばれている。

これは余談だが、氷室は『中』出身でありながらゼットンのことを知っているが、王馬もVシネマを見ていたことを考えると、一見ゴーストタウンのような『中』にもTV文化がある可能性がある。

関連項目

ケンガンアシュラ 截拳道
4バカ チャラ男

関連記事

親記事

ケンガンアシュラの登場人物一覧 けんがんあしゅらのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「氷室涼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169268

コメント