ピクシブ百科事典

茂吉・ロビンソン

もきちろびんそん

茂吉・ロビンソンとは、裏サンデー連載の漫画『ケンガンアシュラ』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

身長189センチメートル
体重99キログラム
券願試合数48勝0敗
企業獲得資産7088億3490万円
年齢34歳
誕生日2月27日
影響を受けた映画ウォリアーズ、さらば青春の光
不良時代の特技カツ上げ
異名『滅殺する牧師』
CV村瀬克輝


「戦いとは 情報戦だ」

概要

ケンガンアシュラ」で開催された拳願絶命トーナメントにおける、セントリー代表闘技者。
牧師の恰好をしており普段は温和で優しい笑みを浮かべているが、片原烈堂に並ぶシスコンであり、異母妹のエレナ・ロビンソンを溺愛している。
彼女の前では常にさわやかかつ理想的な牧師として振る舞っているが、彼女に近づこうとする男には殺意ムキ出しの聖職者とは思えない表情を(彼女に決して悟られないように)向ける。
孫娘である呉迦楼羅を溺愛する呉恵利央とは、悪い虫は殺せばいいという物騒な考えで意気投合していた。

かつての若かりし頃は不良。修行を押し付ける父に嫌気が差して家出をし、バリツを用いて悪事を働いていたこともあった。
しかし、父の死後その友人である牧師のもとに身を寄せることになり、その時初めて会ったエレナと暮らすうちに「血」の尊さを知り、次第に慈愛溢れる性格に変わっていった。

使用武術

使用する格闘技はバリツ
本作では、多流派の技術を積極的に取り入れる「無遷流」を使う幕末最強の武術家琴浦茂之介(ことうら しげのすけ)が、大英帝国に渡り完成させた武術、という設定。
日本古武術の指関節・柔道の投げ・ボクシングの華麗なフットワークと拳打などを融合させた多彩な動きで敵を翻弄する。
警察官や私立探偵に愛用されたが時代が進むごとに継承者は減っていき、現在では彼が唯一の継承者であると見られている。

活躍

拳願絶命トーナメント1回戦で呉雷庵と対戦。呉一族最強の雷庵をして「こんな流派見たことねぇぞ!?」と驚愕せしめるバリツの流れるような立ち回りで圧倒し、最後は綺麗な背負投げを決め、雷庵の顔面を地面にめり込ませるほどの実力を示した。
しかし雷庵は「外し」を解禁して起き上がり、今度は逆に茂吉を圧倒。茂吉は起死回生に奥義を放つも通じることなくカウンターの拳を受けたあと首を掴まれ、首の骨を折られ、その後もダメ押しと言わんばかりに肉体を叩きつけられてしまう。
当初は殺害されたかと思われたが、闘技者でもある英はじめの処置で一命を取り留める。しかし首に大ダメージを受けたせいか、仕合後数日間人工呼吸器に繋がれたまま昏睡に陥っていた。
トーナメント最終日で遂に目覚め、その後の仕合を他の闘技者と共に見届ける。英曰く、四肢がまだうまく動かせないながらも、治らないような怪我では無いとのことで、トーナメント終了後は闘技者に復帰するため、イギリスに帰国してリハビリに励むことになった。

ケンガンオメガ

2年後に当たる本作ではリハビリを終え、2年ぶりに闘技者として復帰するために来日、煉獄との対抗戦代表候補である理人と仕合を行う。
復帰前にイギリスの裏試合で調整して、負傷した2年前よりも動きのキレが増していたが、黒木玄斎と2年間修行して成長した理人に次第に圧倒されていき、ブランクから全力を出し切る前に巻き返せない状況に追い込まれ、自ら負けを認めて降参する。仕合後は対抗戦の代表候補に選ばれ、3カ月以内に勝負勘を取り戻せたならば正式に選手に選ばれるとの事。

余談

  • モデルは「人間風車」とも言われたイギリス出身のプロレスラー、ビル・ロビンソン。
  • 拳願試合48勝0敗という実績に加え、「外し」を使わない素の状態の呉雷庵を一方的に打ちのめしたという事実からもその実力は本物である。にも関わらず、劇中で死亡者を除けば一番の重傷を負ってほぼ退場状態であったこと、後継作含め原作で勝った仕合が描かれたことがないこと、単行本でのキャラ紹介も本来登場時の6巻ではなく11巻と少々不憫な面が見受けられる。


関連タグ

牧師 シスコン バリツ
ケンガンアシュラ エレナ・ロビンソン

関連記事

親記事

ケンガンアシュラの登場人物一覧 けんがんあしゅらのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「茂吉・ロビンソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12199

コメント