ピクシブ百科事典

概要

CV:千葉繁
呉恵利央とは、『ケンガンアシュラ』のキャラクター。

呉一族当主で、通称「強魔」。または初代「滅堂の牙」。
91歳だが年齢にそぐわぬ圧倒的な強さを誇り、一族を侮辱するものは何者であっても報復する苛烈な人物。現在の武器は仕込み杖
曾孫呉迦楼羅のことを溺愛しており、彼女の周りにの影がチラついただけで錯乱に陥る。というか根っからの親馬鹿らしく子供が生まれた際にはどのような贈り物がいいか雇用主の片原滅堂に相談したり迦楼羅の一件で孫の呉夜叉に泣きついたりしている。孫の夜叉にもいまだに爺馬鹿らしく娘婿の半次郎にはキツイ態度を取った。

滅堂との付き合いは70年以上にも及んでおり、未だに親友同士である。
若かりし頃は非常に傲慢で好戦的な人間であり、滅堂と出会ったのは殺し屋として彼を殺すためであった。しかし、土壇場でも不敵な態度をとり続ける滅堂の器量に興味が沸いたことや、雇い主がヤクザの元締めに制裁を受けて依頼が取り消しになったことで暗殺は取りやめ、以降は滅堂と行動を共にするようになった。
その後は初代「滅堂の牙」として破竹の勢いで戦い続け、滅堂を拳願会の筆頭にのし上げた。
ちなみに結婚して子供をもうけたのは現役の頃であり、その頃からすでに周りが引くほどの親馬鹿っぷりを見せていた。

十鬼蛇王馬のことは「ひ孫に付いた悪い虫」として当初は殺さんばかりに嫌っていたが、拳願絶命トーナメントにおける彼の戦いぶりを見たことや、呉一族で彼を匿っていた間に人となりを知ったことから迦楼羅の婿として認めるようになった。それだけでなく、王馬に呉一族に伝わる格闘術を伝授するなど、個人的にも仲良くなっており、気楽に喧嘩し合える孫とお爺ちゃんのような関係となった模様。

煉獄との対抗試合戦終了後、エドワード・呉率いる征西派との戦いを開始する。

関連タグ

当主 呉迦楼羅 呉夜叉 呉一族

関連記事

親記事

呉一族 くれいちぞく

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呉恵利央」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2856

コメント