ピクシブ百科事典

英はじめ

はなふさはじめ

「ケンガンアシュラ」「ケンガンオメガ」に登場する闘技者、そして医者。
目次[非表示]

概要


通称“解剖魔”
所属企業帝都大学
身長174㎝
体重62㎏
拳願仕合戦績初参戦
年齢秘密♡
誕生日12月1日
尊敬する人物ブラック・ジャックドクター・キリコ
特技あらゆる乗り物の運転
CV石田彰

帝都大学に所属している闘技者。本業はフリーランスの外科医であり、医者としての腕前は一流である。
その正体は政府お抱えの始末人(エージェント)であり、表向きの法律で裁けない悪党を幾人も闇に葬っている。それ以外のことは一切不明であり、拳願絶命トーナメントに出場した動機も謎である。
濁りよどんだ眼と薄ら笑いを崩さないポーカーフェイスが特徴的な優男だが、闘技者に選ばれるだけあって引き締まった筋肉を持っている。

冷酷無慈悲なサイコパスであり、相手を殺すためなら手段も倫理も問わない非情の殺し屋。力及ばず死なせてしまった患者達をアルバムに残しその悲しみと絶望感に酔いしれたり、他の闘技者を生きたまま解剖したがるなど、かなり倒錯した価値観の持ち主である。原作者曰く、「理性で狂気をコントロールしている狂人」とのこと。

人として大切な部分が壊れきっているものの、医師としてはとても真摯であり、患者の精神ケアまで視野に入れた治療を心がける名医である。どんな難手術も成功させて幾多の負傷した闘技者を(身体に対する興味もあるが)助けており、彼が治療に関わって復活しなかった者はほぼいない。はっきり言わずとも闘技者より圧倒的に医者としての活躍の方が大きく、『チート』『ケンガン界のブラック・ジャック』と呼んでもなんら差し支えない。

意外と茶目っ気があり、入浴時に浮き輪を用いたり、小児患者と車いすでレースをしたり、山下一夫と夏休みの小学生のような出で立ちで遊びに出かけたりと枚挙にいとまがない愉快な狂人である。また、後述の戦闘するための自分造りは、ロボットに憧れる少年のそれである。

活躍



ネタバレ注意








トーナメントが開催されてからは医務室で負傷者の治療を行っていたが、本人もトーナメントに出場。
その本当の目的は拳願会ではなく、対戦相手の殺人鬼であり十王通信の闘技者である坂東洋平を殺害することだった。坂東は現在の死刑である絞首刑では殺害できず、このことが世間に知れ渡り過激派の活動を活発化させるのを防ぐために英がトーナメントに出ることになったのだった。

序盤はスピードを用いて坂東の経穴を突いていくものの、効果が見られず、首の経穴を突いたにもかかわらず逆にこちらの指が折れるといった不可解な現象が起きる。
これらから坂東は「常人離れした関節の持ち主」だと暴き、効果が小さい経穴を突く戦法から、骨剣や踵の高圧ガスを用いる隠し武器によって戦う戦法に切り替え再び坂東を圧倒する。
しかし最後は坂東の鳩尾に骨剣を刺すも、頚椎を躱され致命傷を与えられず首を折られて死亡した。









「ふぅ···生き返った」

と思ったら、大学学長・太宰が首をポキと鳴らしながら元に戻すとまさかの生きていた。曰く死んでも復活できるように体を改造していたらしい。なんなんだアンタは。
とは言え、飽くまで無理矢理心肺を稼働させ続ける仕掛けなので、首をもう一捻りされたりなど念入りにとどめを刺されていたら蘇生は不可だった模様。

一方で勝利した坂東は、英が仕込んでいた殺人ウィルスが全身に回っていることに気づく。英の「もはや勝敗などどうでもよいが」という仕合中のセリフが、戦闘狂の本性を表したものではないことに気づきながら坂東は倒れた。

戦闘スタイル

下記の霊枢擒拿術と自身の肉体に施したギミックで戦う、ぶっちゃけ改造人間。拳願仕合は、武器の使用を禁止しているが、仕合前のチェックをすり抜けてバレなければ(要するに暗器を仕合内でバレない範疇での使用なら、仕合後に発覚しても)スルーされる。しかし、人体の(筋トレ的にではなく物理的な)改造で肉体の一部として、会長も容認したために坂東戦では許されたが、恐らくだが次戦以降はチェックも厳しくなり、ギミックの多くはバレれば反則の可能性も高く、また身体をボロボロにするため常人では到底扱えるものではない。しかし大脳視床下部に術式を加えることによって、痛覚を遮断している。これによってあらゆる改造に対しても、また敵からのダメージに対しても英は平然としていられるのである。

しかしそれを除けば、反射神経や動体視力などの基本的な身体能力は並レベルで、複雑な攻撃や精度の高い技術への防御や対応力は闘技者としては難がある。

霊枢擒拿術
中国の古典三大医書のひとつ『黄帝内経』に記されていたとされる、指先を鍼に見立てて人体急所の経絡経穴を突く中国武術。一般人が相手なら、一撃で心臓に致命傷を与えて死にいたらしめることもできる。

ちなみに現実では『黄帝内経』自体はほとんどが失伝しており、この「霊枢擒拿術」も架空の武術であるものの、「擒拿術」自体は実在するれっきとした中国武術である。

骨剣
自身の大腿骨を削りだして作った刀。腕部の筋肉を収縮させて掌を突き破ってせり出させる隠し武器である。ウルヴァリンかアンタ。
一応自身の身体の一部に含まれるため、ルール違反ではない。

踵高圧ガス
踵に仕込んだ高圧ガスによって蹴りとジャンプを瞬時に強化させる。当然使うと踵に穴が開く。
ただの鋭い蹴りにも見えるためか、これも反則を取られていない。

殺人ウィルス
自身の血中に仕込んだ致死力の高いウィルス。血液感染のため感染力自体は低いが、その気になればバイオテロが出来るウィルスも使用できるとのこと。
坂東が感染に気づいたのは仕合終了後であった。

余談だが前日譚である「ケンガンアシュラ0」では、自分への改造案を練る姿はロボットに憧れる少年そのものであり嬉々としてサイボーグ化させ、隠し武器のアイデアを考えているときに「毒物はどうだろう」と言っている。

また公式のトリビア「全闘技者中唯一汗をかく描写が無い」と紹介されているが、その理由が肉体改造によるものなのかについては明らかにされていない。

関連タグ

ケンガンアシュラケンガンオメガ
鎬紅葉…別の漫画の戦えるお医者さん。医療技術も超一級な点で共通

関連記事

親記事

ケンガンアシュラの登場人物一覧 けんがんあしゅらのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「英はじめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77712

コメント