ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「けどよ………オレは許せねえんだ。この世に、俺より強えやつがいるなんてなッ」

概要

西日本出身の20歳。
友人からプロになる事を勧められる程の圧倒的な強さを誇るが、プロの格闘家になるのではなく、ノールールの殺し合いを生き抜く本物の強さを求めている為、キックボクシングに総合格闘技、空手に至っては4回も入門しては指導者や先輩に盾突いて襲いかかってきた相手を全員返り討ちにして追い出されるという道場破りまがいのマネをしている。
「もっと強いやつと闘いたい」という欲求の赴くまま、悪友の浅利孝介の手を借りて拳願会の情報、そして仇敵と付け狙っていた十鬼蛇王馬のような顔を見つけ、山下商事と接触する。

人物

一言で言えば、良くも悪くも田舎ヤンキーそのもの。

両親の不在や祖父との不仲など、家庭の事情が理由で漠然としたイラつきによって物心ついた頃からグレていたが、それらを言い訳にすることはなく心に押し込んでいた。
やがて厄介払いの様に押し込まれた空手道場で修行するうち、自分のイラつきの根本が「無力だった自分への失望」と「圧倒的な暴力への憧れ」だったことを自覚。それからは手に入れた力を元に好き勝手暴れていたが、数年前の荒れ果てていた頃に王馬に出会い、当時のチンピラ仲間ともども完膚無きまでに叩きのめされて以来、"奴を超える"と並々ならぬ執着を見せている。
それゆえ物語序盤は「強さ」「弱さ」に関わることには過剰に反応し、何をしでかすか分からない凶暴さがあった。例えば総合空手の館長に「アンタの空手はクソであります」と凶悪な笑顔で吐いたり、勝手に山下商事に保管されている闘技者の個人データを盗み見たり、病室のTVを何度も地面に叩きつけたりして部屋を破壊しまくって飛び出したりと、これでもかという大暴れっぷりを見せている。当然舐められることも大嫌いで、挑発されるとどんな無理難題でも受けてしまいがちであった。

しかし拳願仕合の世界に入ってからは自分の弱さを受け入れるということができており、前作主人公の王馬同様の成長を見せている。
また基本的には一本気で世話になった人物への義理や礼節は弁える他、嫌っている相手でも恩を受ければちゃんと礼は言う、他人の面倒を見たり細かい気遣いもできるなど、憎めない面も多い。
持ち前の格闘センスと、とにかくひたむきに努力する様は、並み居る闘技者たち(あの呉雷庵すら含む)からも目をかけられているほどである。

なお第0話で「ノールールの殺し合いを生き抜く本物の強さ」を求めていると吹いているが、これはあくまで強さのレベルの喩えであり、実際に人を殺すということについては人並みに嫌悪している。事実、龍鬼の人殺しの現場を見てしまった時は涙を流して怒ったり、深く落ち込んでいたりと情緒不安定な様子を見せていた。

同じ先輩や年上でも、相手によって言葉遣いや呼び方が結構明確に分かれているのも、彼を見る面白さの一つである(例えば同じ超日プロレスの先輩でも、「関林さん」「春男くん」「ホセ(呼び捨て)」と呼び方が全く異なる。また氷室涼は会話の流れで"さん"が付きそうになってもやめるほど呼び捨てにこだわりを見せている)。

戦闘スタイル

空手を中心にこれまで習ってきた様々な武術を本人なりに組み合わせた打撃主体の戦法を取る。各地の道場を荒らし回っていただけあって、格闘技のセンスは並み居る拳願会の闘技者たちから高く評価されている。

特に観察眼と格闘技の知識は山下に負けない物を持っているようで、徳尾徳道(二徳)のバックボーン武術がサンボであることをすぐに見抜き、今井コスモからも呆れ半分に感心されるレベルである。

本編

以下ネタバレ注意



友人からの情報を元に山下商事を訪れて山下一夫に出会う。最初は覇気を感じない彼を見て強気に「俺を拳願仕合に出せ」と語り、あっさりとOKされた上で見学として仕合を観に行くが、表で名のしれた格闘家を2撃でダウンさせる今井コスモの強さに驚愕。
山下に、表なら十分過ぎる素質を認められた上で「拳願仕合では通用しない」と諦めるように進言されるが、本記事冒頭のセリフを聞いた山下は死んだ王馬の面影を光我に見出し、光我は闘技者見習いとして山下家に居候、山下商事で働きながら修行することとなった。

後日、山下商事を訪ねてきた臥王龍鬼を見て王馬と間違えて闘うが全く勝負にならず、自分より先に拳願仕合に出場が決定する。しかも龍鬼も山下家に居候することになった上、闘技者に成ってみせると宣告する自身に「やめといたほうがいいよ。君、弱いし」と言われたことにスイッチが入り、仕合の対戦相手である打吹黒狼を倒して自分が仕合に出ようとする。体格の明らかに違う黒狼に対して善戦し、また武器や不意打ちを使わない正々堂々ぶりを黒狼からも評価されるものの、彼の必殺技「スティンガー」によって敢え無く敗北。
頭蓋骨に穴が開く重傷を負ったにも関わらず病院から無理矢理退院し仕合を観戦。二人の戦いを間近にしたことで自分と龍鬼との実力差を実感。力不足を改めて認めた。

その後光我は関林ジュン蔵地駆吾アダム・ダッドリー今井コスモ暮石光世といった人物たちの下修行に励んでいく。また『求道の拳』のキャラクターである成島丈二は親戚で(光我の父親のはとこ)、本作でも光我は彼のフルコンタクト空手の道場でしごかれている。光我は丈二の紹介で六真会館に入門したにも関わらず喧嘩で破門された(支部長と数人の弟子がシメようとしてきたのを返り討ちで半殺しにした)ことで会わせる顔がないと思っていたが、当人は破門こそ気にしなかったが黒狼戦後に病院で暴れた事は咎めていた。

順調に実力を伸ばし正式に闘技者にも合格した光我だったが、山下社長と共に『蟲』の襲撃を受けた事で全身数十箇所をナイフで刺され瀕死の重傷を負ってしまう。加えて実力は雷庵や王馬らに代表闘技者レベルにないと言われ、『煉獄』との交流戦選考からは完全にはずれてしまうも、交流戦を観戦席で見て遥か格上の戦いを目の当たりにした事でいつか必ず追いついてみせると決意を新たにする。
第3戦のユリウスvsムドー戦以降では、下に降りて山下や代表選手たちと同じ席で観戦している。

余談

ケンガンオメガ
プレゼントしたイラスト【龍鬼と光我】


二次創作では、作中も一緒にいてショッピングなどにつきあっている臥王龍鬼との絡みで描かれることが多い。

関連項目

ケンガンオメガ 臥王龍鬼

関連記事

親記事

ケンガンオメガ けんがんおめが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「成島光我」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4434

コメント