ピクシブ百科事典

金田末吉

かねだすえきち

金田末吉とは、裏サンデー連載の漫画『ケンガンアシュラ』の登場人物である。
目次[非表示]

『「弱者」が「最強」目指して何が悪いんだよ!!??』

プロフィール

所属企業義伊國屋書店(企業序列 19位)
身長170センチメートル
体重73キログラム
券願試合数初参戦
年齢27歳
誕生日10月30日
好きな将棋の駒桂馬
異名『大物喰い』(ジャイアントキラー)


概要

ケンガンアシュラで開催された拳願絶命トーナメントにおける、義伊國屋書店代表闘技者。和服で細目なのが特徴的。父親は亡くなっており、兄一人姉三人がいる。

元々は大屋健が将棋センターで意気投合して連れてきた将棋指し。かなりの腕前で、トーナメント前のパーティー会場で賭け将棋を行い、挑戦者をことごとく破っている。このとき大屋に連れて来られた山下一夫も対戦しているが、やはり完敗した。
そして片原滅堂がトーナメント前に発表したルールの隙を突いて大屋が抱える闘技者の氷室涼に戦いを挑んで勝利。拳願絶命トーナメントの出場権を得る。

トーナメント中は氷室、大久保直也理人と一緒にいることが多く、串田凛に四人まとめて4バカと呼ばれている。その中では一番常識人だがそれゆえに若干影が薄く、単行本の表紙にも唯一登用されていない。
顔のパーツが串田凛とほぼ同じことを周囲に指摘されているが、当の本人たちに自覚はない。
プロレスファンでもあり、関林ジュンが謎の姿になった時も即座に解説して見せた。

実は生まれついての虚弱体質で、物心つく前から二度大病を患い、小学校に上がる前にも四度手術するなど、何度も死にかけている。
運動全般も全然だめで惨めな思いをしていたが、その中で「強さへの渇望」を持つようになった。幼少期から父の友人のもとで紅人流を学ぶも、高校時代で筋力・持久力共に女子生徒に劣っており、現在でも「格闘技経験があるのかも疑わしい」と評される程度の動きしかできない。
しかし、自身が「弱者」であることを自覚しながら、それでも強さへの飽くなき渇望から「最強」を目指すために、トーナメントへ挑む。

戦闘スタイル

使用武術は甲冑武者同士の戦いを前提とした介者剣術の流派、紅人流(こうじんりゅう)。投げで相手を崩して武器で仕留めることを目的とするため、突き技や蹴り技もあるとはいえ単純な殴り合いに特化した武術との相性は悪い。
相手の攻撃をしのいで攻撃を解析、「先読み」の技術で動きを読み取り、投げて相手を破壊する戦い方となる。

主な技

  • 釣瓶落とし

突きを予測して相手の懐に入って首を取り、顎を抑えたまま後頭部から地面に叩きつける技。

  • 下弦薙ぎ
体勢を一気に低くして足払いをかける技。
  • 梯子外し
相手の突き手を取り、そのまま体を捌いて関節を取る技。相手の体勢が崩れていれば体ごと倒れてそのまま肘を折る。
  • 天地返し
相手の突き手を躱し、抱え込むような形で腕を取って投げる技。投げの後は腕を極める。
  • 陰陽交差構(オンミョウコウサノカマエ)
左腕を振りかぶり右手を腰溜めに構え、左足を前に出して半身になった構え。

先読み

詰め将棋をイメージして、後天的に身に着けた高度な攻撃予測技術。事前に相手の動きを読み、相手が動く前に攻撃を回避するという芸当を実戦の場で行っており、その技術は超人の域に達している。見たことのない攻撃に対しては対応が遅れるという欠点があるが、完全な状態では動体視力で捉えきれないような攻撃にも対応できる。
人の動きを予測するための「人間観察」と、先読みの力を養うための特訓としての「将棋」を続けて完成させた。
この技術で高校時代、数年後に現役の野球サッカーボクシングの一流選手となる生徒にそれぞれの専門分野で勝利し、他校から「四天王最強の男」と呼ばれていた。
ただし、先読みするには相手の動きをしばらく観察する必要があり、攻撃に耐える体力を持たない金田はダメージを最小限に留めるため、序盤防御に徹しなければならない。

作中での活躍

トーナメントに参加するために大家に接触、同時に、闘技者の座を奪う相手として氷室に目を付け、出来る限り観察をした上で闘技者の座を譲るよう氷室に勝負を挑む。序盤は氷室の攻撃に全く対応できず防戦一方で肋骨のヒビや内臓へのダメージを受けながらも、事前の観察や序盤手加減してくれたこともあって、「先読み」により氷室の動きを見切ったことで徐々に氷室を追い詰め、遂には右腕を破壊し勝利した。それによって大屋から実力を認められ、氷室に代わって義伊國屋代表闘技者となる。
1回戦でガオラン・ウォンサワットと対戦、何度か相手を投げるも身体能力の差は覆せず防戦一方になりながら、手加減に気づいた事でこの記事の冒頭にある言葉をぶつけ、敬意を払いながらも加減したことを詫びたガオランの本気を引き出した。
実はガオランについて事前に研究しており、本気を引き出したのも「先読み」の基準がガオランの本気に照準を合わせていたためであった。10手先まで読んで食らいついたが、力及ばず敗北する。

実は氷室戦でのダメージが抜けきっておらず、戦法自体もトーナメント戦に向かないことから氷室から棄権を勧められていたが、多数の鎮痛剤を用いた状態で仕合に臨んでいた。その意気に対し氷室は「女だったらキスしてやりたい」と、女たらしの氷室らしい、最大級の賛辞を贈っていた。

関連タグ

ケンガンアシュラ 4バカ

関連記事

親記事

ケンガンアシュラの登場人物一覧 けんがんあしゅらのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金田末吉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25908

コメント