ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

身長168センチメートル
体重59キログラム
スリーサイズB83 / W60 / H85
体脂肪率15%
基礎代謝量1392kcal / 日
職業クレムリン西高校 → 皇桜女学院2年A組
その他彼氏募集中

※アニメ6話より

概要

CV:東山奈央

ダンベル何キロ持てる?』の登場キャラでロシア人の17歳。ロシアにいた頃は、アームレスリングも強く同世代においても、5位に入賞するなど相当な実力があった。

ステレオタイプなロシア人のイメージを崩さないよう普段はキャラ維持をしている。日本で開催されたジム主催のアームレスリング大会に参加、旅費を補填するために女子部優勝を狙うが、惜しくもひびきに敗北しリベンジを誓う。数日後には日本への留学を決め、クレムリン西高校から皇桜女学院2年A組に転入した。そして、紗倉家にホームステイし現在に至る。

性格においては気丈ながらもてよだわな物腰で、アスリートとしての真摯さも持ち合わせている。


日本に来た理由は、日本のアニメを見て日本語を覚えたため。日本語は流暢に話せるが、ジャッキーチェンの映画で日本文化への理解を深めた。そして、連載が進むごとに方向性がおかしなことになっており(香港が日本の都市であると思っているなど)、将来の夢はカンフー映画に出演することや、ひびき、朱美彩也香里美(のちに愛菜先生呉先生も)を巻き込んでアイドルグループを結成しようと変な野望を抱いている。

余談だが、実際にオーディションに参加した際にジーナが名乗ったグループ名は「筋肉少女隊」という、かなり攻め込んだ名前になっている。


生粋のアスリートだけあって筋肉に関心はあるものの、朱美程の異常な関心は示さず、前述の妙な野心を除けば比較的まともであると言える。

また、普段のハイテンションな性格から忘れられがちだが、元々進学校に通っていたため頭は良く、日本語とロシア語両方を話せるバイリンガルな上、運動神経も良いと非常にハイスペック。


出身国が寒冷地だけあって、暑さに弱く、肉乃島でス卜リ一キソ○(18禁にあたるため伏字)しそうになったところをひびき達に止められる一幕も。


ケンガンアシュラの登場人物であるイワン・カラエフは彼女の叔父であり、『ダンベル』に登場した時はジーナがひびき達を連れて社会科見学しに来たSH(すごく冷えてる)冷凍の副社長兼正社員として登場している。


5人姉妹の長女で、実家にはジーナにそっくりな妹達が居る。

実際に姉妹達を見たひびき達からはリアルマトリョーシカと称された。


関連タグ

ダンベル何キロ持てる? アスリート

ツンデレ シルバーヒロイン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4042053

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました