ピクシブ百科事典

目次[非表示]

はじめに

椎名ゆかりでもイラスト等は投稿されているが同姓同名人物がいるため、ハチナイに関してはこちらを使用することを強く推奨します。

概要

野球スマホゲーム「八月のシンデレラナイン」に登場するプレイヤーキャラ。
笑顔を絶やさない。八重歯が特徴。擬音語を好んで用いる。
作中のプロ野球チームである「大阪チュリオーズ」の大ファンであり、別チーム「東京ファンタジーズ」の大ファンである坂上芽衣としばしば論争を繰り広げている。
アニメ版には最終話のみ登場。

プロフィール

誕生日7月23日運動経験小学生時代に野球を経験、中学時代はサッカーに転向
星座しし座趣味野球観戦
血液型O型特技長距離走
身長158cm体重49kg
スリーサイズ79/60/80好きなもの身体を動かすこと
学年/学級1年5組→2年2組苦手なものじっとしていること
ポジション捕手(キャッチャー)好きな食べ物駄菓子屋で売られているチュリオ
投打右投げ右打ち嫌いな食べ物プチトマト
打撃フォームスクエアスタンス一人称アタシ
投球フォームオーバースローネットでの呼び名椎名ちゃん、ゆかりん、チュリカス


人物

明るい性格かつ身体を動かすことが大好きで、野球以外にもサッカーやビーチバレーまでこなせる元気っ子。
同作の前身とも言える「シンデレラナイン」に登場する椎名じゅり及び椎名まりの妹であり、同じく姉がいる主人公の有原翼とバッテリーを組むようになっている。

経歴

小学生から野球を始めたが、あることがきっかけで野球から離れてしまい中学時代はサッカーを始めている。
「またやってみたいって思った」ことを理由に高校で再び野球を始めることとなった。

プレースタイル

ポジションは捕手二塁手にも対応可能。
圧倒的なミート力と水準以上の走力を併せ持つことが特徴であり、上位打線向けの試合性能になっている。カードによっては代打特化型になることもある。その一方で守備力は「中の下」程度。(ただし、リードは草刈レナに「いやらしいリード」と言わせるほど優れており、それを反映するように初期リードが高く、投手バフも強いシーンが多い)
またキャッチャーとしても作中ピンチの場面で有原を励まし見事に勝利に導くなど、元来の明るい性格と併せて頼もしい女房役となっている。一方で同等以上の相手との対戦では自信の無さや諦めを伺わせるなど、決してメンタル面で不安がないわけではない。
ゲームのストーリーでは一番経験を積んでいる(※他の捕手キャラは後輩の桜田千代を除くと全員が野球初心者)なこともあって、(1年時の夏大会こそ出番はなかったが)春大会以降はプレイヤーとしての経験や実力(東雲からは有原や自分にも引けを取らない実力者と認識されている)もさる事ながら、どの投手とも上手くやっていけるコミュニケーション能力を買われて正捕手を任されている。ゲームシステムではバッテリーを組むとチームバフがかかる有原翼と組むことが多いだろう。
投手としては先発と抑え向き。
ゲーム上では捕手、抑え投手としての描写と共に、チームメイトを温かく見守ったり、ベンチからの声出し役、あるいは「代打の切り札」として描かれることもある。

性格

明るく元気。じっとしていることに耐えられない生粋のスポーツマン。「シュバっと」などの擬音語を好んで用いるほか、「あはっ」という笑い方が特徴。
面倒見も良く、同じ野球経験者である柊琴葉と共に野球経験の無いチームメイトのトレーニングを仕切っている。練習に対して厳しい柊の緩衝材のような役割を果たしており、よく他の部員から助けを求められている。
この明るい性格からか、ゲーム上では誰よりも率先して声を出す姿が少なからず描写されている。

有原翼とは姉同士が仲良しであったが、本人同士は野球部に入るまではほとんど面識がなく、お互いが名前をうっすらと覚えている程度であった。また、後述の理由もあり、入部後もバッテリーこそ組む機会こそ少なからず出来たものの、ゆかりは2年のクラス替えで同じクラスになったことにショックを受けるほど翼に対して苦手意識を持っていた。しかし、大阪チュリオーズの試合を一緒に見に行き、主力選手に一緒にサインをもらうSSRシーンがあるため、それまでには苦手意識を完全に克服し、親密になっていったとも考えられる。
プライベートでは逢坂ここと仲が良く、一緒にパフェを食べたりプリクラを取ったりしている。また作中逢坂と九十九がポジション争いをするシナリオでは逢坂のトレーニングに付き合っている。
「東京ファンタジーズ」のファンである坂上芽衣とは犬猿の仲(?)であり、「大阪チュリオーズ」とどちらが優れているかを巡ってしばしば論争を繰り広げている。終いには1打席勝負になり、東雲が審判としてよく巻き添えを食っている模様。なお、この時の椎名はかなり口が悪い。
翼、朝比奈いろは、芽衣、琴葉の4人は下の名前を、東雲に対しては苗字をと硬式野球経験者の同期生に対しては名前か苗字のどちらかを呼び捨て、他の同学年や下級生に対してはちゃん付け、上級生に対しては下の名前に先輩を付けて呼ぶ。

その他(ネタバレ注意)

実は明るい性格の内に作中屈指の闇を抱えている。
椎名が小学生時代野球をプレイしていた際、優秀な姉達同様大きく期待されていた(もっとも、姉達のいるシンデレラナインは球速3000km/hが出るような異常な世界ではある)が、大会の決勝でサヨナラ負けを喫したことをきっかけに周囲の評価が一変。
たった一球の失敗で「お姉ちゃんはあんなに凄いのに」と比較し続ける監督や友達に絶望し、劣等感に苛まれる日々に耐えられなくなった椎名は「野球なんて最低だ」と野球を止めてしまう。

その後高校で野球を再開してからもその感情はぬぐえず、練習をこなして上手くなっていくチームメイトを見ては「私なんてすぐ抜かされちゃうかも」、九十九を見ては「才能ってあるんだなー」、試合でピンチの場面が来ては「もうダメかも」と、事あるごとにそのコンプレックスを発露させていた。

また自分と同じく優秀な姉を抱えながら、どんな場面でも楽しそうに野球をプレイする有原に対しては表面上は明るく接しつつも、心の中では「嫌になる」「いつまでそんな風に楽しそうに野球が出来るかな」とどす黒い心情を抱いていた。

有原に対して苛立ちを募らせた椎名は、あるシナリオ(時系列としては1年生最後)で遂にその感情を有原にぶつけるが、有原が「姉と一打席勝負をして勝った」ことを知り、自分がいつまでも劣等感を感じていた存在に有原が打ち勝ったことに衝撃を受ける。

強い光の眩しさから目を背けても、気付くのは影の深さだけ。椎名はこの時初めて、自分が許せなかったのは野球から逃げた自分自身だと気付く。
そのためか自身と似た境遇を持つ新入生の草刈ルナに過去の自分を重ねており、彼女を説得している。

その直後のクラス替えで有原と同じクラスになったことにショックを受けるも、肩を壊した監督がそれでも(選手としての)野球に再び向き合い始めたことをきっかけに少しずつ自らのわだかまりを解消しつつある。

立ち止まっていた彼女の心の闇が今後どう変化していくのか、多くのファンが期待している。

余談

CV担当の船戸ゆり絵は本作のガチユーザーであり、ランキングでも好成績を収めている。

関連記事

親記事

八月のシンデレラナイン はちがつのしんでれらないん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「椎名ゆかり(ハチナイ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129803

コメント