ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「やはり君は、打って倒さなきゃならない好敵手(ライバル)だ!」

プロフィール

名前佐藤寿也
性別男性
身長175cm(高校一年生時)
体重64kg(高校一年生時)
ポジション捕手
投打右投右打
背番号12(横浜リトル四年時)
2(横浜リトル五年時~、友ノ浦中、海堂高校、ヤングジャパン)
13(東京シャイアンズ)※アニメでは東京ウォリアーズ
24(W杯日本代表)
14(インディアナ・ホーネッツ)
生年月日1987年 9月9日
血液型AB型
CV森田成一


概要

茂野吾郎の初めての野球友達で、終生のライバルかつ親友。5歳の頃に知り合い、当時母親の影響で勉強漬けだった彼を、吾郎の影響で大きく変わった。

強肩強打の天才捕手。ここ一番で本塁打を打てる一流のパワーヒッター。冷静沈着で頭脳明晰、緻密なリードで相手を翻弄するが、それゆえ策に溺れることもある。
努力家であり、バッティングセンターで捕球を軍手で行う練習を重ねており、中学時代に吾郎が投げた球を素手で捕球したこともある。

出場経験のない吾郎とは違い、海堂で甲子園を春夏で連覇している。(ただし夏の大会は事情により優勝旗を返還)

人物

普段は愛想がよく物腰も穏やかだが、野球に関しては冷酷ともとれる駆け引きをみせる。
その行動が吾郎の感情を逆撫でしてしまい、結果そういった挑発的な言動が吾郎の闘志を引き出しピンチに陥ることも。
吾郎の最大の理解者であり、いざバッテリーを組むと暴走しがちな吾郎の良きストッパーとなる。

家族構成は、妹・美穂や母方の祖父母を含めて6人。その祖父母は寿也達から離れて暮らしており、そこで自営業のの弁当屋を営んでいた。
だが、小学6年生の時に修学旅行から帰宅した際、自分だけを残して家族が夜逃げした事がトラウマとなっており、そのことを思い出す度に呼吸困難の発作が起きるため記憶を封印していた。その結果、養祖父母の負担にならないように地元神奈川の名門・海堂学園高校の野球部特待生になることに執念を燃やし、性格に歪みが生じていた。
W杯の為に渡米した際にたまたま妹と出会ってしまい、「僕には妹にも親にもいない」と嘘を吐きながら気絶してしまったが、後に和解している。

言葉づかいは丁寧で、一人称が「僕」。しかし中学時代では「俺」と使う事が多かった。
友達からは「寿君(としくん)」「寿」「寿也」と呼ばれており、主に吾郎(小学生時代までは「としくん」、中学生以降では「寿」)や(大学生以降から「としくん」と呼ぶ)が使う。母親からは「寿ちゃん」。

基本的に礼儀正しく、吾郎とは性格も環境も正反対であり何かと反発することがある。
しかし、納得のいかないことであれば上の人間に対しても遠慮なく意見する吾郎と同じような一面も持っている。
野球を教えてくれた吾郎に対し強い憧れと尊敬の念を抱いており、野球に対する気持ちが同じ事もあって、そのおかげで強く結びついている。

MAJOR2nd』では、良き大人として自分の息子や親友の息子を陰ながら応援している。
経緯は不明だが、群馬出身である「坂口」という名字の女性と結婚してからは一人息子の佐藤光を設けるも、何らかの理由で妻と離婚したとされている。

余談

幼稚園時代では坊っちゃんカットに眼鏡という出で立ちだが、小学生時代を境に変化が付き、中学生以降では薫と殆ど変わらないような髪型をしている。
そのせいで、本来吾郎が薫にプロポーズするシーンで、顔周りなどは薫のままだが顔つきだけ寿也というコラが流行っていたとか。

関連タグ

MAJOR メジャー 茂野吾郎
佐藤美穂 佐藤光
幼馴染 ライバル
ブラックとしくん

関連記事

親記事

MAJOR めじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「佐藤寿也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1548292

コメント