ピクシブ百科事典

中野拓夢

なかのたくむ

中野拓夢とは、プロ野球・阪神タイガースに所属する内野手である。

概要

中野拓夢とは、プロ野球阪神タイガースに所属する内野手である。

氏名中野拓夢
生年月日1996年6月28日
投打右投左打
出身地山形県天童市
身長体重171㎝69㎏
経歴日大山形高-東北福祉大-三菱自動車岡崎-阪神タイガース(2020年ドラフト6位)
背番号51(2021年~)

新人ショートながら.283の高いアベレージとリーグ2位(チーム1位)の13盗塁、そしてエラーこそ10ながらもセ・リーグトップの守備範囲、ショート全体でもRingRはライオンズ源田壮亮の10.6に次ぐ7.5を誇る走攻守揃った内野手。(成績は21年6月22日試合終了時のもの)

2020年秋のドラフト会議では4球団から1位に指名された近畿大学・佐藤輝明内野手、2位に指名されたJR東日本伊藤将司投手らに続いて6位で指名された。

2021年シーズンは新人ながら佐藤輝明内野手、伊藤将司投手、石井大智投手(高知ファイティングドッグス、8位)と一軍ベンチ入りし、開幕から数試合はベンチに甘んじたものの、代打で頭角を表してスタメン出場すると打撃だけではなく守備や走塁でもアピールし、木浪聖也北條史也ら先輩ライバルとの遊撃手レギュラー争いに勝利し、ここに鳥谷敬以降なかなか固定出来なかった阪神タイガースの遊撃手論争にも終止符を打つ結果となった。当初は木浪聖也のポジションを奪う形で8番に座っていたが、糸原健斗が離脱すると2番に定着し、交流戦で大活躍をみせ「下位で自由に打たせた方が良いのでは」というファンの不安を吹き飛ばした。
また、前半戦で大きく活躍したことからオールスターファン投票でも順調に得票を伸ばし、ジャイアンツ坂本勇人が怪我で離脱したこともあって、6月21日の最終中間発表時点では2位の坂本勇人に7万票以上の差をつけてトップに立っている。
華麗な美技で何度もチームの危機を救う一方、ミスタータイガース掛布雅之や代打の神様桧山進次郎らから絶賛されるバッティングフォームから繰り出される一打で二度の勝利打点をたたき出している。

同期の佐藤輝明のZポーズや同僚のジェフリー・マルテのラパンパラポーズが有名だが、中野も両手を握りこぶしの状態にして真っ直ぐ前に突き出し、右手と左手を交互に上下させる独特のガッツポーズを採用しており、適時打や長打の際に塁上からベンチに向けて使用している。これにベンチから佐藤輝が同じポーズで応えるのも2021年阪神タイガースの試合の見所となっている。

この記事のカテゴリ

プロ野球 阪神タイガース

関連記事

親記事

阪神タイガース はんしんたいがーす

兄弟記事

コメント