ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

日本球界に伝わる、阪神タイガース低迷期にまつわる都市伝説


時は1985年10月16日。阪神タイガースがセ・リーグ優勝を決めると、道頓堀一帯は熱狂と興奮に包まれた。

やがてボルテージが最高潮に達し暴徒と化した彼らは、近所にあったケンタッキーフライドチキン道頓堀店(閉店済み)のカーネル・サンダース人形を強奪。

主砲のランディ・バース選手に見立てて胴上げすると、挙げ句の果てに道頓堀川に投げ込んだ


その後、同年の日本シリーズこそ西武ライオンズを下し球団初の日本一に輝くも、翌年以降優勝からは遠ざかり、特に1990年代から2000年代に初頭にかけては暗黒時代と呼ばれるほどの長期低迷に陥った。


やがて、この低迷は道頓堀に沈められたカーネル・サンダースの祟りではないかと囁かれるようになり都市伝説として定着。

これが俗にいう「カーネル・サンダースの呪い」となり今に至る。


その後編集

1988年の探偵!ナイトスクープを初め、幾度となくテレビ番組などでも人形の捜索が行われたが、一度も発見されることはなかった。


その後、阪神は2003年2005年にセ・リーグ優勝を達成するも日本一は逃している。

特に2005年は圧倒的強さで優勝したものの、日本シリーズであの33-4を体験することに。

更に2008年は13.5ゲーム差をひっくり返され優勝を逃す事態となる


時を経て2009年3月10日、道頓堀の整備事業のために不発弾調査が行われていた際に、川底から件のカーネル人形が発見された。

ちなみに、引き上げられたカーネル人形は可能な限り修復され、住吉大社お祓いを受けた上でイベントで展示された。

その後は2024年まで大阪市のKFC社内にて展示されていた(一般には非公開)。


これで呪いも解かれた...かと思われたが、特にその後阪神が絶好調になったというわけでもなく、低迷こそしていないものの、長きに渡って日本一どころかリーグ優勝すら果たすことができなかった。


2021年は前半戦から首位を独走し、今年こそ優勝かと思われたが後半戦で失速。例年であれば優勝もあり得る77勝を挙げたにもかかわらず、東京ヤクルトスワローズの猛追もあり優勝を逃してしまった。


そして2023年。

岡田彰布が阪神の監督に再就任すると、2005年以来18年振りのリーグ優勝を達成すると、ペナントレースの勢いそのままにクライマックスシリーズでは広島相手に3連勝で日本シリーズへ出場。オリックス・バファローズとの関西ダービーではオリックスを4勝3敗で下し1985年以来38年ぶり2度目の日本一に。

これをもって呪いは完全に解かれることになった。


38年ぶりの阪神の日本一を見届けたカーネルサンダース人形は、2024年3月8日住吉大社人形納め神事を行った後、廃棄された。修復されたとはいえ24年もの間水没していたため老朽化が激しかったとのこと。


余談編集

  • 同じく道頓堀にあるくいだおれ太郎も、カーネル人形と共に阪神ファンに強奪されかけている。こちらは店員が体を張って阻止したため、道頓堀川への投下は免れた。

関連タグ編集

都市伝説 阪神タイガース カーネル・サンダース

シカゴ・カブス…カーネルの呪いを凌ぐとも言われる「ビリー・ゴートの呪い(ヤギの呪い)」と称され、71年もの長きに渡ってリーグ優勝出来なかった。2016年にリーグ優勝(加えて108年ぶりにワールドシリーズ優勝)を遂げたことで呪いは解除されたと言われる。


外部リンク編集

道頓堀川に投げ込まれた"曰く付きカーネル・サンダース人形"住吉大社で人形納めの儀式を受ける

関連記事

親記事

阪神タイガース はんしんたいがーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166816

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました