ピクシブ百科事典

ダメ虎

だめとら

ダメな虎、低迷した阪神タイガース。
目次[非表示]

ダメの事、阪神タイガース低迷している、主に90年代暗黒時代、低迷期の阪神タイガース。
また、「東方project」の寅丸星を指す事も少なからずある。

概説

阪神の暗黒時代は1987年2001年と言われているが、この時代はさらに細かく3つに分けられる。

第1次暗黒期(1987~1991)

順位監督
1987年6位吉田義男
1988年6位村山実
1989年5位村山実
1990年6位中村勝広
1991年6位中村勝広


1985年に21年ぶり3度目のリーグ優勝、そして西武ライオンズを下して初の日本一に輝いた阪神。
連覇の期待がかかった1986年は3位に終わるも、ランディ・バース2年連続で三冠王に輝くなど、まだまだ力は残っていた。
しかし、1987年は主力選手と吉田監督との対立が表面化し、さらに掛布雅之が飲酒運転で逮捕されたことも重なり、日本一からわずか2年で最下位に転落。吉田はこの責任を取らされる形で解任へと追い込まれた。
なお、初の日本一へ導いた功績を讃え吉田の現役時代の背番号23は監督退任と同時に永久欠番となった。

2代目ミスタータイガース・村山実を監督に迎えた1988年は、6月にバースが長男の病気を理由に帰国したが、球団は解雇にしてしまう。さらに掛布が33歳の若さで引退したことも重なり、またも最下位になった。
1989年は5位で村山監督は退任。この年の最下位は大洋だった。
1990年からは中村勝広が40歳の若さで監督に就任。阪神では初の戦後生まれの監督で、40歳という若さから球団は長期政権を見込んでいた。
ヤクルトから前年本塁打王に輝いたラリー・パリッシュを獲得するも、打棒が振るわず1年で退団。結局2年ぶりの最下位になった。
1991年は5月に早々と優勝戦線から脱落してまたまた最下位。岡田彰布真弓明信など'85年V戦士に衰えが見え始めると、数年後を見据えて若い選手を積極的に起用したことで、「亀新フィーバー」へと繋がっていく。

ちなみにシーズンオフにたけし軍団との草野球対決で負けてしまい、「阪神13位」と揶揄されたのは、この頃である。

束の間の復活(1992~1994)

順位監督
1992年2位※A中村勝広
1993年4位中村勝広
1994年4位※B中村勝広


※A:巨人と同率の2位。
※B:ヤクルトと同率の4位。

中村監督の3年目となる1992年。この年に甲子園球場ラッキーゾーンが撤廃され、投手力が上がり仲田幸司が14勝を挙げる大活躍。
また、大洋からジム・パチョレックを獲得し、前年入団したトーマス・オマリーとクリーンナップを組む。
そして、5年目の亀山努と3年目の新庄剛志が躍動し、マスコミは2人の名前を取って亀新フィーバーと名付けた。

この年のセ・リーグは稀に見る大混戦であり、7年ぶりのリーグ優勝へと機運が高まったが、ヤクルトとの首位攻防戦を落としたことで、混戦から一歩抜け出たヤクルトに優勝を奪われ、巨人と同率の2位に終わった。
なお、首位ヤクルトから最下位中日までのゲーム差はわずか9ゲームだった。
オフには、オリックスとのトレードで、野田浩司を放出し、松永浩美を獲得する。
ドラフトでは松井秀喜を1位指名するも外してしまった。(巨人、阪神、中日、ダイエー)

1993年は松永が期待外れに終わってしまい、さらに外国人枠の関係でパチョレックが引退してしまうが、それでも4位に踏みとどまった。
この年にFA制度が導入され、松永はダイエーに移籍する。その一方でオリックスからFA宣言した石嶺和彦を獲得した。

1994年は1992年と同様に大混戦となり、阪神はヤクルトと同率で4位となった。
この年のオフ、オマリーが本塁打の少なさを理由に解雇され、ヤクルトへと移籍した。
オマリー退団以後、阪神は助っ人外国人に悩まされ続けることとなる。

第2次暗黒期(1995~2001)

順位監督
1995年6位中村勝広→藤田平
1996年6位藤田平
1997年5位※吉田義男
1998年6位吉田義男
1999年6位野村克也
2000年6位野村克也
2001年6位野村克也


※1997年は中日が最下位だった。

狭義で「ダメ虎」と言った場合はこの時代を指すことが殆どである。
中村監督の6年目となった1995年は貧打と投壊に泣かされたこともあり、中村がシーズン途中に休養へと追い込まれた。
シーズン後半は藤田平が代行として指揮するも、中日との5位争いに敗れ4年ぶりの最下位に転落する。
この年で限りが真弓明信が引退し、九州時代のライオンズを知る人物はいなくなった。

1996年は藤田が監督に昇格するも、前年と変わらず貧打と投壊と泣かされ、藤田はシーズン終了を待たずに解任された。
最終戦を残し最下位が確定するも、中日とのシーズン最終戦(甲子園)では、1回裏に新庄と塩谷和彦満塁本塁打を放ち、史上初の1イニング2満塁本塁打を記録した。

1997年はフランス代表として指揮を執っていた吉田義男が9年ぶりに監督に復帰する。
メジャーの大物マイク・グリーンウェルを獲得するも、グリーンウェルは「神のお告げ」という言葉を残しあっさり引退。
ヤクルトに目前胴上げを許したこの年は5位で、中日が最下位に沈んだ。
この年のオフには、中日と2対2のトレードを行い、関川浩一久慈照嘉を放出し、大豊泰昭矢野輝弘を獲得した。(久慈と大豊は後に元のチームに復帰する。)

1998年は12年に1度の寅年ということもあり優勝前祝いも行われたが、いざシーズンが始まると調子が上がらないまま最下位に終わる。
この年に優勝した横浜ベイスターズにまたしても目前胴上げを見せ付けられ、吉田は辞任した。
シーズンオフにはこの年までヤクルトを9年間指揮し4度のリーグ優勝と3度の日本一に導いた野村克也を招聘する。

野村が阪神の監督になった1999年は、1日だけ首位に立ったことがあったが、新庄の明日も勝つ!!発言の次の試合から12連敗を喫してしまう。
結局野村阪神の1年目は2年連続で最下位に終わる。しかし、2軍の方は日本一に輝き、この時の若虎が2003年2005年の優勝メンバーの中核となる。(関本賢太郎浜中治井川慶藤川球児など)
阪神二軍日本一、野村阪神首位一日」という言葉で締めくくられた一年となった。
シーズンオフには巨人から広澤克実を獲得しているが、逆に巨人は阪神を解雇されたダレル・メイを獲得している。

2000年も最下位で、20世紀最後の年も最下位で締めくくることとなった。
しかし、この年のドラフトでは藤田太陽(1位)、狩野恵輔(3位)、赤星憲広(4位)、沖原佳典(5位)、藤本敦士(7位)などが戦力になる大成功のドラフトとなった。

ダメ虎から変わっていく兆しが見え始めた2001年。野村は俊足の若手選手7人を「F1セブン」と名付けて売り出そうとした。
ルーキーの赤星(「1号車」)が1年目から盗塁王に輝く活躍で新人王にも選ばれたが、阪神から新人王が出るのは実は1956年の吉田義男以来実に45年ぶりであった。
しかし、肝心のチーム成績は最下位。98年と合わせ4年連続の最下位になってしまう。(2017年時点ではこれが最後の最下位。)
さらに、妻の野村沙知代脱税容疑で逮捕される。2002年も続投の予定だったが、沙知代が逮捕されたその日に野村は辞任。公私両面で責任を取る形になってしまった。
また、この年を以って17年に渡り阪神を支えた和田豊が引退し、'85年V戦士はすべていなくなった。

野村は自身の後任としてこの年まで中日を指揮していた星野仙一を推薦する。
負け癖の付いたチーム体質を変えられるのは星野しかいないと思ってのことだった。
(ちなみに野村はもう一人西本幸雄の名前を挙げたが、西本は当時既に81歳だったため叶わなかった。)

そして、野村が下地を作り、星野が闘魂を注入したことで、ダメ虎は猛虎へと変貌していく。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダメ虎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1471

コメント