ピクシブ百科事典

矢野燿大

やのあきひろ

矢野燿大とは、中日ドラゴンズ、阪神タイガースで活躍した元プロ野球選手。捕手。右投右打。
目次[非表示]

概要

1968年12月6日大阪府生まれ。

本名は「矢野輝弘」(読みは同じ)であるが、2009年から「矢野燿大」を登録名にしており、現役を引退した現在でも「矢野燿大」の名前で活動している。

東北福祉大学から1990年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け、入団。
入団一年目から一軍出場を果たしたが、当時の中日には正捕手中村武志がおり、あまり目立つ選手ではなかった。入団後しばらくは中村を助ける控えのキャッチャーとしてプレーしていたが、打撃力を買われて外野手として出場したこともある。

1997年オフに大豊泰昭と共に、関川浩一久慈照嘉との交換トレードで阪神タイガースに移籍。当時の監督であった吉田義男にリード面を評価され、それまでの正捕手山田勝彦に代わってすぐに正捕手の座を勝ち取ると、2003年2005年阪神リーグ優勝の立役者として貢献した。

だがその後、故障が相次いだのと、2010年シアトルマリナーズから城島健司が加入したことも重なり、マスクを被る機会が少なくなり、同年に現役引退を表明した。

引退後は2015年までプロ野球解説者として活躍。2016年シーズンから、阪神タイガースの一軍作戦兼バッテリーコーチに就任する。

背番号

2(1991年 - 1995年):中日ドラゴンズ
38(1996年 - 1997年):中日ドラゴンズ
39(1998年 - 2010年):阪神タイガース
88(2016年 - ):阪神タイガースバッテリーコーチ

人物

阪神時代、「阪神で一番短気」と言われることもあった。事実、年に一度のペースで乱闘寸前になることがあり、投手を叱咤することもたまに見られた。また、審判の判定に不服を示す素振りもたまに見られ、1998年2006年に審判に対する暴力行為で退場処分を受けている。

共に1968年生まれである金本知憲下柳剛と仲がいい。

声優水樹奈々は矢野のファンであり、それを聞いた矢野は水樹が2006年に行った日本武道館ライブにビデオメッセージとサインボールを送ったことがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「矢野燿大」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1302

コメント