ピクシブ百科事典

東雲龍

しののめりょう

『八月のシンデレラナイン』の登場人物。
目次[非表示]

概要

スマホゲーム「八月のシンデレラナイン」に登場するキャラクター。

プロフィール

誕生日12月1日運動経験硬式野球経験者
星座いて座趣味練習
血液型O型特技ライト方向への流し打ち
身長165cm体重56kg
スリーサイズ80/62/83好きなもの野球、家族
学年/学級1年5組苦手なもの人と普通に遊ぶこと
ポジション三塁手(サード)好きな食べ物牛乳
投打右投げ右打ち嫌いな食べ物特に無し
打撃フォームオープンスタンス
投球フォームオーバースロー


人物

野球に全てを捧げるストイックな負けず嫌い。
三人いる兄は二人がプロ野球選手、一人も大学で野球をやっている筋金入りの野球一家。
野球に対してはひたすら真剣で厳しく、事あるごとにチームメイトの野球を「お遊びだ」と見下している。ただし、神宮寺との勝負で「私“達”は負けるわけにはいかない」と発言したり、夏大会で敗れてからは野球経験者としてチームに貢献出来ることは何かと考えるなど、少しずつ心境は変化している模様。
一方でストイック過ぎる性格が災いしてプライベートではややアホの子かつ不器用な部分があり、中野綾香などチームメイトからからかわれている。

経歴

彼女自身も幼少期から野球経験者の父親から厳しい特訓を受けており、クラブチームで社会人相手に引けを取らない実力を持つ。有原翼と並ぶ本作最強格の1人。
女性初のプロ野球選手になることを目標にしており、常に厳しい環境に自分を置いている。そのため有原達の作った野球部を当初「お遊びだ」と切り捨て、有原に自分と同じようにクラブチームでより高いレベルの練習をするよう言っている。
有原自身もそんな東雲を「ありえたかもしれないもう一人の自分だ」としており、ある意味野球部内で唯一有原と対等の関係を築ける存在と言える。
その後野球部の存続をかけた勝負に敗れた東雲は「有原達の野球と私の野球が合わさったらどんな化学反応が起こるか知りたい」と、有原達の野球を完全に認めたわけではないながら有原達と共に甲子園を目指すこととなるのであった。

プレースタイル

走攻守全てが高水準。
中でもパワーにおいては有原をも上回るらしく、作中でも四番として神宮寺から長打を放っている。
またピッチャーとしても有原に引けを取らない模様。

性格

ストイックで我が強く、チームメイトからは恐れらている。
ただし思いやりがないわけでもなく、作中楽しさと真剣さの中で揺れ動く野崎に対して助言をしたり、真剣に向かってくる相手には真剣に応える礼儀正しさがある。
反面真剣じゃなかったりおふざけに対しては容赦無く、その直球過ぎる発言から良く確執も生みやすい。

その他

ストイック過ぎるキャラからアホの子さが垣間見えており、良く公式からもネタにされやすい。
初期段階では必殺技の名前まであった模様(雰囲気と合わないという理由で没になったとか)。
また逢坂ここのイベントにおいても中二っぽい掛け声をしていたり、初夢イベントでナスバットに対して真顔で真剣なコメントをしていたりと、良くも悪くもシュールな笑いを誘いやすいキャラである。

pixivに投稿された作品 pixivで「東雲龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9329

コメント