ピクシブ百科事典

カットボール

かっとぼーる

カットボールとは野球の投手が投げる変化球の一種。カッター、カット・ファスト・ボールともいわれる。

概要

いわゆるナチュラルシュートの逆で、ナチュラルスライダーともいえる。
高速スライダーよりもさらに速く変化量も控えめな球。
マリアーノ・リベラの活躍で有名になったが、彼はなんと、フォーシームから握りを変えず手首の傾き加減だけで投げ分けていたという。
(もちろん無理があるやり方なので常に手首を鍛えていた。)
日本では、以前から「小さいスライダー」と呼ばれていた球がそれに近い。
(一方で、日本人のカットボールはカットボールとは言い難い、という説もある。)

実は、右投手が左打者に(左投手なら右打者に)対してインコースに投げるのに非常に有効な球種。普通のスライダーを投じた場合、打者にぶつける位シビアに投げないとホームランボールになってしまいかねないが、変化量も大きいぶんコントロールが難しくつい「やらかして」しまうケースもままある。しかしカットボールなら、変化量が小さいぶん狙いも定めやすく、失敗する確率を低く抑えることが出来る。

主な使い手

マリアーノ・リベラ
川上憲伸
ダルビッシュ有
小川泰弘

以下順次追加お願いします

コメント