ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カットボール

かっとぼーる

カットボールとは野球の投手が投げる変化球の一種。カッター、カット・ファスト・ボールともいわれる。
目次 [非表示]

概要

いわゆるナチュラルシュートの逆で、ナチュラルスライダーともいえる。

高速スライダーよりもさらに速く変化量も控えめな球。

マリアノ・リベラの活躍で有名になったが、彼はなんと、フォーシームから握りを変えず手首の傾き加減だけで投げ分けていたという。

(もちろん無理があるやり方なので常に手首を鍛えていた。)

日本では、以前から「小さいスライダー」と呼ばれていた球がそれに近い。

(一方で、日本人のカットボールはカットボールとは言い難い、という説もある。)


実は、右投手が左打者に(左投手なら右打者に)対してインコースに投げるのに非常に有効な球種。普通のスライダーを投じた場合、打者にぶつける位シビアに投げないとホームランボールになってしまいかねないが、変化量も大きいぶんコントロールが難しくつい「やらかして」しまうケースもままある。しかしカットボールなら、変化量が小さいぶん狙いも定めやすく、失敗する確率を低く抑えることが出来る。


似たような球にカットボールと同じく打者の手元でナチュラルにさらに小さくスライドする「真っスラ」と呼ばれる球種がある。意図的に変化させているカットボールと違いこちらは自然に変化しているのが特徴である。


主な使い手

マリアノ・リベラ

三浦大輔

川上憲伸

松坂大輔

ダルビッシュ有

涌井秀章

藤浪晋太郎

小川泰弘

松井裕樹

山本由伸


「真っスラ」の使い手

大野豊

斎藤雅樹

桑原謙太朗

村上頌樹


以下順次追加お願いします

関連記事

親記事

直球 ちょっきゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました