ピクシブ百科事典

川上憲伸

かわかみけんしん

徳島県出身の元プロ野球選手(投手)。

概要

所属中日ドラゴンズアトランタ・ブレーブス中日ドラゴンズ→無所属の後引退
出身徳島県徳島市
生年月日1975年6月22日
身長・体重183cm、97kg
投球・打撃右投右打
守備位置投手
プロ入り1997年ドラフト1位


徳島商高、明治大を経て1997年ドラフト1位(逆指名)で中日ドラゴンズに入団。主な同期選手は井端弘和鈴木郁洋ら。

ルーキーイヤーの1998年は14勝6敗の成績を残して新人王を受賞。翌1999年は開幕投手を務めるが8勝どまり。ここから2001年までは不振に陥るも、2002年に復活。この年ノーヒットノーランを達成している。
2003年はケガに悩まされるも、2004年には17勝を挙げて沢村賞など受賞し、タイトル総なめの1年となった。
以降は中日のエースとして2008年までチームを支える。2007年には通算100勝を達成し、2008年オフにFA権を行使。

2009年1月にメジャーリーグアトランタ・ブレーブスと3年契約を結ぶ。
メジャー移籍1年目はシーズン序盤は先発、後半はリリーフとして32試合に登板。7勝を挙げて防御率は3.86だった。
2010年は援護に恵まれず、開幕9連敗を記録してしまう。後にリリーフに配置転換され、さらにマイナー落ち。2011年は右肩痛でメジャー登板すらなかった。

2012年シーズンからは古巣・中日に復帰。この年もシーズン途中からケガに悩まされることになったが、成績では3勝1敗、防御率2.83とまずまずの成績を残している。

2015年は右肩を痛めた影響で一軍登板はなく、戦力外通告を受けた。
2016年はリハビリを続けて現役復帰を目指すもどこの球団とも選手契約を結ぶことはできず、2017年3月18日、現役引退を表明した。
NBPでの通算成績は117勝76敗1セーブ、防御率3.24。
MLBでの通算成績は8勝22敗、防御率4.32。

関連記事

pixivに投稿された作品 pixivで「川上憲伸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3192

コメント